Docomo Home5Gのおすすめ代理店と量販店も徹底比較!

経済圏・情報・節約術
Wireless technology devices isometric poster with laptop printer smartphone router and wifi internet connection symbol vector illustration
この記事は約8分で読めます。

Docomo Home5Gのおすすめ代理店と量販店も徹底比較!

Docomo Home5Gの人気といろいろな提供先が増えて来ていますね。

公式ホームページに加えて、

  • 取扱代理店の増加
  • ヤマダ電機など家電量販店での取扱。

使用レビューも増えています。
通信速度にも遅延はないようですね。

人気と需要が高まっている背景には、やはり時代の波というのもあるのではないでしょうか。

これはDocomoに限らず、ホームルータの特徴

  • 工事不要
  • コンセントを挿すだけで利用できる。

このようなメリットから、

 

場所を選ばずに誰にでも簡単に取扱ができますね。
もちろん、年配の方や今までネット回線を扱ったことがないかたでも安心ですよ。

さらに、使い方のバリエーションも豊富ですね。

  • 家族でグループラインなどコミュニケーションを取っても安心。
  • 家族で集まっても、通信状況の心配が少ない。
  • プレゼントにも最適

用意しておくだけで、インターネット環境を満喫することも可能です。

ホームルータ自体は、スマホやWi-Fi回線を利用しているため、通信速度などに不安もありましたが、DocomoのHome 5Gはレビューでも十分な速度も出ているようです。

人気が高まっている理由の一つですね。

今はインターネットの時代です。
簡単にWi-Fi環境を構築できることは、非常にいいことですね。

Docomo Home 5Gは、

  • アイ・ティー・エックス(代理店)
  • GMO(代理店)
  • ヤマダ電機(量販店)
  • エディオン(量販店)
  • ケーズデンキ(量販店)
  • ヨドバシカメラ(量販店)
  • ビッグカメラ(量販店)
  • コジマ(量販店)

で取扱を行っています。

代理店と量販店のメリットや特徴を解説します。

代理店と量販店での違い。メリットとデメリットを紹介。

代理店と量販店では、それぞれにメリットとデメリットがあります。

量販店では、

 

デメリットは

  • 量販店のサービスは、購入先に限られる。
  • 納期が不透明。
  • セット割を使う場合に、結局ネットで手続きかスマホの窓口へ行く。

このように時間であったり制約を受けることにもなります。
一方で、

 

メリットは

  • 直接わからないことを聞くことができる。
  • お互いに会って契約をしているので安心感がある。

これは大きなメリットです。

 

代理店のデメリットは、

  • ネットでの手続きとなるため、完了しているのか不安。
  • 利用規約で、他の契約を結ばれていないか不安。

このようなデメリットはあります。
一方で

 

メリットが大きく

  • 大きなキャッシュバックが受けれる。
  • ネットですべて完結するので時間を取らない。

このようなメリットが大きいですね。
他社製品とも比較することもできるので、最も安心して手続きが行える方法の一つです。

個人的には、普段からネットを活用しているかたであれば、代理店での購入で全く構わないかなと思います。

量販店で購入する場合、本当に親身になって説明をしてくれるのであればいいと思いますが、変なオプションを付けられてしまうのであれば困りものですね。

キャッシュバックは、代理店や量販店によっても違うので、選んで購入を決めたいですね。
次では、キャッシュバックや特典を中心に紹介します。

代理店と量販店のキャッシュバックを比較

代理店は

の2社が代理店サービスのキャッシュバックです。
※下に一覧表も付けておきます。

キャッシュバックを受け取る手続き方法は、

アイ・ティー・エックスは面倒な手続きもありません。
電話で連絡が来るか、スマホを登録するとショートメールで振込の口座番号を登録するURLが送られてきます。これで完結ですね。振り込みは、最短で翌々月です。(9月開通なら11月の月末)

 

GMOとくとくBBの場合、

  1. https://www.amazon.co.jp/gc/redeem/ にアクセスする
  2. サインインする
  3. ギフト券番号を入力し、「アカウントに登録する」をクリックする
  4. 登録されたギフト券の金額が画面右側に表示されます
  5. ショッピングをお楽しむ。

このような手続きとなります。

戻るや進むなどのボタンを使うと認識されないこともあるので、その場合は一度ホームページに戻って申し込みを行う必要もあります。

少し面倒な気もしますね。

確実にキャッシュバックが受けれるのか不安な面も残ります。

確実に受取をおこなうのであれば、アイ・ティー・エックスの方がシンプルです。
どちらも、実質は本体料金は2年契約であれば無料と同じ扱いですよ。

量販店でのキャッシュバックは、今回量販店はキャッシュバックというよりも本体価格の値引きや、無料提供となります。

本体価格無料は、

  • ヤマダ電機
  • エディオン
  • ケーズデンキ

家電値引きは

  • ヨドバシカメラ
  • ビッグカメラ

となります。

表にまとめると、

代理店とドコモオンラインでは、

ドコモオンライン アイ・ティー・エックス GMOとくとくBB
キャッシュバック 15,000円分dポイント 15,000円現金 最大18,000円分Amazonギフト
端末代 39,600円 39,600円 39,600円
事務手数料 無料 3,300円 3,300円
月額料金 4,950円 4,950円 4,950円
端末分割代(3年) 1,100円 1,100円 1,100円
月々サポート ▲1,100円 ▲1,100円 ▲1,100円
3年支払合計 163,200円 166,500円 163,500円

量販店は、

ヤマダ電機 エディオン ケーズデンキ ヨドバシカメラ ビッグカメラ
端末代 無料 無料 39,600円 39,600円 39,600円
申込方法 店頭 公式Twitter 店頭 店頭 店頭
特典 端末0円 端末0円 家電同時購入で最大33,000円値引。 家電同時購入で最大30,000円割引 15,000ビッグポイントか指定家電同時購入で、最大30,000円値引。
事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円 3,300円 3,300円
月額料金 4,950円 4,950円 4,950円 4,950円 4,950円
端末分割代(3年) なし なし 1,100円 1,100円 1,100円
月々サポート ▲1,100円 ▲1,100円 ▲1,100円 ▲1,100円 ▲1,100円
実質月額 3,850円 3,850円 3,850円 4,950円 4,950円
3年支払合計 141,900円 141,900円 148,500円 151,500円 151,500円

意外とお得なのが、

ヤマダ電機とエディオンでの量販店での購入ですね。

ヤマダ電機とエディオンでは、

  1. 本体価格が無料。
  2. 月々サポートで36ヶ月は3,850円(通常4,950円)

この2つは大きいですね。
月々サポートを考えても、36ヶ月で39,600円もお得になります。

費用面では、量販店のヤマダ電機とエディオンが一つ抜きに出ていますね。

そのほかの量販店での特典は家電同時購入が対象となるため、割高になったり使いにくさもあります。

代理店は割高のように感じますが、現金でのキャッシュバックとAmazonギフトなので、他への使いみちが豊富です。

ドコモ公式だと、オンラインと店頭でキャッシュバックが違いますよ。
オンラインはdポイント15,000円分、店頭だと10,000円分になります。

ここは注意点ですね。

まとめ

Docomo Home5Gの人気が高まっていますね。
テレビCMで多くの量販店で取扱を開始した案内もされています。

期間限定ですがキャンペーンも実施されています。

公式のドコモ販売に加えて、代理店や量販店で取扱を行っています。

代理店は、

量販店は

  • ヤマダ電機
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • ヨドバシカメラ
  • ビッグカメラ

で取扱を行っています。

ヤマダ電機とエディオンの金額が少し他を上回っておりますが、キャッシュバックは確実に受け取ることが一番大切なことなんですよ。

こうすると、代理店での購入も良いかもしれませんね。

Docomo Home5Gを詳しく知りたいかたはこちら

タイトルとURLをコピーしました