【稼ぐブログ記事の書き方】見やすい文章を書くコツとテンプレートを紹介

稼ぐ文章の書き方,高校生 ブログ運営,ブログ 書き方 初心者記事の書き方
この記事は約14分で読めます。
普段、何気なくみているスマホなどの、見やすい投稿に書く法則があるのをご存知ですか?
インターネット広告や誰かがあげた面白い投稿、テレビや教科書でつい笑ってしまったり、気がついたら見いってしあうような文章には法則があります。

甘えんぼう
甘えんぼう
  • SNSでおもしろい投稿をしたい。
  • 好きな異性や誰かの関心を得たい。
  • 将来はネット業界でたくさんの人と知り合いたい。

ネットで稼ぎたいけど、稼げる記事の書き方も教えて!

と考えているあなた。読者の悩みが解決できるわかりやすい文章を書くコツを身につけましょう。

読者の悩みが解決できるわかりやすい文章が書けると

  • 読んでもらえる記事になる。
  • 記事で稼ぐことができるようになる。
  • 将来は自宅がオフィスになる可能性も?

この記事では見やすい文章を書くコツや将来はネットやSNSの世界を目指したい読者がどうやったら
わかりやすい文章がかけるのかを紹介しています。

ブログなどサイトを運営している読者で

  • アクセスが伸びない。
  • アクセスはあるけど収益につながらない。

場合にも参考になる方法も紹介しています。

【稼ぐブログ記事の書き方】見やすい文章を書くコツとテンプレートを紹介

ブログや文章で稼ぐためには、読者の悩みや問題を解決して実際に行動へ移してくれると稼ぐことができるようになります。
このことを一般的に質の高い記事を書くとも言いかえることもできます。

読者が悩みを解決できる質の高い記事の判断基準は、

  • 記事を読んで貰える。
  • 他の記事に再検索は行わない。
  • 商品を購入する。

このような行動するのが悩みを解決して満足している一つの判断基準です。
それでは、

読者が満足していない場合にする行動はどうなんでしょう?

  • 読まずに他のサイトへ何が書いてあるのか見に行ってしまう。
  • 別のワードで調べて他へ行ってしまう。
  • 読んでみたけど何もなし。

あなた自身も経験があるのではないでしょうか。

読者が悩みを解決できる質の高い記事を書くことは、読者が悩みを解決したときにする行動と解決しなかった時の行動を考えると導くことができます。

稼ぐブログ記事を書くためには

  1. 読者目線で記事を書く事
  2. 伝えたいことを明確にする。
  3. 誰のどんな悩みを解決するのか決める。
  4. ニーズを捉えたキーワードを選ぶ
  5. 記事の構成を決める。
  6. 文章のテンプレートで記事を書く
  7. 文章を書くコツと注意点
  8. 本文パートの紹介「導入文(リード文)・本文・まとめ」
  9. 完成したら時間を置いて音読
  10. 文章で稼ぐ種類。

が必要になります。

言葉で説明すると、

  • わかりやすい文章(文章の型)で
  • 読者が悩んだり検索している理由を知り
  • 悩みが解決する記事で検索順位の上位表示を取る。
  • さらに、隠れている悩みや+αのアドバイスで別のサイトへ移動するのを防ぐ。

これができると読者の悩みを解決できる記事が書けるようになります。

稼ぐためには読者の悩みが解決できる質の高い記事に稼げるジャンルを付け加えると稼げるようになります。

偶然記事を書いたら稼げてしまったということもあるかもしれませんが、偶然では同じ成果がでる記事を書けませんね。

ブログや文章で稼ぐためには同じことが繰り返しできる再現性が必要です。
何度も時代に合わせて書き直したり、内容を付け加えたりすると稼ぐブログ記事に近づいていきます。

専門的な言葉だと

ブログで稼ぐためには、

  • 稼げるジャンルやコンテンツ(記事)で(マネタイズ)
  • SXO(再検索)を意識して競合サイト分析
  • SEO対策(最適なキーワード)で読者とGoogleに意識した
  • 型にハマった(時に型破りな)わかりやすい文章

で上位表示をできれば稼げます。

【高校生でもできるわかりやすい文章の書き方】結論からわかりやすい言葉で伝えよう。

文章は誰でも知っている簡単な表現で結論から先に書きましょう。

インターネット上にはたくさんの情報があります。
何が書いてあるかわからないと読者は別のサイトへ移動してしまいます。

読者に何が書いてあるのかを明確に伝えるために

  • ブログの書き方では結論から先に明確に伝える。
  • 言葉も中学生にも伝わるように専門的な言葉は使わず簡単な表現を使う。
  • 記事は「導入文(リード文)」「本文」「まとめ」の順で書く

結論から先に伝える理由は、記事で一番読んでもらえる可能性が高い場所に答えを用意しよう。
結論がないと「結局どうなるんだろう?」と不安になってしまいますね。

読者は悩みが解決するか不安に感じると

  • 飛ばし読み。
  • 他のサイトへ再検索

となりますよ。
一つ一つ理解をしながら次の文章へつなげましょう。

言葉の表現は専門用語は使わずにわかりやすい言葉を使いましょう。
中学生でもわかる表現と例えましたが一般的に会話で使うような言葉で問題ありません。

全体的な記事の作りは「導入文(リード文)・本文・まとめ」の順で書くと読まれやすい記事になります。
導入文(リード文)はどんな記事が書かれていてどんな悩みが解決するのか先に結論を伝える場所です。

本文も見出しに結論を入れて書くことも心がけましょう。
飛ばし読み対策にもなります。
これだけで見やすい記事になりますよ。

大切なところなので詳しく下で紹介します。

検索窓のキーワードから誰のどんな悩みを解決するのかと決める方法!

読者はわからないことを調べるためにGoogleの検索窓へ調べたいワードを入力します。
読者が入れたワードに悩みが隠れています。

どんな悩みを抱えているか調べる方法は

  • Googleの検索窓にワードを入れる。
  • 出てきたワードで更に検索して絞り込み

この読者が入れるワードがキーワードです。
読者の悩みを解決するためにはどんなことで悩んでいるかを知ることが第一歩ですよ。

【例】
最近では電気代が高くなっています。キーワードに「電気代」と入力すると

「電気代高騰」「電気代補助」「電気代値上げ」・・・「電気代節約」「電気代平均」などの言葉が一緒に出てきます。ここには実際に調べられているワードが表示されます。

電気代

ここでさらに「電気代 節約」と絞り込みを行うと

「電気代節約」「電気代 節約方法」「電気代 節約 暖房」「電気代 節約 一人暮らし」
のワードが出てきますね。

電気代 節約

読者は電気代の節約方法や一人暮らしでの節約方法だったり、暖房での節約方法が知りたいのかと予測することができます。
この悩みや問題を解決する答えを記事に書くと読者の満足度もあがります。

実際にyahoo知恵袋や教えてgooなどで調べる方法もありますので参考にしてみましょう。

ニーズを捉えたキーワードを選ぶ方法は再検索がポイント!

読者が必要としている情報(ニーズ)は再検索から読み取りましょう。

読者が再検索をおこなって他のサイトを見に行く理由は、

  • 調べたキーワードでは悩みが解決しなかった。
  • 他のことも知りたくなって参考にしたい。
  • 記事自体の質が低くわかりにくい。

この3つが影響しています。

一つのサイトですべてを決めてしまうより他でも同じことを書いているなと調べる読者もたくさんいます。
実際に調べて見たけど自分の悩みとは少し違った。再検索のワードで参考になるものを調べてみよう。

のケースもあります。

読者が再検索を行っているワードはGoogleの拡張機能SEOMinionを使うと便利です。

SEO Minionは、読者が検索している理由を教えてくれる機能です。

「電気 節約」で検索した場合は

電気代 節約 一人暮らし電気代節約グッズ電気代節約ポイント還元電気代 節約 オール電化電気代 節約 契約電気代 節約 コンセント

他の人はこちらも検索

電気代 節約 一人暮らし
電気代節約グッズ
電気代 節約 オール電化
電気代節約ポイント還元
電気代節約方法 冬
電気代 節約 コンセント
電気代 節約 契約
電気代 節約 時間帯

と表示してくれます。

SEO Minion
Googleの「他の人はこんな質問」も表示されるので参考になりますよ。

多くの読者がどんなワードで再検索を行っているのかを知ると事前に記事内容へ入れておくことができます。
読者の悩みが解決する満足度も上がって他のサイトへ行ってしまうことを防ぐこともできます。

競合サイトを参考にして読者の悩みを予測。記事構成を決めよう。

競合サイトを調べると読者がどんなことで悩んでいるか予測できます。

競合サイトを参考にする理由は

  • 検索順位で上位表示されているのが読者の答え。
  • キーワードを参考にできる。
  • どんな内容を書いているか参考になる。
  • 収益につなげている方法がわかる。
  • 文字数はどのくらい必要?

などのメリットがあります。

調べる方法は競合サイトの上位5〜10サイト分の

  • 見出しはどんなキーワードを使っている?
  • 書かれてる内容は?
  • 収益はどうつなげてる?

と調べていくと読者が知りたかったり隠れている悩みに近くなりますよ。

形だけの解決方法ではなく、読者でも気づいていないような隠れている悩みを見つけるのが大切です。

記事の構成は記事を書く前に競合サイトを参考にして決めましょう。

注意点は競合サイトと似すぎてしまうと独自性がなくなってしまいます。

記事の構成段階で読者が再検索を行っているワードや時代に合わせたニーズの違いを入れていくと
自分だけの特徴や記事の広い範囲での網羅性を高まってきます。

文章のテンプレートで記事を書こう!目的に合わせてテンプレートは変更しよう。

文章のテンプレートを使うと型をに見つけるとわかりやすい文章が書けるようになります。
算数や数学に公式があるように文章にも型があります。

最も有名で誰もが使っている文章の型は

  • PREP法(プレップ法)
  • 新PASONAの法則

の2つです。

PREP法(プレップ法)は

  • 結論
  • 理由
  • 具体例や根拠
  • まとめ

の4つにまとめられプレゼンの世界やネットで文章を書くのに良く使われる文章の型です。

新PASONAの法則はセールスライティングで使われる文章の型です。

新PASONAの法則は

  1. 悩みや問題点
  2. 共感や親近感
  3. 解決策
  4. 提案
  5. 問題や悩みが解決できる条件
  6. 行動の後押し

の6つの要素から成り立っています。

Apple創始者スティーブジョブスもプレゼンの時に使っていた文章の型で
iPodのプレゼンテーションでは

  • 私たちの決断は音楽の分野を攻略することです。(結論)
  • なぜ音楽なのか? それは音楽が好きだからです。(理由)
  • 好きなことをするのは最高でしょう。それ以上に音楽は全ての人の生活の一部ですし、常に私たちと共にあります。(根拠)
  • ところが、興味深いことにデジタル音楽市場においてはリーダーがいないのです。(問題点)

と続きます。
※全文はこちら。

引用:Steve Jobs スピーチ【保存版】スティーブ・ジョブズによる、革新の原点「初代iPod」のプレゼン – 「実はポケットにあります」

わたしたちがわかりやすいと感じる文章は

  • 幼いときから使われている親しみのある型
  • 時代に合わせた行動心理学に基づいた型

この2つが大きく影響しています。

難しく考える必要はありません。
スポーツの世界でも基本が大切なように文章も基本を押さえれば簡単にわかりやすい文章を書くことができます。

セールスライティングでは新PASONAの法則を使うと親しまれやすい文章を書くことが出来ます。

文章を書く13のコツと注意点を紹介します。

文章の型を身につけても文章を書くコツと注意点を理解して文章を書かなければ読者に伝えることはできません。

文章を書くコツと注意点は

  1. 箇条書きを使う。
  2. 専門用語は使わない。
  3. 難しい言葉や単語が入れ替える。「ライティング」より「記事の書き方」など。
  4. 同じ接続詞は避ける。「しかも〇〇」「しかも〇〇」など。
  5. 同じ文末は避ける。「〜です。」「〜です。」
  6. 無駄な単語は削除。「無くしても」ではなく「無くても」
  7. 漢字とひらがなのバランスを考える。「事」よりも「こと」
  8. 遠回しな表現を避ける。
  9. 装飾や画像を使う。
  10. 吹き出しや図解を使う。
  11. 数字を使う。
  12. 誤字脱字をチェック
  13. 日にちを置いて音読する。

この13個を確認しておきましょう。

文章を箇条書きで書くと見やすく読んでもらえるポイントもわかりやすくなります。
専門用語や難しい言葉は調べたり読者の手を止めてしまうので注意!
接続詞や文末で同じ言葉が続くと読むリズムが崩れてきます。
本でも気がついたらたくさん読んでしまったという経験があなたにもありませんか?
これはリズムが大きく影響しています。
無くても意味が通じる言葉は消して短く短文で伝える。
新聞よりも絵本のほうが見やすいように装飾や画像、吹き出しを使って説明しよう。
数字でイメージをつけることは大切なテクニックの一つ。
1日あけて読み返し誤字脱字も確認。

見やすい文章を書くために必ず行いましょう。

本文パートは「導入文(リード文)・本文・まとめ」の構成で記事を書く

ブログの記事構成は「導入文(リード文)・本文・まとめ」の構成で書きましょう。
文章の型「PREP法(プレップ法」と同じです

  • 導入文(リード文)ではどんな悩みが解決できるのか結論を書くこと。
  • 本文はPREP法(プレップ法)を使って結論を説明
  • まとめ

の順で書くと見やすい記事が書けます。

導入文(リード文)を書く時に新PASONAの法則を取り入れると共感も得られやすくなります。
本文を書く時にはタイトルに結論を入れると「読み飛ばし対策」に効果的です。

PREP法(プレップ法)を使った記事の書き方はこちらが参考になります。

記事が完成したら時間を開けて読み直してみましょう。

記事が完成したら1日以上時間をあけて読み返してみましょう。

読み直す理由は

  • 誤字脱字の確認
  • 余計な文字がないか。
  • わかりやすい文章か。
  • 伝えたいことが書いてあるか。

などたくさんあります。
一度読み返すだけで気づく点もたくさんありますよ。

文章で収益につなげる種類を紹介。

文章を書いて収益につなげる方法は大きくわけて2種類あります。
今まで書いたことが実践できればどちらの方法も実践可能ですよ。

文章で収益につなげる方法は

  • 自分でサイトを立ち上げてブログを作る。
  • Webライターとして働く。

2つの方法があります。

自分でサイトを作りメリットは不労所得と言われる働かなくても収益を得られるチャンスがあることですね。
デメリットは時間と労力がかかることです。

Webライターのメリットはすぐにでも記事を書いて収益につなげることが可能です。
Webライターにはライターとして会社で勤務する方法と個人で企業から請け負って記事を書く方法もあります。
どちらも文章を書いて収益につなげることが可能ですが、デメリットは自分で記事を書かなければならないので労働するのと同じだということです。

自分でサイトを作って稼ぐのもWebライティングを仕事にするのも読者の悩みを解決することに変わりありませんよ。

まとめ

稼ぐ文章を書くコツは稼げるジャンルで読者の悩みを解決できる質の高い記事を書くことと同じです。

ポイントは

  • わかりやすい文章。
  • 読者の悩みが解決。
  • 稼げるジャンル選び。

この3つがポイントになります。

わかりやすい文章を書くコツと注意点は

  1. 箇条書きを使う。
  2. 専門用語は使わない。
  3. 難しい言葉や単語が入れ替える。「ライティング」より「記事の書き方」など。
  4. 同じ接続詞は避ける。「しかも〇〇」「しかも〇〇」など。
  5. 同じ文末は避ける。「〜です。」「〜です。」
  6. 無駄な単語は削除。「無くしても」ではなく「無くても」
  7. 漢字とひらがなのバランスを考える。「事」よりも「こと」
  8. 遠回しな表現を避ける。
  9. 装飾や画像を使う。
  10. 吹き出しや図解を使う。
  11. 数字を使う。
  12. 誤字脱字をチェック
  13. 日にちを置いて音読する。

使って記事を書きましょう。

読者の悩みを解決するためにはどんなことで悩んでいるのかを知ることが大切です。
読者の悩みを知るために

  • 競合サイトから推測する。
  • 検索窓のキーワードで絞りこむ。
  • 読者が再検索しているキーワードを知る

この方法が効果的です。

再検索を行っているキーワードはGoogleの拡張機能SEO Minionで調べて見ましょう。
本当に読者が悩んでいるキーワードも知ることができます。

サイト構築は記事を書く前に行いましょう。
記事の書き方は文章のテンプレートを使って書くと見やすい記事になります。

文章のテンプレートは最も有名で使いやすい

  • PREP法(プレップ法)
  • 新PASONAの法則

は身に付けよう。

PREP法(プレップ法)は

  • 結論
  • 理由
  • 具体例や根拠
  • まとめ

の4つにまとめられプレゼンの世界やネットで文章を書くのに良く使われる文章の型。

新PASONAの法則は

  1. 悩みや問題点
  2. 共感や親近感
  3. 解決策
  4. 提案
  5. 問題や悩みが解決できる条件
  6. 行動の後押し

の6つの要素から成り立つセールスライティングの型です。

記事本文は

  • 導入文(リード文)
  • 本文
  • まとめ

の順で書くと見やすい記事になります。

文章で稼ぐ方法は企業に就職する方法と自分でブログやメディアを立ち上げる方法があります。
企業に勤めながら自分のメディアを作ることもできますね。

ネットでわかりやすい記事が書けるようになると人生の幅も広がりますよ。

タイトルとURLをコピーしました