楽天モバイル 対応機種から すべて解説!

楽天モバイル、今なら1年間無料!解約も自由です。
各社が新料金プランを発表しておりますが、乗り換えまでは楽天で待ちましょう!

無料登録の開設はこちらです。

新卒でも安心!医療保険不要論!結論、最低限に抑えることが大切です。

仕事・情報

新卒でも安心!医療保険不要論!結論、最低限に抑えることが大切です。

医療保険などの生命保険は、実際に入院をするまでは保険の大切さは実感出来ないものです。

現在、世界では様々な感染症が増えているため、突如ウイルスの感染で入院ということもあります。

この様なときには、治療費や入院費用、さらには仕事が出来なくなって収入が減少するために生活に困るということもありますね。

この様な不測の事態に備えることが保険へ加入する意味合いになります。

では、

実際に

  • 医療保険への加入は必要なのか。
  • 入るならどの様な保険?

この2つについて、一つの指標を紹介します。

 

医療保険は必要がないと思われているひとも多く見えられますが、実際にはどうでしょう。

そして、

 

家族からも勧められているので、医療保険に入ろうと思っても、どの様な保険に入っていいのかわからない。

という事もあります。

少し知識を高めるだけで、簡単に答えは出ますよ。

中には、現在医療保険に入っているが、払いすぎというひとも見えられるため、保険に見直しにも役立ててください。

医療保険への加入は必要なのか?

医療保険というのは、入院などをした時に、入金の一部を負担してくれる制度です。
結論から言うと、この医療保険には加入した方がよいですね。

その前に、

保険の考えとしては、あくまで保険です。

十分な貯金があって、治療費や医療費が自分で支払っても全く問題ない状態であれば、保険に加入する必要はありません。

しかし、この様なひとは珍しいと思います。

保険は、あくまで保険ですよ。最小限に留めましょう。

保険料を最小限に留めるためには、国の制度を知って置くことも必要です。

保険への加入目安は、会社員と事業者でも少し違いますよ。

日本で働くひとの殆どは会社員となります。
会社員のかたは、社会保険へ加入しておりますね。
しかも有給もあります。

この社会保険に加入していると、入院した場合に傷病手当が給料の6割で負担されます。

要するに、医療保険に入っていないかもしれませんが、実際には任意の医療保険に加入していないものの、会社の社会保険は、医療保険と同じように見ることが出来ます。社会保険から6割ほどは補填されるため、残りを任意の医療保険で補填するという考えでも今の生活水準を守れる可能性は高いのですよ。

あとは有給を使えば、給料補填は十分可能です。

ここで、

 

医療費が高額になったらどうしよう?

と感じるかたも多いと思います。

社会保険や国民健康保険に加入しているかたであれば

高額医療費制度と医療費控除があります。

高額医療制度とは、月の医療費が一定額を超えた場合に負担が変わる制度です。
医療費控除というのは、年間で10万円を超えた場合などに、所得税の減税を受けれる制度ですね。

この様な形で制度として整っているものも考えて保険には加入しましょう。

入った方が良い保険。高額負担を抑えた保険の入り方

医療保険に入った方が良い理由は理解出来たと思いますが、

実際に保険に入ろうとしても、どれに入ったらいいんだろう?

と思われている方も少なくありません。
むしろ、誰でも保険は何かあった時に入った方がいいと思っていても、
どれに入っていいのか解らないので、結局入っていないという事も多くあります。

医療保険と同時に考えるのは、

三大疾病と所得補償、さらに介護補償も考えましょう。

補償での金額面では少し劣りますが、共済保険は負担が少ないのが特徴です。

若い時や結婚をしていない方は、死亡保険に加入しても受け取りは両親になってしまいます。

両親が受取人になるよりは、少額でも医療保険に入る方が良いと考えるかたも
少なくはありません。

若いと病気自体もなりにくいため、共済保険と一般の任意保険で医療保険に入っているとい方も見えられます。

これも賢い使い方ですね。

共済保険の公式サイトは こちら

まとめ

医療保険に加入することは不要と、医療保険不要論が言われることもありますが、

実際には高額な医療保険には加入する必要はあまりないというのが現状です。

現在、国の制度や通常の社会保険に加入しているひとには

  • 高額医療制度
  • 傷病手当金
  • 医療費控除

この様な制度も整っています。

高額医療制度とは、収入に応じて月間で支払った医療費が一定基準を超えた場合は負担してくれるという制度です。

傷病手当金は、入金などをして働けなくなった場合に給料の2/3を受け取れる制度ですね。

医療費控除は年間での医療費が10万円を超えた場合に所得税が減税される制度です。

この制度を活用することができれば、民間で加入する任意の医療費控除は、少なくて済みますよ。

共済保険は、金額面での負担も少ないため、若い時にはもしもの時のために入って置きましょう。

共済保険の公式サイトは こちら

タイトルとURLをコピーしました