新生活応援します!リモートワーク・学習でも参考になります!

新生活は始めが肝心です!
最初に手間を惜しむと結局は居心地が悪くなったり買い替えたりと後悔いも繋がります。
順番通りに行えば、問題はありませんよ
インターネット回線や電力会社のプラン変更もこちらから簡単に行えます!

今ならキャンペーン中!

MacBookPro(mid 2010)にSSD換装

仕事・情報

MacBookPro(mid 2010)にSSD換装する方法

以前より、MacBookへの買い替えを考えておりましたが、遂に購入しました!
友人が・・・
そこで、友人から今まで使用していたと言うよりは、眠っていたMacBookPro(mid 2010)を
頂いて参りました。取り合えず、OSを起動して見ましたが、
「遅い!」何だこれはと言う位、「遅い!」
OSのバージョンアップも試みましたが、ダウンロード時間を見てビックリ!
キャンセルでダウンロードを止めました。
まずは、この遅いHDDをSSDに換装して、少しでもストレスなく使える様に試みを実施。
予想以上にWindows10の時よりも速く終わりました。

SSD換装手順

手順① SSDを初期化

手順② SSDにクローンとしてコピー作成

手順③ クローン化したSSDをHDDと交換

手順④ OSをアップグレード

以上の方法で進めました。

用意するもの

  1. SSD
  2. HDケース
  3. 精密ドライバー「+」
  4. トルクドライバー

この4つを揃えるだけで簡単に換装で来ます

今回用意したSSDはこちらです。価格的にも安価ですね。

HDDケースは、どんなものでも構いませんよ。

 

よくある、この様なものですね。

精密ドライバーとトルクドライバー、HDDを外すのに、星形のドライバーが必要になります。

すべてで10,000円もあれば、揃います。

用意が出来たら、

手順① SSDをディスクユーティリティーから初期化。

初期化されていないと認識されません。
HDDケースにSSDを取り付け、USBで接続した後に実施して下さい。

手順② SSDにクローンとしてコピー作成

こちらは、

Carbon Copy Cloner (CCC)

まずはダウンロード画面ですね。

赤枠内をクリックして、ダウンロード開始です。30日は無料期間となります。

手順③ クローン化したSSDをHDDと交換

 

精密ドライバーで、ネジを10個外します。こちらが右側赤枠内がハードディスクですね。
これを取り外します。

固定されている2つのネジを外して下さい。

星形のトルクドライバーを外して、HDDからSDDに付け直して下さい。

後は、逆の容量で付け直して終わりです。

手順④ OSをアップグレード

付け終わったら、起動してApple  IDでログイン、OSのバージョンアップです。
今回、Mac OS X Yosemite(ヨセミテ)からMacOS X Sierraにアップグレード!

まとめ

今回、クローンを使ってのSSD換装を行いました。
他にも、SSDだけ先に取り付け、【command】+【R】を押しながら電源ボタンを押して起動。
起動音がしたら電源ボタンだけ指を離し(【command】+【R】はしばらく押したまま)、そのままディスクユーティリティーで起動し、OSをインストールと言う方法もあります。手軽にOSのアップグレードもSSD換装も行えます。自己責任にはなりますが、快適性は格段に上がりますよ。
是非、チャレンジして見て下さい。何より、自分で組んだ仕様は、愛着度も格別です。

 

タイトルとURLをコピーしました