実は真面目な人や会社員ほど苦手!?比喩や擬人法で表現を豊かにしよう!

比喩と擬人法記事の書き方
この記事は約4分で読めます。
擬人法や比喩が苦手というひとは多いようですね。
それは、普段の話し言葉ではあまり使わないからではないでしょうか。

  • 比喩や擬人法で表現も豊かになりたいけど、どうすればいいの?
  • 誰か練習方法も教えて!

会話ではあまり使いませんが、比喩や擬人法は文章で書くときに強調できたり便利な文法の一つです。

普段の会話で使うとポエムのような会話にもなってしまいます。
見方によっては、ちょっぴり痛い人のような印象も与えてしまいますね。

それでも普段の会話で使うことができると、

  • リーダー的な存在になりやすい。
  • 自分の発言が注目されやすい。

このようなメリットもあるので使えるだけで魅力も上がりますね。

普段から比喩や擬人法を会話でも使いこなせたら、文章を書くときにも便利だとは思いませんか。

この記事では、

  • 比喩の種類は2種類。直喩と隠喩を紹介
  • 擬人法と表現を豊かにする方法

を紹介しています。

文章や普段の会話でも人知れずに使いこなすこなすことができれば、周りから少し違った知的な印象も持ってもらえますよ。

比喩の種類は2種類。直喩と隠喩を紹介します。

比喩には、人やものなどを何かに例えて説明するときに使います。
例えば、「カレーは飲み物」も比喩ですね。

比喩には、

  • 直喩
  • 隠喩

の2種類があります。

違いについては、同じ意味合いでも直喩と隠喩で書いたときの違いを比較するとわかりやすいと思いますよ。

 

例えば、子供が笑っているときに

直喩:子供がまるで天使の様な笑顔を見せた。
隠喩:子供は天使の笑顔を見せた。

 

と表現するとわかりやすいと思いますね。

直喩では、意味もわかりやすいと思います。
隠喩の場合には、わかりやすいものに例えると伝わりやすくなりますよ。

隠喩の例をもう少しあげると

  • 「会社の決算書は学校の成績表のようなものだ」
  • 「彼女はマーメイドだ」
  • 「そこはパラダイスだった」

などが隠喩の表現で使われます。
なんのことだろうと感じるかもしれませんが、雰囲気は伝わりますね。
さらにマーメイドやパラダイスだと、見たり聞いたひとによって想像力で強調もされます。

この無限に広がる想像の世界を演出できるのが隠喩の特徴です。
直喩よりも隠喩のほうが想像力を働かせるので効果が高いですね。

それでも普段の会話で使うと痛いひとになってしまうかもせれませんよ。

擬人法と表現を豊かにする方法を紹介

擬人法は、人間以外のものを人間に見立てて表現する方法です。

擬人法の代表例は、

  • 花が咲き鶏が鳴く→花は笑い鳥は歌っている。
  • エンジンの調子が悪い→エンジンが悲鳴を上げる。
  • 火山の噴火→火山が怒っている。

などがあります。

もともとの意味合いに加えて、感情や動作などが加わるために情景を思い浮かべやすくなるという特徴もありますよ。
使い方は、書き言葉を話し言葉にする練習を行うと使えるようになります。

例えば、

  • パソコンの調子が悪いときに、「このパソコンは体調不要だね」「気まぐれだね」
  • パソコンがエラーメッセージを出したとき、「パソコンに怒られちゃった」
  • 新しいバックを買ったときに、「このバックは勝ち誇ったようにアピールしていた」

などの言い方があります。
会話の途中でサラッということがポイントになりますよ。

まとめ

比喩は擬人法を使いこなすことができるようになると、

  • 文章を強調することができす。
  • 普段の会話で表現が豊かになる。
  • リーダー的存在にもなりやすい。

このようなメリットがあります。
一方で、普段の会話で使いすぎたりすると痛いひとになってしまう場合もあるので注意しましょう。

比喩には、隠喩と直喩があります。
直喩では「〜のような」「〜のみたいな」と直接的に例える場合に使います。
隠喩は、直喩の「〜のような」などの文字をなくしたものが隠喩です。

例えば、

直喩:彼はイルカのように泳ぐ。
隠喩:彼はイルカだ。

となります。

 

擬人法は、人間以外のものを人間に例えて表現する方法です。
パソコンの調子が悪いときに、「パソコンのご機嫌が悪い」などで使います。

普段の会話で使うときには、会話のキャッチボール中の流れで使うことが流れも自然ユーモアのセンスにもなります。

いきなり夏場暑い場所から部屋へ帰ってきて、あまりエアコンがきいていないときに
「今日はエアコンが体調不良だね」
と言われても、「はぁ〜?」となってしまいます。

「今日は暑いね。」
「そうだね」
「エアコンも頑張っているけど少し気まぐれだね」
と会話調にしたほうが受け入れやすいですよ。

タイトルとURLをコピーしました