ブログは記事量産?それとも質で勝負?

blog
この記事は約4分で読めます。

ブログは記事量産?それとも質で勝負?

これからブログを始めようと考えているかたで、

  • ブログ記事は沢山書いたほうがいいの?
  • ブログ記事は質を高めたほうがいいの?

この2つはどちらが本当なんだろうと考えているかたは沢山見えられます。

さらには毎日記事を更新することも必要なのかな?
大変だなとブログを始めるときに誰もが考えることですが、

 

結論、
質の高い記事を沢山書く。これが正解です。

 

それは難しいのではないですか?と感じると思いますが、難しいんです。

 

あなたは量を熟さずに質を高める事が出来ますか?
質の高いブログを提供するためには何が大切でしょうか。

とは言ってもはじめから出来るひとは、ほとんどいません。

記事を沢山書く理由は記事を書くことになれること、少しづつでも記事の質を高めていくことです。

はじめから低品質の記事を書くよりは、質の高い記事を心がけながら量を増やして行く。
これが最も有効な方法だと思いますよ。

そして何度も記事をリライトして、不足している内容や最新の状態に保てるようにしましょう。

記事量産型のブログ記事

記事量産型のブログ記事は、毎日必ず記事を配信すると言う事を心掛けて下さい。
大切な事は、必ず毎日配信すると言う事です。

 

毎日記事を配信する事によって、

 

  1. 継続する事で習慣になる。
  2. 毎日配信するため、世の中の動きに敏感になる。
  3. 反応のある記事とそうでない記事がわかる

この3つは、質を求めた記事と大きな違いです。

特に自分の中で継続する事によって自信になります。形式だけかもしれませんが、毎日配信していると、世の中の動きについても敏感になります。必然的に文章力も身に付き、数分で1記事位は書ける様になります。そこからリライティングで更新する事も出来れば、反応を見た中で更新するべきかどうかを考える事も十分に可能です。反応がない。読んで頂けないと心が折れるかもしれませんが、ここも考え方次第です。その中には数億と言うサイトが存在します。その中で、自分のサイトを選んでくれら方へ恥ずかしい記事ではないかと考えれば、必然的に記事の質が上がって行くと考えるのが普通ですね。その後の、経過についても更に新しい内容はないかと調べる様にもなります。ここは、非常に重要な要素だと思いますよ。

量産型のブログでも、記事内容はPREP法を使って書こう!

ブログ初心者の記事の書き方!結論から書くPREP法を使おう!アクセスも増えやすいです。 はこちら▶▶▶

質で勝負する方

記事の質は、現在googleで求められているのも質ですね。

しかし、最初から質の高い記事を提供できる方と言うのは、ほんの一部だと思います。
確かに、質の高い記事でユーザーの興味を引く事は大切だと思いますが、質の高い記事を提供するためには時間と労力が掛かります。簡単な記事を提供しろと言う訳ではありませんが、質の高い記事を提供する様に考えたばかりに、結果的に事実との裏付けを取る段階で心が折れてしまう方も見えられます。本質で言うのであれば、相性の問題もあります。
例え良い記事を提供しようと思っても、練習方法で王貞治氏が練習で取り入れた方法と、落合氏が取り入れた方法で差があるのと同時に個性は否定出来ません。自分なりの方法を見つけ出したり、ユーザーへの訴求力を持たせるには実績と言うものは必要となってきます。自分がどれだけ質が高いと感じても、実際に質が高いかどうかは解らないと言う事ですね。

\ 記事の質を高めるためにはユーザーファーストが一歩目! /

ブログ初心者が陥りやすい罠!ユーザーファーストが基本中の基本です。 はこちら▶▶▶

まとめ

『記事量産型のブログ』と『量よりも質と考えるブログ』はどちらが正解かと言うよりは、

はじめから質の高い記事を沢山書きましょう!

というのが最も正解に近いです。

質の高い記事というのはユーザーファーストの記事です。要する荷ユーザーの悩みや疑問を解決できる記事のことですね。

知っていることを教えるのがティーチングです。
相手と共に考えながら提案をしたりこんな方法もありますよと導くのがコーティングですが、どちらかというとコーティングに近いかたちですね。

そして記事内容はPREP法を使って

  • 結論(主張)
  • 理由(根拠)
  • 具体例

この順番で書きましょう。記事も見やすくなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました