WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

情報強者になる方法!自分から情報は取りに行くべきです。

情報強者になる方法!自分から情報は取りに行くべきです。

情報は現在、どれが正しいのか迷う位に多くあります。
動画でも情報を取る事は可能ですね。

一見、多くの情報を手に入れた気でいるかもしれませんが、その情報は本当に正しい情報なのでしょうか。中には内容が薄い情報も沢山あります。

  • 多くの情報を得た気でいても行動に繋がらない。
  • 情報を活かす事ができまない。
  • 結果に繋がらない。

この様な場合には、もう一度情報の取り方に注意しましょう。

特に、自分で取りに行っていない時の情報には要注意です。

広告には注意

情報で一番注意しなければならないのか広告から情報を得た時です。
色々な商品がスマホなどの広告で出ております。

この様な広告の場合、なぜ広告を打つのかを考えましょう。
日本で発売されていない貴重な商品だったとしても、本当に良い商品であれば広告を入れる必要なありません。良い商品ほど、広告なしでも売れますね。

これと同様に、情報も宣伝されている情報であったり動画のアルゴリズムで案内される様な情報だと不十分な場合が多くあります。

本当に大切な情報と言うのは、しっかりと自分から調べて取りに行くと言う事が大切です。

企業では、多くの情報がある中でサービス向上を狙うために

  • 庶民と若者
  • 富裕層

の2つに分類させてマーケティングを行なっております。

庶民や若者には、

  • デジタル
  • デザイン
  • エンターテイメント

この3つをポイントにアプローチを掛けております。
富裕層へのポイントとしては、

  • 安心感
  • 特別感
  • 信頼感

この3つをキーワードにしております。
このポイントを見ても、非常に良くわかりますね。

庶民や若者向けへは新しいものや未来を変えそうなツールを案内する事で訴えております。
スマホのボタン一つで購入出来たりとスマートさも特徴の一つですね。

この様に考えても、情報感度の高さよりも企業のマーケティング能力の高さと考えた方のがいいと考えた方が懸命です。

無料よりも有料の方が内容が濃い

これは当然の事と思いますが、無料で情報を得るよりも有料の方が圧倒的に内容は濃くなります。
また、個人的には海外メディアを利用した方が良いと思います。

日本の情報誌は日本に都合が良い形に書き換えられてしまう場合もあります。

例えば台風ですね。

台風の進路などは、海外メディアの方が正確と言われております。
特に強い勢力の場合には、日本はギリギリまで少し進路を外して発表したりします。

不安だけ与えても仕方がないですからね。
この様な事は良くある事です。

情報感度を高めるためには

  • 自分に必要なもの
  • 自分でしっかりと考える
  • 自分の足で探しに行く

この3つを行なって得られる情報というのは、企業側のマーケティングに掛かっていると考える方が賢明です。

まとめ

最近では、企業のデジタルマーケティングも進んでおります。
庶民や若者、富裕層と分けたプロモーションの技術も高まっておりますね。

自分では、色々な情報を手にしていると思っていても、実は企業のマーケティングにリーチされているだけと言う場合も決して少なくありません。

本当に必要な情報であれば、

  • 自分に必要なもの
  • 自分でしっかりと考える
  • 自分の足で探しに行く

この3つを実践して自ら取りに行くと言う事を考えて下さい。
内容の薄い情報を沢山得ても、それは活用する事も出来ません。

タイトルとURLをコピーしました