WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

WEBの仕組みを知ると副業やインターネットビジネスで活かせる!

自己啓発

WEBの仕組みを知ると副業やインターネットビジネスで活かせる!

これからインターネットビジネスを始めたいと考えている方や、インターネットビジネスを始めたけど成果に繋がらないと感じている方は、オンラインでの仕組み、WEBの仕組みを理解すると、今までの原因やこれからの道筋が解ります。
しっかりと理解してからもう一度行なって見ましょう。

ここで、最も重要な事を一つ!
現在、ブログなどを運営していた人が、You Tubeなどの動画に流れています。
ブログを始めるのも、一つのチャンスになっておりますよ。

インターネットビジネスを行うためには、オンラインで競争をして行かなければなりません。その中に、SEOやMEOなどと言う言葉も多く聞く様になります。

難しい言葉が並びますが、意外とインターネットの仕組み、オンラインの仕組み自体、要するにWEBを知ってしまうと簡単なものです。普段、当たり前に使っているインターネットですが、どの様な仕組みで動いているのか理解している人は意外と少ないんです。

初めは、何となく始める形にもなるかもしれませんが、このWEBと言うシステムを知っているだけで、その後の事も圧倒的に良く理解出来る様になります。

インターネットシステム、WEBなんて知らなくてもいい

と思われがちですが、
このWEB自体を知ると、

    • Googleの気持ちが分かります。
    • 検索の仕組みが分かります。

結果的に、システムを知る事でより活用出来る様になります。
WEBを知る事で、SEOやMEOも簡単にイメージ出来る様になります。

仕組みを知ってしまうと簡単な例で、
子供の頃から乗っている自転車でもギアと言う仕組みがあります。

自転車自体は、始めはペダルを踏めば進むと思って乗っていますが、変速ギアの仕組みを知ってしまえば、自分で坂道や平坦な道でスピードを出す時にでも、小さな力で大きな力を得る事が出来る様になります。

良くWebのマーケターが色々な小技で上位検索を説明しておりますが、WEBと言う仕組みをしっかりと理解して、Googleの気持ちである検索された後の中身を知らると、自然と上位表示に繋げたり、記事更新をする時のポイントも解って来ます。

  • これからインターネットビジネスを始めよう。
  • 現在、インターネットビジネスを行っているが伸びない。
  • もっとインターネットの世界に触れて成果を伸ばしたい。

と考えている人は、

まずは、WEBとは何?から理解することが大切です。

WEBとは何?

WEBとは、スパイダーウェブの事で蜘蛛の巣と言う意味合いになります。

世界中で沢山ある情報を繋ぐ事によって出来上がったシステム、これがWEBです。
世界中で繋がった情報を見るためには、スマホやPCなどのデバイスが必要になります。情報と共に、デバイスも繋がって居ますね。更には、操作している人も繋がっているのと同じです。人が繋がる事で、更に多くの情報も繋がる事が可能なんです。

WEBは、決して機器を接続するためのものではありません。
本来は、多くの情報を繋ぎ、その情報を見るためのツールがスマホやPCなどのデバイスなのですよ。

 

では次に、WEB自体が出来上がった仕組みは、研究室の資料室をイメージして下さい。

研究室の資料は、膨大な量になりますね。

始めは、この資料にA列の2段目などと保管する場所を決めておりましたが、量が多くなってくると、研究結果を保管している棚もいっぱいになります。部屋も増えて来るでしょう。そうなると、どこに何が保管してあると言う情報のMAP用紙、要するに目次の項目も膨大な量になってしまいます。
そこで開発されたがWorld Wide Web(ワールドワイドウェブ:WWW)です。

このWorld Wide Web(WWW)は、膨大な研究結果をまとめた資料の保管場所として始まっております。当初の言語は、HTML(Hyper Text Markup Language)でしたが、WEB上にURLと呼ばれる住所に書類を保管した事が始まりです。

例えば、

営業部  1課
営業部  2課

とあった場合、営業部と1課・2課をリンクテキストで紐づけると、
そのまま営業部をクリックした時には営業の1〜2課が表示されます。
1課をクリックすると、営業だけでなく、経理や総務があった場合、すべての部署の1課が表示されると言う方法を用いたのがきっかけです。
こうする事で、膨大な資料が目次付きで見れるイメージが付くのではなでしょうか。

次にブラウザについて考えましょう。

ブラウザについて考える

Googleやyahooなどのブラウザは、受付の案内係をイメージすると解りやすいですよ。

どこでも受付に行くと、聞きたい内容や行きたい場所を言いますね。

これと同じで

Google:案内係A列さん
yahoo:案内係Bさん

と考えれば、知りたい場所や情報を検索ワードに入れて聞けば教えてくれます。

例えば「ジュース」と入れると

ジュースについての情報はこんな情報がありますよ。

と表示してくれます。
もちろん、ジュースだけでは幅も広くて絞りにくいですが、絞り込んでトマトジュースやコーラと検索すると、トマトジュースの種類から調理への使い方まで表示されます。

市役所に行った時の案内では、住民票を取りに来たと伝えれば、
「市民課の〇〇と言う場所に行けばあります。」というのと同じですね。

では、Googleはどの様な方法や順番で表示しているのでしょうか。

Googleが検索で表示している方法や順番

Googleは、新しくWEB上に入ってきた情報をクローラーと言われるロボットが認識して分析しております。
このクローラーの役目は、簡単に説明すると

  • 新しい情報がどんなものか分析して認識する。
  • 関連するものにインデックスを付けて情報を保管する。

その登録された情報を、一般の人たちが見ていると言う事ですね。

上位表示されるためには、このインデックスされた情報が一般のユーザーに表示され易い様にキーワードを選定したりタグを付けたりと言う方法を用いるのですが、始めからしっかりとした情報を提供する事が一番大切な事です。

事実をしっかり提供する事が一番最初に心がける事ですね。

まとめ

WEBを知る事で、仕組みとして出来た目的からどうすればインターネット自体をもっと活用する事が出来るのかも予測出来たと思います。

  • Googleの気持ちが分かります。
  • 検索の仕組みが分かります。

これがわかれば、相手が求めているものを始めから提供する事も出来ます。

更に、

  • これからインターネットビジネスを始めよう。
  • 現在、インターネットビジネスを行っているが伸びない。
  • もっとインタネットの世界に触れて成果を伸ばしたい。

と考えている人も、何がダメで何から始めるのかと言う事もイメージ出来たのではないでしょうか。Googleという案内係が求めているのは、有意義で正確な情報です。
間違った回答を教える訳にはいけませんよね。

Googleの気持ちを理解して一歩を踏み出しましょう。

タイトルとURLをコピーしました