読者の満足度を上げる記事の書き方!文章のフレームワークを知ると実現出来ます。

PASONAの法則blog
この記事は約9分で読めます。
  • キャッチーな文章で読者を惹きつけたい!
  • ブログのアクセスを増やしたい!
  • 誰か稼げる記事の書き方を教えて!

とブログで記事を書いているあなたも一度は思ったことはあるのではないでしょうか。

ブログを始めたころは、記事を書いている途中でも何かまとまらないなと結局書いて見直してみると文章が繋がっていないことが沢山ありました。

誰かに伝える方法を一生懸命頑張っても結局は深みにハマってどうしたらいいんだろう。とわたしも良く悩みました。
悩んで前に進みにくくなっているあなたへ、一度文章のフレームワークを身に付けて記事を書いて見ましょう。
文章のフレームワークを使うと読みやすい文章を書けるようになるだけでなく伝えるためのキッカケも知ることができます。

フレームワークでブロック分けをして文章を書くと、あとはプラモデルのように繋げるだけで読みやすい文章にもなります。
書き直すときも修正がしやすいのもメリットの一つですね。

文章はあなたが伝えたいことはもちろんですが、読者が知りたいことをしっかりとイメージ化して伝えることが大切です。
この記事では、読者が知りたいことを確実に伝えることができる文章のフレームワークを紹介します。

最後には、ブログやYouTubeがオワコンと言われている理由も解説しますね。
まずは知って理解が出来たら、実際に記事を書いて見ることから始めましょう。
何度も練習することも大切なことです。

読者の満足度を上げる記事の書き方!文章のフレームワークを知ると実現出来ます。

start

文章のフレームワークは沢山あります。
ライティングのフレームワークではPREP法が有名ですね。

そのほかにも

  • PASONA(パソナ)の法則
  • CREMA(クレマ)の法則
  • AIDMA(アイドマ)の法則
  • AISAS(アイサツ)の法則

などがあります。この4つはセールスライティングに使われるフレームワークです。

それぞれ年代や広告の方法などの時代背景で文章フレームワークも大きく進化をして来ました。

PASONA(パソナ)の法則は、新PASONA(パソナ)の法則に進化しています。

文章のフレームワークでPREP(プレップ)法はあなたも知っているかもしれませんね。

PREP(プレップ)法は文章を書く基本と思って貰えれば問題ありません。
PREP(プレップ)法の特徴は相手に伝わりやすくSNSなどの短い文章でも有効です。
学校やビジネスでのプレゼンにも役立ちますね。

インターネットで商品を販売する場合には、セールスライティングを身につけましょう。
記事を書いたりすることも一つのコンテンツビジネスと考えるとセールスライティングは身につけて損はありませんよ。

むしろインターネットの普及で大きく変わたのは購入までのプロセスですね。
簡単に説明をするとどのように商品を認知して購入まで行うのか一連の行動です。
時代に合わせたセールスライティングができなければ何かを販売することは難しくなります。

最後まで読むと

  • 文章フレームワークの特徴
  • 進化を遂げた時代背景。
  • フレームワークの使い方

を理解することができるようになります。
ブログやランディングページを書く時の記事構成もできるようになるので是非読んで見てください。

文章フレームワークの特徴

情報

文章のフレームワークは、

  1. (新)PASONA(パソナ)の法則
  2. PREP(プレップ)法
  3. CREMA(クレマ)の法則
  4. AIDMA(アイドマ)の法則
  5. AISAS(アイサツ)の法則

があります。

中でも(新)PASONA(パソナ)の法則はマーケティングの要素も入っているため、インターネットビジネスでLP(ランディングページ)の作成や導入文(リード文)でも活用範囲は広いので絶対に誰かに教えることができるレベルまで理解と実践まで行いましょう。

(新)PASONA(パソナ)の法則は、マーケターの神田昌典氏が消費者の購買を施すマーケティング方法の一つです。
特徴は自分や周りの実体験から問題解決を提案することも出来ます。ただ悩みに対する解決方法でなくて、こんな成功事例から得たものを紹介するとこんな悩みも解決されます。とあなたに寄り添うことで逆説的な解決方法のイメージですね

(新)PASONAの法則は、現在セールスライティングで最も多く使われているフレームワークの一つです。
これは何度も練習して書けるようになりましょう。

詳しく説明すると、

▼新PASONAの法則は、

  • 問題(Problem):問題を可視化する
  • 親近感(Affinity):体験談などで寄り添う
  • 解決策(Solution):解決策を掲示
  • 提案(Offer):読者のために提案する
  • 絞込(Narrowingdown):条件を挙げて絞り込む
  • 行動(Action):行動する背中を押す

の6段階で構成されています。

新しく進化する前の

▼従来PASONAの法則

  • 問題(Problem):問題点を可視化する
  • 扇動(Agitation):問題点を煽る
  • 解決策(Solution):解決策を掲示
  • 絞込(Narrowdown):対象客や期間を限定、緊急性を煽る
  • 行動(Action):行動させる

の5段階となります。

 

従来のPASONAとの違いは、

  1. 問題点を煽る→体験談などで寄り添う。
  2. 読者のために提案する。
  3. 行動させる→背中を押す。

この3つが違いになります。

 

変化した理由は単純で時代の流れですね。現在のインターネットビジネスでは情報にあふれています。
その沢山ある情報で記事の信頼性を高めるためには経験談が一番ですね。
経験したことを読者やユーザーに提案することができれば解決にも大きく前進します。

\売れる文章の書き方を詳しく解説!/

売れる文章の法則!新PASONAの法則を使いこなす方法を紹介します。はこちら▶▶▶

そのほかのフレームワークは、

▼PREP(プレップ)法
このフレームワークは、結論を先に述べるため伝わりやすいことが特徴です。伝えやすい文章を書くことができて学校やビジネスにも使えます。SNSなどの短文でも使えるので幅が広い特徴もあります。
PREP法は文章を書くためには一番の基礎になるため、一度はしっかりと練習しましょう。

PREP法は

  1. 結論:Point
  2. 理由:Reason
  3. 具体例:Example
  4. まとめ:Point

の順で書かれている文章です。
それぞれの頭文字を取ってPREP法と呼ばれています。

ブログ初心者の記事の書き方!結論から書くPREP法を使おう!アクセスも増えやすいです。

セールスライティングで基本的な文章を書くフレームワークにCREMA(クレマ)の法則があります。看板などで使う機会も沢山ありますよ。

CREMA(クレマ)の法則は、

  1. 結論(Conclusion)
  2. 理由(Reason)
  3. 証拠(Evidence)
  4. 手段(Method)
  5. 行動(Action)

の5段階から構成されています。
PREP(プレップ)法を扱うことができれば比較的書きやすいセールスライティングのフレームワークです。

AIDMA(アイドマ)の法則は、1920年にアメリカで広告宣伝に対する消費者心理をプロセスに発表されました。

▼AIDMA(アイドマ)の法則

  1. 注意(Attention)
  2. 興味関心(Interest)
  3. 欲求(Desire)
  4. 記憶(Memory)
  5. 行動(Action)

の頭文字を取ったものになります。
AIDMAモデルの特徴は大きく別けて3つ「認知段階」「感情段階」「行動段階」のプロセスに分かれます。
非常に有名なフレームワークですが100年も前に発表されているため、現在でも使えるのかどうかが不安ですね。

比較的新しいフレームワークは2004年に電通よりAISAS(アイサツ)の法則としてネットでの購買行動のプロセスとして発表されております。
特徴としてはインターネット特有の情報サイクルで若年層が行動を起こす大きな起点ともなっておりますね。

▼AISAS(アイサツ)の法則は

  1. 注意(Attention)
  2. 興味(Interest)
  3. 検索(Search)
  4. 行動(Action)
  5. 共有(Share)

の5つの英単語の頭文字から名づけられています。

あるユーザが書き込んだ口コミやレビューが新たなユーザのAttention(注意)を生み出したり、Search(検索)を行ったユーザの情報源になったりと、ユーザどうしでの情報サイクルが生み出されているのが大きな特徴と言えます。例えば、食べログであったり、評価基準に加え、口コミの量も参考にする点が代表例ですよね。Share(共有)されている数で信憑性を判断したりもします。

新PASONAの法則と似ている部分もあるので使い分けることができると記事の幅も広がります。

効果的な訴求方法!AIDMA(アイドマ)とAISAS(アイサス)文章フレームワーク!はこちら▶▶▶

ブログやYouTubeがオワコンと言われる理由。

ブログやYouTubeがオワコン(終わったコンテンツ)と言われる理由は、決して本当の終わったコンテンツかというと決してそうではありません。

  • 簡単に成功できるのが終わっただけで難しくなった。
  • 本来の姿に戻った。

こちらのほうが正解でしょう。
これはどんなプラットホームでも当てはまります。
一番最初に取り組めば誰もやっていないので簡単に成果を出すことができます。
文章でも同じですね。フレームワークを知らずに書いてあるだけ。少し勉強をしてプレップ(プレップ)法で文章が書ければアクセスも上がります。

みんながフレームワークを使いだすと今後は違うレベルの文章フレームワークが必要になってきます。
いろいろなことができるようにならないと成果がでにくくなるだけで、実際には時代の流れとともにインターネットの世界は広がっているのですよ。

まとめ

どうやったら心に響く文章が書けるのだろう。
キャッチーな文章を書きたい。

誰でも一度は感じたことがあると思います。
ブログやインターネットビジネスを始めて

  • アクセスが伸びない。
  • アクセスは増えてきたけど商品が全く売れない。

という時期もありますね。
このようなときには文章のフレームワークで幅を広げて行きましょう。

文章のフレームワークには、

  1. (新)PASONA(パソナ)の法則
  2. PREP(プレップ)法
  3. CREMA(クレマ)の法則
  4. AIDMA(アイドマ)の法則
  5. AISAS(アイサツ)の法則

この5つが有名です。

中でも、(新)PASONA(パソナ)の法則は現在のインターネット時代で最も使われているフレームワークとなるため、記事を書いて必ず使いこなせるレベルになるまで実践しましょう。

AISAS(アイサツ)の法則と併用できると記事の幅も広がります。

よくある記事構成としては、導入文を(新)PASONA(パソナ)の法則で書いて、記事本文をAISAS(アイサツ)の法則に従って書いていくという方法です。
両方の良い所を取って記事を仕上げていくと多くのユーザーにも届きやすくなりますよ。

PREP(プレップ)法は文章を書く基本です。
学校やビジネスのプレゼンでも役にたつので、こちらも出来て損はありませんね。

CREMA(クレマ)の法則とAIDMA(アイドマ)の法則は、少し時代も違うのでインターネット時代の現在では違いを知っておくだけで良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました