OpenSeaの購入から売却、さらにはNFTの作成方法まで解説!

OpenSea 暗号資産(仮想通貨)
この記事は約12分で読めます。

OpenSeaの購入から売却、さらにはNFTの作成方法まで解説!

NFTという言葉をよく耳にするようになりました。

有名人でも関口メンディーさんなども注目しているようですね。

では、NFTとは一体どんなものなのでしょうか。

NFTとは、Non-Fungible Token(ノンファンジブル・トークン)の頭文字をとってNFTと呼ばれます。

NFTがどのようなものか簡単に説すると、NFTとは非代替性トークンのことで唯一無二の存在で代替不可能な資産になります。

  • この非代替性トークン?
  • 唯一無二の存在?

ここはわかりにくいかもしれませんが、

例えば、
野球の記念ボールや記念バットで考えるとわかりやすいと思いますよ。

野球のボールやバットは同じ形のものは沢山あると思います。

同じ形のバットでも王貞治氏がホームランの新記録を打ち出したときに使用したバットであれば、大きな価値が付きますね。

このバットはホームランを打つ前は同じ形のバットと価値は同じですが、
記録を作った瞬間に代替がきかない価値がついてきます。

ただ全てのひとにとって価値があるのかはわかりません。
好きなひとにとっては価値が高いかもしれませんが、興味がないひとにはあまり価値とも感じてくれませんね。

NFTもこれと同じようなイメージで捉えてもらえればわかりやすいと思います。
NFTは、ブロックチェーン上で今までコピーなどが簡単にできていたデジタル資産に価値をつけることができるようになりました。

最近では、著名人の間でも、NFTを使ってご自身の作品を出品しています。

お笑い芸人キングコングの西野亮廣氏はアーティストとしても活躍しています。
自作絵本「みにくいマルコ」の画像3点を2021年7月に出品し、3点まとめておよそ400万円で落札されました。

VRアーティストとしてせきぐちあいみさんは、いくつかの作品をNFTとしてOpenSeaで出品しています。
「Alternate dimension 幻想絢爛」は約1,300万円で落札されていますよ。

村上隆氏は映画監督、現代美術家として活躍しています。
「Murakami.Flowers」という昔ながらのドット絵で描かれた作品を出品しましたが、準備不足を理由に出品を中止してしまいましたね。

NFTが人気がでている理由の一つに、その特徴を理解しましょう。

NFTの特徴とTwitterも注目しています。

NFTの特徴は、デジタル資産を唯一無二の存在にできることです。
またブロックチェーン技術を使うことでプログラムを埋め込むこともできます。

デジタル資産は今までコピペなども行いやすかったため、どれが本来のデータかわかりませんでしたが、NFTの登場によって証明することができるようになりました。

これは一つの大きな進歩です。

またブロックチェーン技術を使ってプログラムを埋め込むとは、ブロックチェーン技術をあまり知らない方へは馴染みがないかもしれませんが、ブロックチェーンは暗号化されたプログラムと同様です。ビットコインは暗号資産で1番最初にできた仮想通貨ですが、暗号のプログラムだけで成り立っています。

暗号化されたプログラムにスマートコントラストと呼ばれる契約の内容を暗号資産の中に折り込むことで、条件が成立したときに契約を発動するさせるようにする。
これがイーサリアムの特徴にもなりますね。

イーサリアムは金融サービスによく使われます。

Aでという通貨とBという通貨を預けると利息がもらえる。
というシステムを同時にプログラムすると、条件によって利息を受取ることが出来ます。

この仕組をNFTに活用して、今までは本などの出版では一度販売をしても中古流通をした場合には大きな金額で取引をされても著作者にはなんの利益も得られませんでした。

NFTは価値が上がって高額で取引をされた場合には、著作者へも金額の数%が付与されます。
ここは、OpenSeaの場合は、最大で10%の還元を受けることができます。

この仕組によって、今までよりも著作者の権限が守られるというのが大きな特徴ですね。
これは非常によい仕組みだと思いますよ。

TwitterでもNFTをテスト運用中です。

Twitterでは、Profile画像のアイコンでNFTを使われるかたが増え始めていますね。
NFTユーザーのために、現在テストモードで開発が進められいます。

内容としては、

 

  • アイコンにイーサリアムのマークが付く。
  • 自分の持っているNFTコレクションを表示できる。

このような特徴があります。メタマスクとつなげることでOpenSeaとの証明を明確にさせるそいうですよ。

メタマスクは、イーサリアムをベースとしてブロックチェーン上の財布みたいなものですね。

このことを考えても、OpenSeaでNFTを購入するためにはメタマスクを利用した方がよさそうですね。

投資としてのNFTは可能か?結論、難しいです。

NFTを投資対象として考えているかたも見えられるかもしれませんが、
結論としては非常に難しいと思います。

NFTで数百円のデータが数百万円になったと聞くこともありますが、ここだけを見ると良い投資のように感じますが実際にはそんなに簡単ではありません。

 

NFTが投資として難しい理由は、為替や暗号資産(仮想通貨)など影響するものが多すぎるという点ですね。

暗号資産(仮想通貨)の投資リスクが高いと言われている理由は、

  • 社債や国内株式は影響が日本円と日本経済が主。
  • 外国株は、日本円の影響と外国通貨による為替と海外の経済状況も影響。
  • FXも外国株同様に国内及び海外が影響。
  • 暗号資産(仮想通貨)は、外国株のリスクとFXのリスクに加え暗号資産のリスクも影響。

さらにNFTはこのすべてのリスクに加えて、デジタルアートとしての価値も影響してしまいます。
ここまでのリスクを追って投資として行うのは、少しリスクとしては高いですね。

それでもNFTを投資に活用しているかたも見えられます。

これは見ていると、かなり高額なNFTを暗号資産の逃げ道に活用をしたり利息の代わりとして有名なNFTを購入して上がるのを待つという方法ですね。
これは運用利回りを考えた場合の投資となるのではないでしょうか。

NFTに興味を持ったかたは、一度安価なものでも構わないので購入してみるのが1番早いと思います。

 

最もポピュラーなNFTマーケットは、OpenSeaですね。

OpenSeaの取扱方法も解説します。

OpenSeaで出来ることは3種類。イメージはメルカリやオークションと同じです。

OpenSeaで出来ることは

  1. NFTを購入する。
  2. NFTを作成する。
  3. NFTを販売する。

この3つが出来ます。

簡単に説明をすると、

 

NFTの購入は、OpenSeaにアクセスを行ってメタマスクへ結び付けることができれば誰でも購入出来ます。

次は、

NFTアートを作成するには、クリエイターのページから画像をダウンロードして、NFTアートに切替える必要がありますね。

自分で作ったNFTを販売や購入するためには

  • 作成したNFTアートに価格と転売されたときに受け取ることができる利回りを設定して販売。
  • NFTアートの購入は、オークション形式と即決価格で購入する。

このようなことは知っておく必要がありますね。
まさにメルカリやヤフオクなどと購入や販売は同じではないでしょうか。

OpenSeaは、イーサリアムを主体としたプラットフォームになるため、Google Chromeを使ってメタマスクで活用すると便利が良さそうですね。
メタマスクとは、イーサリアム(ETH)を主体とした財布(ウォレット)と考えてもらえば問題ありません。

メタマスクの登録方法は、別のブログで見て作成をする事も出来ますが、
GoogleChromeの拡張機能を使えば、手軽に作成できるのでブラウザでGoogle Chromeを使って作成して見ましょう。
OpenSeaの公式ホームページから作成することができますよ。

アプリを使うと、さらに簡単に出来上がります。

ここで暗号資産(仮想通貨)をあまり知らないかたへ説明すると、ビットコインやイーサリアム(ETH)は全く別の通貨です。日本や米国と同様に、その国で使うためには国の通貨を用意しなければなりません。
暗号資産(仮想通貨)の世界でも同じで、すべてが同じプラットフォームで利用できるというわけではありませんね。

でも、韓国などはウォンと日本円の両方使えるよ。という場合もありますが、暗号資産(仮想通貨)の世界でも似たようなことはあります。OpenSeaも、イーサリアム(ETH)が主軸の通貨ですが、Polygon(MATIC)というブロックチェーンの通貨にも対応はしています。初心者のかたは、イーサリアム(ETH)から始めたほうのがわかりやすいと思います。

流れとしては、

  1. 日本の取引所でEthを購入する。
  2. メタマスクに購入したEthを送る。
  3. OpenSeaで好みのNFTを探し購入する。若しくは販売する。

このような流れとなります。

 

OpenSeaを使うためには、イーサリアムの通貨ETHが必要になります。
EHTを購入するためには、日本の場合は日本円が使える日本取引所が最も速い方法ですね。

その他にも、クレジットカードを使えば海外取引所から購入することもできますが、これは少しリスクが高くなってしまいます。この方法よりも、日本取引所で購入したほうのが安く変える結果にもなりますよ。

日本の暗号資産(仮想通貨)取引所の作り方

日本の暗号資産(仮想通貨)取引所は

  • ビットフライヤー
  • コインチェック
  • ビットバンク
  • GMOコイン
  • DMMビットコイン

などがあります。

詳しくはこちらの記事で紹介をしておりますが、その日の内にできるのはGMOコインですね。
その他の取引所も証明書とスマホひとつで手続き次第は10分ほどで完了します。

登録完了から2・3日で認証も済んで使えるようになりますよ。

取引所への登録が出来たら、実際にETHを購入して見ましょう。
購入は販売所と取引所がありますが、手数料の安い取引所での購入をおすすめします。

日本の取引所で購入が済んだら、メタマスクへ送金するだけでOpenSeaで実際にNFTアートを購入したり販売したりできるようになります。

暗号通貨取引の始め方!お勧めの日本取引所を手数料・使いやすさで紹介!

メタマスクの作り方

メタマスクは、OpenSeaの公式ホームページからもスマホからも作ることが可能です。

iPhoneでの方法は

①トップ画面から、「作成」をタップ!

トップ画面1

②サインインで、ウォレットを作成します。

ログイン2

③キツネのマークのウォレットがメタマスクです。
ウォレットはメタマスクを選びましょう!
TwitterなどでNFT画像を購入したあとの証明にも便利です。暗号資産(仮想通貨)を扱ったひとであれば、意外と沢山のウォレットが対応していることがわかりますね。

メタマスク

メタマスク

メタマスク

メタマスク

メタマスク

④メタマスクをタップするとアプリが連動して立ち上がります。
そのまま、アプリをダウンロードしてメタマスクを設定します。

メタマスクアプリ

⑤開始をタップして、メタマスクの設定開始です。

メタマスク設定

⑥新しいウォレットの作成で設定の開始です。

メタマスク

⑦設定は3段階
・パスワードの設定。
・シークレットリカバリー(秘密鍵)の設定
・シークレットリカバリーの確認
この3段階ができれば、接続できます。
文にすると長いですが、実際には流れに沿ってタップをしていく
だけなので、直ぐに終わりますよ。一度でもウォレットを作ったことがある方であれば3分から5分。
全く始めてでも10分くらいではできますね。

⑧パスワードの設定が終わったら、ウォレット保護の開始をタップ。
次のパスワード確認まで進みましょう。
パスワードは、設定したパスワードですよ。

 

⑨パスワードの設定と確認が終わったら、次はシークレットリカバリリーフレーズ(秘密鍵)の確認です。
この秘密鍵は、単語が12個並べられています。
この単語を順番通りに並べると承認できるというシステムになっています。
この並べられている文字は、必ず控えをメモ書きで書き留めておいてください。
もし万が一パソコンやスマホが破損しても、この秘密鍵があれば復旧させることができます。
無くしてしまうと、もし高額なNFTた暗号資産(仮想通貨)が入っていても、二度と取り戻すことはできません。

秘密鍵

⑩秘密鍵は、下のように1から12番までの単語の並びです。
必ずメモなどに書き写しましょう。

⑪ここでは、書き留めておいた秘密鍵の単語を下の文字から選んで当てはめるて確認する画面です。
間違いなく並べ替えることができれば、メタマスクのウォレット自体は完成します。万が一、ここで秘密鍵を間違って書いてしまっても、戻ったりパスワードを新しく設定して
作り変えることもできます。暗号資産を購入する前に、必ず確認を行いましょう。

 

ここまでこれば、晴れてメタマスクもOpenSeaと接続が出来ます。
接続ができれば、NFTを購入したりすることも可能ですね。

OpenSeaの購入方法

OpenSeaでNFTを購入するためには、即決での価格とオークション形式の2種類があります。
注意する点としては、gas代と呼ばれる手数料ですね。

オークション形式の場合は、落札できなくても手数料はかかってしまいます。
折角オークションに参加しても、手数料だけ支払って落札できなかったということも考えられるので、ウォレットの中にはある程度のETHは用意しておきましょう。

NFTの作成は意外と簡単です。

NFTの作成じたいは「Creator」という項目から画像をドラッグで読み込ませて簡単に作成する事自体は出来ます。

まずはアルバムにいくつかのNFTを作成してkた販売する方がよいでしょう。

またそのときにはProfileをしっかりと作っておいたほうがいいですね。
誰かわからない状態とりは、相手を知ってから購入したいものです。

Profileをしっかりと作り込みましょう。

OpenSeaのログイン画面はこちら

タイトルとURLをコピーしました