超科学的に転職を行う

人生のチャンスを掴み取ろう!

転職エージェントDODAはこちら▶▶▶

光回線のおすすめ!年数縛りよりも大切なものを解説します。

経済圏・情報・節約術

光回線のおすすめ!年数縛りよりも大切なものを解説します。

スマホなど携帯端末の契約では、総務省からの発表によって契約の年数縛りと端末の大幅値引きがなくなりましたね。

現在、家庭などで使われている光回線では通信速度なども問題よりも、この年数縛りによる違約金に問題を感じているひとも多い様に感じますが、

実際には、どうなのでしょうか?

結論としては、あまり深く考えなくてもよいと思いますよ。

その理由は、光回線では、今現在も年数縛りや大幅ポイントサービスは行わております。
年数縛りがある代わりに大幅ポイント還元と工事費が発生しない場合がほとんどです。
年数縛りがない場合には、工事費などを別で支払う必要があります。

年数縛りで違約金が発生すると、損をした気分になってしまいますが、
実際には少し違うようです。

光回線での

  • 年数縛りや違約金は損?
  • 年数縛りがない回線はあるの?
  • 年数縛りありと無しではどちらがいいの?

これは考えるだけでも嫌になってしまいますが、構造としては簡単です。

 

今では、各キャリアのポイントを有効に使うことが最も賢い使い方なのですよ。

  • 年数縛り
  • 工事費の分割方法
  • 自動更新と解約期限
  • 光コラボのメリット

これらを理由に、実際には2年以内の解約が多い理由も解説します。

違約金を恐れない!意外と多い2年以内での光回線解約の理由。

Docomoの光回線では、契約年数で10年以上継続してい利用しているユーザーは、全体の33.2%と発表しております。
さすがに最も安定していると言われているだけに、比率でも一番多いですね。

では、2年以内に解約しているユーザーはどの位かというと、

全体の19.6%が2年以内に解約をしております。

これは、見方によっては10年以上利用している比率が最も高いことで一番お得な方法と思われがちですが、
10年以上利用している理由は、必ずしも良いからと言う訳ではありません。

解約しない理由に

  • どうしても損をする気になってしまう。
  • 自動更新の短さ。

この2つが大きく影響をしています。

違約金という名前も良くないと思います。
罰金や違約金は、どうしても損をするイメージが強くなってしまいますね。

ただ、最も問題なのは、自動更新の短さです。

 

2年縛りで契約をしていた場合、更新時期に気づかないと自動的に更に2年縛りで更新されてしまいます。
この場合、3年目だと自動更新後の違約金が発生してしまうため、結局は違約金を払うことになってしまいます。

このまま、ズルズルと間延びして10年使っているという人も意外と多いのではないでしょうか。

違約金なしの光回線はあるの?

ここで、違約金なしの光回線はあるの?

ということですが、実際にあります。

代表的なのが、こちらになります。

月々の費用で一番安いのは、エキサイトMEC光になりますね。
最も高くなってしまうのは、DTI 光になります。

3大キャリアのセット割前の光回線費用となります。
通常の価格では高く感じますが、実際にはセット割などで、ここからどの位価格が下げれるのかがポイントですね。

ソフトバンク光などは、13ヶ月目からは費用が更に下がります。
こして見ると、意外と縛りなしのエキサイト光などは安く感じますね。

では、なぜ年数縛りや違約金が発生しないかというと

これには

  1. 年数縛り
  2. 工事費
  3. 違約金

この3つの関係を知ることが大切ですね。

光回線には、スマホのように年数縛りなしの話も持ち上がってはおりますが、未だに実現はしておりません。
中には、年数縛りなどがないプランもありますが、その分月々の使用料が上がってしまいます。
この年数縛りはなぜあるのかというと、簡単に説明すると

初期の工事費を月々の使用量に上乗せする。

ということです。

では、年数縛りがない場合や違約金が発生しない光回線はどの様な仕組みになっているのかと言うと、

・工事費を回線を工事を行うときに支払う。

という事になります。

年数縛りがある場合には、単純に工事費を年数で割って、月々の費用に上乗せしているイメージですね。

これを理由に、2年以内に解約をした場合には、工事費で不足した分の違約金が発生してしまうのです。

光コラボが人気な理由は、

この違約金などが発生する金額を他のポイントや生活費で補ってしまおうという考えですね。

回線速度なども重要に考えているかたも見えられますが、少し前に置きたテレワークでのクラウドWi-Fiの通信不良から、ほとんどの回線で修正されてきておりますよ。

光コラボを使った回線選びが最もお得!?

現在の光回線の選び方は、キャリアでのセット割によるポイントが大きく影響をしております。
光コラボの事ですね。

この光コラボの最大メリットは、ポイントの大きさです。
一番最初の契約段階でポイント付与もあるため、違約金での損金よりも、ポイントを効果的に活用する使い方のが勝ってしまうというのが実状のようですね。

楽天モバイルを使っているかたが、楽天光を契約するとSUPが上がります。
ポイントの取得が2倍になりますね。

さらに電気やガスも同じにすると倍率はどんどん上がります

まとめ

光回線では、年数縛りや違約金を考えずに、もっと大切なことを考えることが必要です。
その大切なことというのは、ポイントを活用しながら生活費全般を抑えるということですね。

光回線は、通信費として毎月一定額が加算されることにもなります。

そのため、高額な費用がプラスされてしまうと、それだけでも月々の支払料は増えてしまいます。

光回線で高額な費用を払い続けてしまう理由の一つに、解約にともなう違約金があります。
年数縛りで、その年数以内で解約をすると、違約金を支払わなければなりません。

そのため、高額な月々の通信費用を支払っているというひとも多いのですよ。

光回線の契約事情では、

  • 2年以内で解約しているパターン
  • 10年以上同じ回線を使い続けているパターン

この2つのパターンが割合としても大きくなっています。

これには、光回線の年数縛りと違約金が大きく影響をしておりますよ。

この2つは、月々の料金にも大きく影響をします。

通常、光回線を工事する場合には、工事費が発生します。
この工事費を月々の料金に上乗せをして支払を行うのが年数縛りがある理由です。
更に、途中で解約してしまった場合には、工事費で掛かった費用の不足分を支払わなければなりません。
この不足分が違約金と考えれば問題はありませんよ。

この工事費には、ルーターの使用量なども含んでいる場合もあります。

10年以上継続して同じ回線を使用しているひとが最も多い理由には、更新時期の短さも影響しております。
更新には自動更新が使われるのがほとんどですが、

2年縛りで契約をして居た場合、
2年後の2ヶ月間以内に自動更新を辞めなければ、更に2年更新されてしまいます。

3年目で解約をすると、結局違約金が発生してしまうため、全く待つ意味合いはありませんね。

このような理由から、2年以内でも解約を行って、スマホなどの光コラボで普段の生活からポイントを活用して工事費などの負担を無くしてしまおうと言う考えが、現在では一般的です。

一番賢い使い方は、ポイントなどの経済圏を活用して生活を送ることですね。

年数縛りや違約金が発生しない光回線もあります。
縛りなしは、単身赴任などの場合には超便利です。

代表的な回線がこちらになりますね。

合わせて考えて見ましょう。

エキサイトMEC光の公式HPはこちら

DTI 光の公式HPはこちら 

タイトルとURLをコピーしました