WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

キャッシュバックは全体の4割!?必ず受け取る方法を解説!

仕事・情報

キャッシュバックは全体の4割!?必ず受け取る方法を解説!

現在、様々な業界でキャッシュバックが行われております。
特に目立つのが通信回線での高額キャッシュバックですね。このキャッシュバックですが、通信業界では実際に受け取りまで辿り着く人は全体の4割程度なんです。

全体の4割程度と聞いて驚く方も多いのではないでしょうか。

  • キャッシュバックって何だろう?
  • いつ受け取る事ができるの?
  • 受け取る事が出来ないって違法ではないの?

この様な悩みを解決します。

読者の皆さんへ

この記事を読む事で

  • キャッシュバックの仕組み
  • 受取で注意する事
  • 最終的には何が一番良いのか

この3つはイメージできると思います。

それでは、キャッシュバックの仕組みから説明します。

キャッシュバックって何だろう?キャッシュバックの仕組み

何かを購入しようと考えた時に、キャッシュバックの金額は大きく目に惹きますね。
このキャッシュバックはどの様な仕組みになっているのかと言うの、

販売先が得た利益の一部を購入者に支払っている。

と言うのが簡単な説明です。
例えば、

「Aと言う商品を製造元から1,000円で販売してほしい。」
と委託された販売店Bが、1,000円の売上の内500円が利益になるのであれば、
「キャッシュバックで200円を還元しますよ!」

と言うのが簡単なキャッシュバックの説明になります。
その場での現金取引を行なっている販売ではキャッシュバックの受け取りでトラブルになる事案は少ないのですね。
キャッシュバックは、景品表示法で定められており価格の2割、つまり2/10しか還元する事ができません。
ここであれ?と思われる方も多いのではないでしょうか。
一般的な消費で、その場での現金取引を行う場合は全く問題にはなりませんが、通信回線など20,000円、時には50,000円のキャッシュバックと表記されておりますが、通信料金の月額は、5,000円程度ですね。完全に2割を超えております。

通信業界は少し複雑になっておりますよ。

通信業界のキャッシュバック現状

通信業界でのキャッシュバックは、

一般的に大手である3大キャリアが製造元、代理店である販売店が契約を取れれば手数料が入ります。その手数料がキャッシュバックとなります。
さらに、通信業界は一度契約してしまえば数年は同じものを使用します。
直ぐに切り替えたりする事は、あまり行いません。

複数年で月額の契約を頂く事と同じになりますので、
月額3,000円に光通信を契約して貰った場合、2年縛りだと実質

3,000円×12ヶ月×2年 = 72,000円 の契約と同じです。

この場合ですと、72,000円の2割は14,400円です。

キャッシュバック金額は14,400円までは可能となりますね。

これは一例で説明しましたが、通信業界の光コラボなどでキャッシュバックが大きくなっているのは、この様な事が要因です。

そのため、

  • オプションでの契約でキャッシュバックは増える。
  • 月額の多い契約だとキャッシュバックが増える。
  • 契約しても直ぐにキャッシュバックを受けれない。

この様な注意点が出てきます。
色々とオプションを付けたり、最大〇〇円と表記している理由も解りますよね。
最大と言うのは、

オプションをすべて付けて一番高い料金で計算した場合のキャッシュバック金額

と言う事です。
キャッシュバックを直ぐに受けれないのも、解約をされてしまったら損をしてしまいます。そのため、一定期間が過ぎてからキャッシュバックを受ける権利を獲る事ができます。

キャッシュバックを受け取る方法

このキャッシュバックを受け取る方法が一番ハードルが高いんです。
一般的な消費の場合は、その場で購買が済んでいるためにキャッシュバックも直ぐに済むと言うケースが殆どですが、通信会社の場合は、契約と同時にキャッシュバックと言う訳には行きません。

  • 何ヶ月使用後にキャッシュバック発生。
  • メールで通知後に期間内に手続きを行うとキャッシュバック発生。

色々と複雑になっております。ここがキャッシュバックを受け取っている人が少ない理由ですね。販売元も、この受取が出来ない人を見越して金額を設定しております。

例えば、2年でキャッシュバック金額を設定した先程の例で、受け取りが4割であれば、1年使用した時にキャッシュバックを発生させても、全体で見れば損しておりませんね。この様な形で少しでも契約者側に早く受け取れる様にと工夫はしてくれております。

しかし、契約の時には、必ず

  • キャッシュバックの受取方法
  • キャッシュバックの受取時期

この2つは確実に行いましょう。

一番良い方法は何か?

キャッシュバックについて、理解する事が出来たと思いますが、最終的に一番良いのはどの様な形かと言うと

  • 月額が少ないものを選ぶ。
  • しっかりと自分に合ったものを選ぶ。

この2つです。長く使えば満足度は上がります。どれだけ気をつけていても、キャッシュバックの時期に手続きを忘れてしまうと言う事もあります。

忘れても自分自身で納得できるものを使う事をおすすめします。

時期が過ぎてからでは本末転倒です。
この様なトラブルと言うのは、通信会社では良くある事です。

まとめ

キャッシュバックの仕組みを理解出来たと思います。

キャッシュバックは、その場で受け取れるものと、期間を置いてから受け取れるものの2種類に分かれます。

一般的にその場で商品を受取る場合には、直ぐにキャッシュバックを受け取る事は可能ですね。
光回線などの月額での支払で期間があるものに関しては、キャッシュバックの時期が遅れます。
この遅れる期間に忘れてしまったり、手続きしなかったりと言う事が非常に多くあります。注意が必要ですね。

最後までお読み頂き、誠に有難うございます。
サイト内のリンクはご自由に活用頂いて構いません。

タイトルとURLをコピーしました