超科学的に転職を行う

人生のチャンスを掴み取ろう!

転職エージェントDODAはこちら▶▶▶

フレアネットワークの注目が高まっております!詳細を解説!

仮想通貨

フレアネットワークの注目が高まっております!詳細を解説!

リップル(XRP)保有者を対象に、12月12日にフレアネットワークのSparkトークンが付与されるという話題から注目が高まっております。

日本でもGMOコインが先駆けてリップル(XRP)保有者に対してのSparkトークン対応方針を発表しました。

12月12日にスナップショット、オプトイン(希望者確認)を行うとのことです。

今後、日本での取引所でも発表される事が予想されますね。
既に、国内12社とオブザーバー1社は顧客保護の視点から進めているそうです。

では、実際にフレアネットワークとはどういうものなのでしょうか。

  • フレアネットワークとはどういうもの?
  • Sparkトークンの配布方法と配布量
  • Sparkトークンは何に使うのか?

この3つは抑えておきたいですね。

簡単に言ってしまうと、イーサリアムとイーサの関係と同じ様なものですね。

イーサリアムを詳しくしりたい方はこちら

フレアネットワークとは?

フレアネットワークとは、スマートコントラスト機能を搭載したプラットフォームです。
スマートコントラストは、仮想通貨のイーサリアム同様に自分でプログラミングも行えるプラットフォームです。

フレアネットワーク内で自由にアプリを使ったり、作ったりという事ができるシステムの事ですね。

イーサリアムとの相互性もあるようなので、そのままコピーして作成することも可能とのことですよ。イーサリアムは運用の手数料も高いので、安く同じ様な機能が使える様であれば、普及も速いかもしれませんね。

Sparkトークンの配布方法

Sparkトークンの配布方法は、
リップル(XRP)の保有者に対して、オフトイン方式(希望する人)に配布されます。

どの位の量が配られるのかというと
Sparkトークン全体の配布量は1,000億Sparkでリップル(XRP)と同等となります。

それでも、希望しないひとや参加しない取引所もあるため、+αでの受け取りも期待が出来ますね。

受け取れるSparkは、
保有リップル ÷ (全てのリップル − リップル社や関連企業が保有する量 − 参加しない取引所のリップル)✕450億

この様な式で表す事が出来ます。

付与の時期は、最初は15%で徐々に配布されることになります。

Sparkトークンは何に使うのか?

Sparkトークンは、フレアネットワーク内で利用する時に使います。
使用方法は、Sparkトークンの保持者はそのまま利用料を支払う事で使えますね。

では、

Sparkトークンを持っていない人はどの様にしたら良いのでしょうか。

一度、Sparkトークンの保持者から購入した後にネットワークを利用するという形になります。

この時に、Sparkトークンの価格次第では、普及にも大きく影響しそうです。
あまりにも高すぎると、購入してまで運用という訳にはいかなくなりますね。
この場合には、暗号通貨としての価値の方が高くなりそうです。

まとめ

Sparkトークンとフレアネットワークについて説明しました。
流れを見てみると、現在の暗号通貨ではたくさんの通貨が出来ておりますが、必ずしも存在している訳ではありません。中には、無くなっている暗号通貨もたくさんあります。

普及したネットワークから暗号通貨が出来てくる流れは、LINEPayや楽天Payなどと同様に、どこも同じ様ですね。

FacebookのLIBRAも2121年1月に遂に登場するのではないかとニュースで出ております。

仮想通貨の世界もどんどん進んで来ておりますね。

その中でも最も現在注目されているのが、このフレアネットワークのSparkトークンとリップル(XRP)の話題です。
ビットコインの価格高騰変動と共に、こちらの話題も付きません。

タイトルとURLをコピーしました