WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

SEOを知る!シンプルに考えるだけで対策にも繋がります。

仕事・情報

SEOを知る!シンプルに考えるだけで対策にも繋がります。

インターネットビジネスを行なっていると、必ずこのSEOと言う言葉に遭遇します。
SEO対策について記載している記事や動画が多くありますが、SEO自体がどの様なものなのかを知る事が一番大切です。

  • キーワードを知る。
  • 更新頻度や日時を記載する。
  • 内部リンクや外部リンクの重要性

SEO対策で、実施して下さいと言う事は多くありますが、このSEO自体のことを知ってしまうと、意外とシンプルに考えることが出来る様になります。結果的には、普通にSEO対策自体を行う事も可能です。

まずは、具体的にSEOとは何なのかを知りましょう。

インターネットビジネス初心者の方や、本気でインターネットの世界でやってみたいと考えている方は、絶対にWEBについての知識も知っておいて下さい。

難しくはありません関連記事を読むだけで、間違いなくこれから先のSEOに関しても理解を深めることが出来ます。

SEOを知る

SEOとは、Search Engine Optimizationの略です。
簡単に言うとSearchは検索ですね。Engineは実際にコンピューターなどを処理する機関です。Optimizationは最適化ですね。

SEOは、直訳すると

検索を実施している機関を最適化しているもの

と捉える事が出来ます。

要するに、Googleであれば、Googleの検索機関を最適化して画面に表示させる。
yahooであっても同様に、yahooの検索機関を最適して画面に表示させる事をSEOと呼ぶと解釈すれば、全く問題ありません。

SEOでは、沢山あるキーワードやググる時にユーザーが打ち込んだ検索意図を読み込み、それを最適化して画面に表示させる機能です。

例えば、ダイエットとユーザーがググった時には、Googleの検索エンジンはダイエット方法であったりダイエットサプリであったりと、時代に合ったものや信頼度の高いものを表示してくれます。

SEO対策とは、この画面での表示を、なるべく上位に表示させる方法であったり対策がSEO対策と呼ばれております。

そのためには、WEBの知識もそうですが、関連する様々な情報を知って置くことが必要です。Googleが、良くアルゴリズムをアップデートすると言われますが、このアルゴリズムと言うのは、Googleが上位表示する基準と捉えて貰えれば問題ありません。アップデートは更新の事ですね。

SEO対策を行わなければならない理由は、時代の変化と共にユーザーが求めるものが変わって来てしまうからです。そのために、Googleは3ヶ月に一度位はアルゴリズムをアップデートを行なって来ます。要するに、検索で最適化する基準をアップデートすると言う事ですね。

SEO対策は、このアップデートも含めて行う事が大切ですね。一度行なって終わりと言う訳ではありません。その都度、何度も更新する事が必要です。

それには、まず第1段階でキーワードを知る事から始めましょう

キーワードを知る

キーワードには、大きく分けて3段階のステップがあります。
これは、知識として身に付けて置きましょう。
実際に使えれる様になるのは時間が掛かります。時間が掛かると言うよりは、ロスを無くすという視点の方が良いですね。

キーワードには

  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • スモールキーワード

の3段階に分かれます。これは、検索で調べられるキーワードの規模の大きさです。例えば、

東京と検索をすると該当する項目というのは沢山あります。
初心者や個人で東京と検索を掛けた結果、上位に表示される事は難しいと思います。
この様に検索規模の大きなワードが、ビッグキーワードと呼ばれます。

次に、「東京 新宿」「東京 杉並」など、少し絞り込んだキーワードがミドルキーワードと呼ばれます。東京だと規模が大きいために、まだビッグキーワードと同様な扱いになってしまうかもしれませんが、規模を絞り込んで行く事でキーワードの幅は変わって来ます。

これと同様にスモールキーワードと言うのは、「東京 新宿 グルメ」「東京 杉並 観光」などと細かくしたものがスモールキーワードとなります。

今回は都市で考えましたが、同じ都市でも「東京」ではビッグキーワードになりますが、地方の人口が少ない都市を検索した時にはミドルキーワードになる可能性も大きいため、分類としては検索件数が大きなポイントになる事を知って置きましょう。

ここまで知るだけで、キーワードのボリュームで、

  • どのキーワードだと検索エンジンの最適化に影響されやすいか
  • このキーワードだとやるだけ無理

と解ってくると思います。自分がしっかりと勝負出来る分野やキーワードを選ぶ事が大切です。

そして、選ぶキーワードの特徴もしっかりと知りましょう

選ぶキーワードの特徴を知る。

ユーザーが検索しているキーワードは、検索している人の意図で次に繋がる行動が大きく変わります。
例えば、

オンライン学習の比較などで検索を掛けている人は、興味を持ち始めてやって見たいと考えている方ですね。
一方でオンライン英会話とは、で検索を掛けている人と言うのは、まだどの様なものなのか調べる段階の人です。

この2つを比較しても、次にユーザーが取る行動と言うのは大きく違って来ます。

特にビジネスで心がける事は、キーワードの特徴から次にユーザーの取る行動を予測して、成果に繋げる事を考えましょう。

ポイントは3つです。

  1. 商標キーワード
  2. 収益キーワード
  3. 集客キーワード

この3つを理解する事から始めて下さい。

商標キーワード

商標キーワードは、一番成果に直結しやすいキーワードです。
商品に対してのレビューや商品自体がほしい方が検索をしているため、成果としては最も高いキーワードとなります。その分、人気商品に関してはビッグワードと成りやすいため、競争も高いのが現実としてあります。

収益キーワード

この収益キーワードで検索をしている人と言うのは、購入しようか迷っていたり、どちらにしようか悩んでいる人が検索を掛けます。
この場合は、記事内容であったり説明次第で購入に大きく影響をします。
ミドルワードに該当する項目も多く、一番訓練や練習でも身に付けることができるキーワードの種類にもなりますので、ここを目指してビッグワードに繋げることが一番の近道となりますね。

集客キーワード

集客キーワードは、収益の成果に繋げると言う視点では離れてしまいます。
ここでの目的は、ユーザーに読んで頂き集めると言う視点を持つ事が最も大切な事です。結果的にユーザーを集める事が出来れば収益に繋げることも可能です。

裾野の幅を広げて多くの方を集客し、別のワードで収益に繋げると言う方も見えられます。キーワードの使い方を知っておくと、色々な活用方法を見つけることも出来ますね。

関連記事で内部リンクを使うと、幅広く集めたユーザーを目的の箇所へ誘導する事も可能になります。

内部リンクと外部リンクの重要性

内部リンクとは、自分の記事内や案内で関連した別のページに誘導する事を内部リンクと呼びます。より詳細なことが書かれている記事に誘導することも同様ですね。
この様な形で、内部リンクから関連した記事を読んで頂けると、そのサイト内の滞在時間が伸びます。この時間の長さがGoogleでは記事の信頼性とも判断されるために良質な記事と上位表示されやすくなります。

また、外部リンクは更に効果が高いです。
例えば、多くの口コミレビューに自分の紹介したページが掲載されると外部リンクとなります。全く外部の方が紹介しているため、それだけで信頼は上がります。

この内部リンクと外部リンクですが、一時期は凄くSEO対策に効果のあった項目ですが、少し考えると解ると思いますが、この外部リンクでページの信頼性が上がると解ると、自分で新しくサイトを作ってリンクを作成するという方法が多く使われました。その結果、上位表示だけを目的とした外部リンクが多く発生したため、現在では発覚した場合にはペナルティーが存在します。

Googleは、より質の高い内容を紹介することを心がけておりますが、それを利用するようなやり方をブラックハットSEOなどと呼ばれます。このブラックハットSEOを見つけた場合には、Googleからの検索から外れる結果となってしまいます。

正直に良質な情報を正しいやり方で発信する事がホワイトハットSEOと呼ばれます。
最終的には、正しいやり方で配信する事が一番ですね。

まとめ

SEOについてを説明しましたが、SEOは、Googleなどの検索エンジンが検索されたワードを最適化して、現在の時代に合わせた良質な情報を表示させるために使われます。そのために知って置くことは、

  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • スモールキーワード

この3つで、キーワードからの検索のボリューム、どれだけのユーザーが検索を行なっているのかをイメージ出来るかが一つのポイントです。
ビッグワードは当然検索数も多いのですが、それだけ探して貰いにくいワードにもなります。

更に、キーワードの種類も知りましょう。

  1. 商標キーワード
  2. 収益キーワード
  3. 集客キーワード

この3種類はキーワードの種類になります。それぞれには特徴もあるため、自分が狙いたいキーワードを選ぶと言う事も大切です。
初心者が商標キーワードのビッグワードを狙いに行っても、なかなか上位表示する事は難しいですね。

Googleがアルゴリズムと呼ばれる検索エンジンの基準をアップデートするのは、時代の流れに沿った中で常に最新の情報を表示させる事が目的です。

必ず行わなければならない事行は、

細目にキーワードの種類も更新して上げる事

これが一番のSEO対策かもしれませんよ。更新日時を記載する事も重要な要素の一つです。更新されていると言うことは、生きているページと言う事です。何年も放置されている古いページは、どちらかと言うと見向きもされません。古い内容かもしれません。この様なページは上位にも表示されませんね。
小手先の技術や、Googleが上位表示をさせる内容を知って付け焼き刃で実践しようとしても、結局はバレて圏外に飛ばされてしまいます。

キーワード自体と言うのは、新しい商品が出てこれば、新しいキーワードが生まれます。考え方をしっかりと身につければ、どんな時にでも対応できる様になります。

タイトルとURLをコピーしました