WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

節税と脱税の違い!日本から飛び立ち、海外で起業する理由!

仕事・情報

節税と脱税の違い!日本から飛び立ち、海外で起業する理由!

会社を経営していたり、芸能人でも良く脱税の疑惑容疑が噂になったりする事は多くあります。
日本経済は税金社会とも言われる位に多くの税金が発生しております。
実際に、知らない所で多くの税金は支払っているのですが、
現在では、若い世代の方々が海外での起業で多く成功しております。

この海外で成功すると言う事は、税金の問題が大きく影響しております。

同じビジネスを海外でも行えるのであれば、海外で行った方が利益が大きくなると言うのが理由ですね。

この記事を読むと、

  • 力を入れるビジネス。
  • 税金についての基本知識が身に付く。
  • 起業する時の注意点。

が分かります。
是非、参考にして下さい。

オンラインビジネスに集中する事が大切な理由

何か新しくビジネス展開をする時に、飲食店であったり販売店であったりと資金に余裕が出ると店舗展開を行う事業所は多くあります。
個人でも、飲食店の経営に乗り出す事と言うのは少なくありません。

店舗展開で気を付かなければならない点は、無駄なコストが掛かる事と税金です。

店舗展開を実施した場合には、当然ですが店舗を借りるための資金も必要になります。
更に、固定資産税などの税金も多く発生して来ます。

一方でオンラインビジネスの場合は、サーバーなどのネット環境があればどこでも実施する事は可能です。
サーバー代は月に数千円程度で済みます。

当たり前かもしれませんが、準備段階で資金やランニングコストが必要になれば、その分は利益が圧迫される事になります。まずは同じ事を行うにもオンラインビジネスに力を入れる方が超得策になる事を理解しましょう。

現在では、コンサルタントの仕事も殆どがオンラインで解決できます。

ユダヤで一番最初に学ぶ事もオンラインビジネスで生活基盤を作る事です。
まずは、オンラインでのビジネス展開が第一歩です。

事業所を作る時の注意点

オンラインでビジネス展開を行っていても、規模が大きくなると事業所が必要になって来る場合もあります。
これは、フリーランスとして個人で働いている場合にも拠点を置く場合には注意が必要です。

日本の所得税は、最大で45%の所得税が掛かります。更に、所得に対して10%ほどの住民税もかかるため、実質は55%ほどの税金を収める事になりますね。

これは、世界でも2番目に高いと言われております。

法人税は、23.2 %と世界で14位です。これだけでも日本で起業するのと、海外で起業するのでは大きな違いがあることが分かりますね。

その他にも、相続税や贈与税、更には消費税と売上にまで税金が掛かって来てしまう仕組みが日本の税率となっております。

海外で起業する人が増えている理由

現在、税金について一般的な知識がある方は、海外で事業展開をしております。
しかし、税金だけではありません。
物価であったり生活するための資金も低くて済むと言うのも特徴です。

メリットは、

  • 生活費を抑える事ができる。
  • 税金を抑える事ができる。

この2つが大きなメリットです。

生活費については良く解ると思いますが、税金については考え方自体が大きく違います。

日本の税金が高い理由は、二重課税があるかないかです。
これは、日本だけでは無く、二重課税を行っている国は税金が高いです。

二重課税とは、

例えば、売上が1億円あったとします。

売上1億円に消費税10%の税金が掛かるため、手元には9,000万円が残ります。
その9,000万円に、所得税や法人税が掛かって来ます。

更には、それを子供の代に譲ろうとした場合には贈与税や相続税と言った税金も掛かって来ます。

むしろ、税金の何重苦と言う形ですね。

一方で、海外でシンガポールは消費税7%ですが、相続税や贈与税はありません。
香港では、消費税や相続税、贈与税もありませんよ。

この様な形で、何重にも税金の掛かるシステムになっている日本だから税金が高くなっておりますね。
二重課税が無ければ、その分利益として残る結果にもなります。

個人が強くなっている理由

現在、個人が強くなっている理由でもこの背景は少なからず影響しております。
個人が海外に出て、そこで日本での仕事を受けて行う場合には、そのまま海外の税率が適用されます。
個人にとっては、生活費も抑える事が出来て、さらに日本で収める税金よりも少ない税金で済むためメリットとしても非常に大きいですね。

まとめ

日本は、税金国家となっております。
企業も個人も、脱税では無くてしっかりと節税する事で利益を残す事が出来ます。

節税は、合法的な方法です。
節税を行う事によって、残す資金が多くなれば、その分だけ子供や孫、更には消費の面でも地域に貢献する事も可能です。

税金を払わないのでは無くて、無駄な税金を抑える事が大切です。

タイトルとURLをコピーしました