新生活応援します!

新しく新天地で仕事!期待に膨らむ春の季節!
引っ越しから新生活スタートまでのガイドライン!

始めてのかたでも安心です。

GoogleのCookie廃止よりも、ITPを知る方のが大切です。

仕事・情報

GoogleのCookie廃止よりも、ITPを知る方のが大切です。

GoogleがCookieを廃止するとの話題が、時期が近づくにつれて大きくなっております。
廃棄時期は来年2022年です。

 

広告業界には大打撃との見出しも多く出回っていますね。

 

このGoogleが廃止するCookieについて、一体どの様なものなのでしょうか?

Cookieの廃止に関しては、今に始まったことではありません。
既に、iPhoneブラウザのSafariでは、今回Googleが廃止すると言われているCookieは使用できない状態となっております。

web業界に携わったり、web広告を利用するかたは

  • Cookieとなどんなものなのか?
  • 本当に理解するのはITP(Intelligent Tracking Prevention)

この2つは知って置きましょう。

簡単にいうと、Cookieとはインターネットなどで開いたブラウザやログインツールを一定期間覚え込ませるのがCookieです。

  • ファーストパーティーCookie
  • サードパーティCookie

この2つがあります。

その中でも、今回廃止になるのはサードパーティCookieとなります。
このサードパーティCookieは、広告業界ではリターゲティング広告に良く使われます。

 

好みに合わせて広告を表示する方法ですね。

例えば、高校生に不動産投資の広告を表示しても成約には結びつかないと思いますが、ブラウザの閲覧履歴などから、どの様な人物が予測することも可能です。

この様に年齢や性別に合わせて広告を表示させる方法がリターゲティング広告で、その追跡に使用するのがサードパーティCookieです。

既に、iPhoneのSafariではサードパーティCookieは廃止され、ITPと言う機能を搭載しております。
このITPにもバージョンがあるため、これからweb広告などメディアの世界ではITPのバージョンを理解して置くほうが大切ですよ。

Cookieはどんなものなのか?

Cookieは、大きく2つの分けられます。

  • ファーストパーティーCookie
  • サードパーティCookie

この2つですね。

ファーストパーティーCookieというのは、自社で保有するWEBサイトから発行されたCookieです。
ログイン情報など、ユーザーの利便性向上を目的に発行されます。

サードパーティーCookieは、自社ではなくアドサーバーなどの第3者から付与されるCookieです。
広告などのリターゲティング広告に使われます。

仕組みとしては、

Aというサイトに訪問したときに、A独自サーバーから発行されるログインパスワードなどはファーストパーティーCookieになります。次回、Aというサイトを訪れたときには、ログインはCookieによって覚え込まれております。

ここで、AというサイトにはBという広告が貼り付けられているとBという広告のアドサーバーから訪問履歴のCookieが付与されます。

これによって、アクセスしたユーザーの訪問履歴を覚えていくというのがサードパーティーCookieの役割で、感心の高い広告を表示出来る仕組みとなっておりますね。

ITPの仕組み

ITPとは、Intelligent Tracking Preventionの略でiPhoneなどAppleが提供しているSafariが搭載しているトラッキング抑止機能です。

 

トラッキングとは、情報収集などを目的に、人の行動やシステムデータの推移などを継続的に追跡することを呼びます。

ITPの特徴は、一定期間を置いてCookieを削除する機能とイメージをして頂ければ解りやすいと思います。
Appleでは、個人情報の観点からも、この追跡をやめようという動きが大きくなっております。

ITPは、2017年から取り組まれていて、定期的にバージョンも上がっています。

現在では、Cookieの代わりにlocalStorageというでデータを使うことでトラッキング情報を補っています。そのデーターも7日間で削除されるというのが、バージョンアップの内容ですよ。

まとめ

GoogleのCookie制限や廃止の話題が少しづつ大きくなっておりますが、実際に廃止されるCookieは、サードパーティーCookieとなります。

サードパーティーCookieは、ブラウザを開いたときに、第3者のアドサーバーから付与されるCookieです。
このサードパーティーCookieの廃止によって、リターゲティング広告などは大きな打撃を受けると言われておりますが、
実際には2017年からiPhoneのSafariを利用しているかたへは使えなくなっています。

Safariでは、独自のITPという機能で制限をしております。
iPhoneユーザーは日本でも60%を超えると言われています。殆どのかたがスマホでWEBを見る機会も多いため、ITPを良く理解しておくことの方が大切ですね。

ITPにはバージョンもあります。
最新のITP機能では、Cookieの代わりにlocalStorageというでデータを使うことでトラッキング情報を補っています。

これからは、ITPのバージョンアップによる変更内容のほうが重要になってきますね。

タイトルとURLをコピーしました