ブログ初心者が悩むキーワードの選び方!読者の検索意図のが検索数より大切!

キーワード 選び方記事の書き方
この記事は約8分で読めます。
ブログを始めて見たけどキーワードはどうやって選ぶの?と悩んでいるあなた。
検索数は多いほうがやっぱりいいの?と悩んでいるあなた。

ブログでキーワードの選ぶときは、検索数よりも読者の検索意図を考えましょう。

検索数が多ければライバルの数も多くなります。
ライバルが多ければそれだけ記事の質やかける時間も多くなりますね。
ブログ初心者は検索数よりも、読者がどうして悩んでいるのかキーワードから検索意図を察知して記事を書きましょう。

この記事では、

  • 検索数が多いキーワードの特徴
  • 検索意図を察知するキーワードの選び方
  • 質の高い記事を書くためのキーワード

を紹介しています。

読者の検索意図を察知してキーワードを選び、悩みを解決できる記事が増えればサイトの信用も上がります。
サイトの信用が上がれば検索数の多いキーワードで上位表示できる可能性も上がりますよ。

検索意図をしっかり察知できるようになると、時代の流れやGoogleの変化に対応できるようにもなりますよ。

ブログ初心者が悩むキーワードの選び方!読者の検索意図のが検索数より大切!

ブログでキーワードを選ぶときは読者がどうして悩んでいるのか検索意図を考えることが一番大切です。

検索意図を考えるときのポイントは、

  1. 検索をかける読者がどうして知りたいのかを予測しましょう。
  2. 読者が知りたい情報で問題を解決できるかを考えよう。
  3. 読者の悩みが解決できる方法を提案しよう。

この3つを考えることが大切です。

キーワードを選ぶときに、なんとなく知っていることを伝えよう。
この悩みはこうやって解決できるよというだけでは少し不十分です。

  • 問題を解決するためには本当の問題を見抜く
  • 問題を見抜く質を高める。
  • 実際の悩みでやらない事を見つける。
  • 最終的に問題を見付けて解決できるのかに拘る。

読者の悩みを予測して、この4つに結びつくキーワードを選ぶと本当の悩みや問題解決に近づきます。
問題を解決できるキーワードの見つける方法も紹介します。

本当の悩みや問題を見つける方法を紹介。

実際に本当の悩みや問題を見つける方法は、キーワードの最後に「どうして悩んでいるんだろう?」を付け加えて仮説を立てて考えて見ましょう。

この記事を読んでいる読者はキーワードで悩んでいると思いますが、

  • 「ブログ キーワード」で「どうして悩んでいるんだろう」
  • 「キーワード 選び方」で「どうして悩んでいるんだろう?」

と最後に「どうして悩んでいるの?」を入れると読者の心境が浮かんできますね。

ブログ キーワードで検索している読者は選び方や検索ツール、さらに検索数を調べる方法が知りたいのかなと予測をすることもできます。

実際に検索がされているキーワード自体はラッコキーワードで調べると便利です。

「ブログ キーワード 選び方」で検索している読者が、

  • 本当に選び方だけを知りたいの?
  • 収益につながるキーワードまで知りたいの?

問題の本質を見抜くためには、キーワードにはどんな種類や特徴があるのかを知ると記事自体も書きやすくなります。

このような形で読者が本当に知りたいことを予測して見抜く力が大切なんですよ。
そのためには「A」よりも「B」などで比較することや「A」は行わないほうがいいですね。
その理由は、「B」のほうが「A」と同じ機能を持ちながら別のこともできます。と「A」をやらない選択も与えると共感が得やすくなります。

問題の本質を見抜くためにはキーワードにはどんな種類や特徴があるのかも知って起きましょう。

読者が何をしたいかを予測してキーワードの種類を決めよう。

キーワードには3つの大きな特徴によって役割別に種類を分けることができます。

  • 商標キーワード
  • 収益キーワード
  • 集客キーワード

この3つです。

商標キーワードの特徴は直接購買に結びつきやすいキーワードです。
商標は商品などの実名になります。
その商品が気になっていたり欲しいと思って検索している読者がたくさんいますね。
この商標を入れて検索している読者に別の商標の情報を掲載しても興味はあまり持ってくれません。

収益キーワードは商品というよりもパソコンや車など少し大きな範囲となりますが興味があったり欲しいと感じている読者が検索を行います。このときには比較的「やらないもの」「必要ないもの」から案内をしていくのも効果的です。
「A」よりも「B」という形で案内をしていくと意外と伝わりやすい文章にもなります。

集客キーワードは、興味がある。どんなものか知りたい。というケースが多くあります。
この場合は最終的に問題解決につながるのかを説明しましょう。

読者が検索をするときに、その後にどうしたいか行動を予測することがキーワード選びでは大切です。
この選び方を間違えてしまうと、せっかく読者が訪れてくれても読者が希望したものと違う内容を提供してしまいます。

これだけで読者の意図にあった記事や情報をキーワードと合わせて届けることができるようになりますよ。

検索数は読者の悩みと比例する。

ブログ初心者は検索数の多いキーワードを選びがちですが、少ない検索数でも読者の悩みを解決しながら質を高めるキーワード選びを行いましょう。

手順としては、

  1. 「ブログ キーワード おすすめ」など3つ以上の単語で絞り込まれたキーワードから始める。
  2. 「ブロク キーワード」など2つの単語でキーワードを絞る
  3. 「ブログ」など1つの単語でキーワードを絞る。

の順番で進めて行きましょう。

「ブログ キーワード おすすめ」など3つ以上のキーワードは、スモールキーワードやロングテールキーワードと呼ばれます。絞り込まれているため、検索数自体は少なくなりますが、ターゲットを絞っているため上位表示がしやすくなるという特徴があります。

「ブログ キーワード」など2つの単語のキーワードはミドルキーワードと呼ばれます。
範囲が広くなっているため検索数は多くなりますが難易度は上がります。

「ブログ」などの1つの単語のキーワードや商品名自体のキーワードはビッグキーワードと呼ばれ、難易度は個人では難しいレベルになってしまいます。

検索数を増やしていく方法のヒントは

  • 境遇が似た読者をターゲットにスモールキーワードから始めて共感を得る。
  • 共感を得てから少しお検索数が多いミドルキーワードでも信頼を得る。
  • 最後にビッグキーワード

の流れになります。

検索数は悩んでいる読者の数と同じです。同じ悩みを抱えている読者がたくさんいれば検索数は増えます。
読者のことを考えて記事や情報を書いていえば、自然と検索数は増えるということですよ。

ビックキーワードはライバルが多いため難易度も高くなります。
スモールキーワードでたくさんの記事を書いたほうが信頼や共感を得られやすいかもしれませんよ。

無料で使えるキーワードの検索数を調べるツールを紹介

キーワードの検索数は、GoogleのキーワードプランナーやUberサジェストで調べることもできます。
GRCなどの検索順位チェックツールでも調べることができるので、どのくらいの検索数か知っているだけで自分の順位だけでなく
記事を書く時間やリライトにかける時間の目安にもなりますよ。

誰でも、検索数の多い記事の順位は下げたくありませんよね。

まとめ

ブログ初心者がキーワードを選ぶとき、検索数よりも読者の検索意図を考えよう。

読者の悩みの数が検索数にもつながります。
検索数が多ければ難易度もあがりライバルも多くなります。
ブログ初心者は「ブログ キーワード 選び方」など絞り込みを行ったスモールキーワード(ロングテールキーワード)で読者の信頼と共感を集めよう。

信頼と共感を集めてから検索ボリュームのあるキーワードへ繋げていきましょう。

ブログ初心者はキーワードを選ぶときに漠然と読者の悩みを解決しようと選んでいるかもしれませんが、読者が検索をしている意図まで踏み込んでキーワードを考えよう。

ポイントは、

  • 読者の問題を解決するよりも問題自体を見極める
  • 記事の質を上げるよりも、本質を見抜く質をあげる。
  • やることを削る
  • 検索数やアクセスよりも本質の答えを出せるかにこだわる

これを考えるだけで大きく結果は変わります。

読者への提案のしかたは

  • やらない方がいいことを伝える。
  • 「A」よりも「B」と比較をしながら伝える。

この方法が効果的です。

どれが効果があるのかは、読者のタイプによっても違います。
感じ方によっても違いが出てきます。

それでも明確にやらない方がいいことや、こちらよりもこっちのほうがいいと理由を添えて伝えるほうが圧倒的に理解もしやすくなります。

読者の本質的な悩みや問題点を見抜くことができるようになると時代の変化に対応したリライトを行うこともできるようになります。

読者の問題自体を見極めるために

  • 商標キーワード
  • 収益キーワード
  • 集客キーワード

この3つを知りましょう。

商標キーワードで検索をしている読者は、その商品自体が気になっている読者です。
収益キーワードで検索をしている読者は、何がおすすめなのかな?どれがいいのかな?と良ければ実際に試して購入したいなど積極的な読者です。
集客キーワードは、まずはどんなものか知りたいな。という読者が多数見えられます。

キーワードによって読者が望んでいるものや行動に違いが出ます。
なるべく次の行動を予測して記事を書いて上げたほうが親切ですね。

読者の悩みを解決するために共感と信頼を得られるサイトを作りましょう。
結果は、検索数にも繋がりますよ。

タイトルとURLをコピーしました