新生活応援します!

新しく新天地で仕事!期待に膨らむ春の季節!
引っ越しから新生活スタートまでのガイドライン!

始めてのかたでも安心です。

回線速度の改善にはLANケーブルとハブも要チェック!

仕事・情報

回線速度の改善にはLANケーブルとハブも要チェック!

インターネット回線の速度には、様々な要素が影響をしております。
現在では、10Gbpsなどの速い通信速度の光通信も安価で出てきておりますが、

  • 回線契約を変える前に改善を試みたい。
  • 回線速度を変えてみたけど、期待よりも遅い。

この様なことは意外と良くあります。
回線速度を早くしても、周りで使っている機器が古いと本来の通信速度は出ません。

通信機器で、一番近く周りにある

  • LANケーブル
  • スイッチングハブ

この2つは、回線契約を変える前に試して見ましょう。
回線の契約を変えてみたけど、期待はずれだったというかたも、一度見直してみるのも良いですよ。

この2つは、通信規格もあるため、古いものを使っていると遅くなってしまいます。

LANケーブルの規格

LANケーブルには規格があります。

  • カテゴリー5
  • カテゴリー5e
  • カテゴリー6
  • カテゴリー6e
  • カテゴリー7
  • カテゴリー7e

この6つのカテゴリーがあります。
それぞれの規格によって、対応通信速度と伝送帯域が違います。

5年以上前のLANケーブルを使っている場合、1Gbpsの対応速度を持っていても伝送帯域が100Mしかないため、通信が不安定ということは非常に良くあります。

現在のネット回線普及を考えるとカテゴリー6か6eはほしいですね。

LANケーブルに「CAT 〇〇」という形で記載されているので、一度見て見ましょう。

カテゴリー5だと100Mbpsしかでないため、これでは光回線の速度を速くしても安定した速度は出ませんね。

現在では、通信速度の速い回線も多いので少し余裕も見てカテゴリー6か6e位の性能はほしいですね。

カテゴリー7eを使用したこともありますが、スピード自体は変わりませんでしたが、価格面でかなり高いので、6クラスで十分ですよ。


スイッチングハブも対応速度に注意

スイッチングハブにも通信速度があります。
特に年数の古いハブを使われているかたは要注意です。

数年前のハブだと100Mbpsにしか対応していないものも多くあります。
10/100などと表記されている場合は、100Mbpsまでの対応となります。

これでは、折角300Mbpsの通信回線を契約しても速度は出せません。

自宅でホームネットワークを組んでいるかたや、会社でも速度が遅い場合には見直して見るのもよいですね。


まとめ

インターネットは、現在は普及率も高く、回線速度にこだわるかたも増えて来ております。

  • 回線速度を速いものに変更したい。
  • 契約を変更したけど、期待はずれ

この様なことは意外とよくあります。

一度、LANケーブルとハブを変更して見ましょう。

この2つは、通信速度の規格があります。
特にLANケーブルは6つのカテゴリーに分けられているほど規格が沢山あります。
古いタイプのものでは、通信速度に対応していないため、なるべくカテゴリー6以上のタイプを使用した方が良いですね。

自宅でホームネットワークを組んでいるかたは、ハブの通信規格も確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました