就活!インフルエンサー採用とは!企業も積極的にすすめています。

インフルエンサー採用 仕事の悩み
この記事は約4分で読めます。

就活!インフルエンサー採用とは!企業も積極的にすすめています。

インフルエンサー採用をご存知でしょうか?

最近ではSNSでの情報発信など、様々なことに取り組んでいるかたも増えていますね。

なかには独自の世界観から影響力を持ってフォロワーが数万人見えられる一般ユーザーも見えられます。

インフルエンサー採用とは、自分のSNSを使ってマーケティングを行ったり広告宣伝などで認知度を高めたりなど情報発信を通じて企業や顧客へも貢献するために働くことです。

就職後にインフルエンサー手当が支給されたりもします。

自称インフルエンサーになる事自体は簡単な事ですが、影響力を持って周りから認められるだけのフォロワー数を持っているかと言うのも大きなポイントですね。

このが規定に達していなければ、自称インフルエンサーでも内定は頂けませんし手当も頂けないでしょう。

では、インフルエンサーとして採用されるには?
将来インフルエンサーになりたいと思っている方は、どうしたら良いのでしょうか。

インフルエンサーの定義

まずインフルエンサーの定義ですが、フォロワーの数や「いいね」の数でインフルエンサーとして認識されます。

芸能人や著名人などフォロワー数が最も多いトップインフルエンサーになると影響力もかなり高いと思います。
では、

  • これからインフルエンサーを目指したい。
  • インフルエンサーになるためにはどうしたらいいの?

これは誰もが思うことですね。

トップインフルエンサーと言われるひとでも、始めからフォロワー数が多かった訳ではありませんよ。
少しづつ成果を積み上げて現在の地位があるんです。

では、1番最初のフォロワー数1,000人以下の場合はどうしたら良いのでしょうか

フォロワー数1,000人以下の場合にはエンゲージメント率を意識しましょう。
トップインフルエンサーは多くのフォロワーを抱えているため、拡散力はあるかもしれません。

その分、広範囲にリーチするためには幅広く受け入れられるというデメリットも発生してしまいます。

フォロワー数は控えめでもその分コアは層であったり、コンテンツに特化したユーザー層に多く支持される可能性も高いためエンゲージメント率で上回る事を考えましょう。

この数では無くて、「率」で考える事が大切ですね。

自分で自分の事や、自身と繋がりのあるフォロワーの事を良く観察し、発信した後のエンゲージメント率を高められる様にして行きましょう。これは、トップインフルエンサーでは出来ない事です。当然ですね100万人が考える事なんて、発信できる訳がありません。

インフルエンサー採用の応募条件

ずばり応募条件は、フォロワー数1万人以上です。
また、選考には

 

①指定されたキーワードにて「300いいね!」
②指定された#ハッシュタグにて「500いいね」

とエンゲージメント率を考慮した選考となります。フォロワー数が1万でも、その分エンゲージメント率が高ければ、採用には到達できる仕組みとなっておりますよ。

企業側が採用するメリット

企業側がインフルエンサーを採用するメリットは、口コミです。

 

日常生活での情報源で最も信頼がおけるのは、口コミです。
そして、ソーシャルメディアであるSNSは、この口コミが無数にある圧倒的な場所ですね。

入社してからSNSの知識を身につけるよりも、今までの生涯で得られた知識と信頼、フォロワー数や人脈をそのまま使える事ほどメリットの高いものはありません。しかも、個人で持っているのであれば「バズらせ方」も知っている方が多く見えられます。戦略的に情報発信することができるのも特徴ですね。ブランドの認知に繋がったり、新しい消費者へリーチできる可能性も秘めております。

まとめ

インフルエンサーとして就職したい。活躍したいと考えている方、概ねのイメージは出来たのではないでしょうか。しかし、簡単なものではありません。さらにポイントとして

・フォロワー数:5000人以上いるのか
・いつまでに、何人のフォロワーにするのか、またその計画
・得意なプラトフォームはなんなのか

これ位は抑えて置きたいですね。

タイトルとURLをコピーしました