WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

退職日で損をしない方法!月末1日前退職は長い目で損します!

仕事・情報

退職日で損をしない方法!月末1日前退職は長い目で損します!

退職日で、月末日退職と月末1日前退職で給料が違うために、月末1日前退職を勧める企業は少なくありません。一見、月末1日前退職が手取りも増えるために得をした気分になるかもしれませんが、実はそうではありますんよ!

月末日退職と月末1日前退職で何が違うのかと言うと、

  • 年金
  • 健康保険料

が大きく違いってきます。
年齢が40歳を超えると介護保険にも加入しなければなりません。その場合には

  • 年金
  • 健康保険料
  • 介護保険

この3つに違いを見せて来ます。

年金や健康保険の支払いの仕組みは、

退職日の翌日が属する月の前月まで発生する

と言うのが原則になります。
少し解り難い表記になりますが、この表記について確認しましょう。

社会保険支払いの仕組み

年金や社会保険支払いの仕組みは、

退職日の翌日が属する月の前月が定義ですね。

ではここで、退職日が月末と月末の前日に退職した場合の違いを考えて見ましょう。

退職日が月末の1日前の場合、
例えば1月30日退職の場合ですね。
定義の退職日の翌日は1月31日になります。属する月は1月ですね。
1月の前月までとなりますから、12月分までです。
要するに、今までの控除金額分だけが年金と保険料で支払う額となります。

一方、退職日が月末の場合、
こちらは1月31日退職の場合ですね。
この予期の退職日翌日は2月1日となります。その前月ですから1月分までが保険料の支払い対象となります。
要するに、最後の給料で2ヶ月分の支払いをしなければならないと言う事です。

では、ここで考えて見ましょう。

月末の前日で退職した場合は、結局今まで通りの支払いは行われます。
誰が損をしている訳ではありません。今まで通りですね。
では、月末退職とした場合はどうでしょうか。

働いている方は、一見2ヶ月分を支払っているため損をしている様に感じますが、損をしている訳ではありません。寧ろ、特をしていると感じましょう。
月末1日前退職を進めている会社は、会社自体が社会保険料の負担を減らしたいだけです。

月末1日前が損をしている理由

月末退職になった場合、2ヶ月分の控除を受けるため損をした気分になりますが、実は会社側が半額を負担してくれているのでお得となります。
扶養している方が見えられう場合は、その分に費用も掛かりませんね。
一方、月末1日前退社の場合、翌月以降からは全額の個人負担となります。更に扶養している方が見えられる場合は、その分も負担する事にもなりますね。
会社側は負担金がなくなるため得をしますが、個人は損をします。

まとめ

退職日の1日前退職を勧めている企業は少なくありません。
また、2ヶ月分を徴収されてしまうため、一見損をしている印象を受けますが、本当は得をしているのです。この違いを良く理解して置くことは重要ですね。

タイトルとURLをコピーしました