WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

ランチェスターを解説

自己啓発

ランチェスターを解説

ランチェスター戦略

聞いた事があるかもしれませんが、企業が戦う上で、このランチェスター戦略は非常に重要です。個人で仕事を進めるにも非常に役に立ちます。是非、覚えておいて下さい。結論から申しますと、成熟市場で企業がいかにサバイバルするかを指導するのがランチェスター戦略です。どこも、競合がいない。と言う事はないのではないでしょうか。この理論を取り入れたトヨタ、パナソニック、日本生命、武田薬品などの大企業や、ソフトバンク、エイチアイエス、フォーバルなど当時のベンチャー企業、そして多くの中小企業は、今日も大不況を乗り越え繁栄しています。

小が大に勝つ原則は以下の3つ

これは、戦国時代をイメージして頂ければ解りやすいのではないでしょうか。
①奇襲の原則(騎討ち戦、局地戦、接近戦といったゲリラ戦で戦う)
      小さい戦力でも奇襲を掛ければ戦には勝てます。織田信長の桶狭間
      の戦いの様ですね。(実際に奇襲かは解りませんが・・・)
②武器の原則(武器効率を兵力比以上に高める)
      これは織田信長が鉄砲を用いた時と同じですね。
③集中の原則(局所優勢となるよう兵力を集中し、各個撃破する)
      兵力を分散するより、地形を利用して集中させる方のが優位と言う
      事です。時代劇で橋の上で一人づつ戦いに行く姿勢に似てますね。

この3つは、特に「ランチェスター戦略の第1法則」と言われ、昔の
孫氏の兵法と同じです。
第1法則では、営業力=武器効率×兵力数
ここで言う、武器は「商品力」、兵力は「販売力」で考えて下さい。
これは、挑戦する側、時には新入社員の育成にも活用されます。
2番手以下は、すべて弱者となります。市場シェア1位の企業のみが強者です。弱者の基本戦略は「差別化戦略」です。武器効率を高めることです。差別化とは商品をはじめ、会社、人材、情報、サービスの質的な独自性、優位性です。これは、新人さんであれば、自分の個性、特徴と考えて下さい。兵力を集中することを「一点集中主義」といいます。重点や集中という言葉も、一般によく使われていますが、ランチェスター戦略の場合は、兵力数の優位性から導かれています。つまり、量的な優位性を築くために、自社の経営資源を重点配分することです。人材ですと、得意分野を身に付ける事ですね。

一方、強者の戦い方は、「ミート戦略」といいます。
弱者の差別化戦略を封じ込める意味で、同質化競争に持ち込めば武器効率が同等となるので兵力数で勝敗が決まります。単純な事で、弱者と同じ事を行えば、強者は決して負けないと言う事です。

まとめ

このランチェスターの理論・戦略は、現在の世の中すべてに当てはまっております。自分の立ち位置を良く理解して、曲面で打破できる様になると、ロスを発生させず、結果が伴ってきます。市場で一番になる事、また、会社でも同僚よりも早く出世し一番になる事は非常に難しい事です。常に、弱者の戦い方を意識して行動できれば、必ず一番のものが増えて行きます。一度一番になってしまえば、あとは、ミート戦略を取れば、周りが更に成長させてくれますよ

タイトルとURLをコピーしました