WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

大容量Wi-Fiランキング!2020年10月最新版です

仕事・情報

大容量Wi-Fiランキング!2020年10月最新版です

モバイルWi-Fiサービスは、手軽にインターネット環境も構築出来て非常に便利です。現在は、在宅勤務やテレワークなど、家庭での使用が増えた事で4月からパンク状態となったサービスも多くありますね。
Wi-Fiサービスを展開している全26社の内で、新規受付を開始したサービスは2020年7月時点で12社しかありません。
今から新しく契約をしようとした場合には、この12社から選ぶ必要が出て来ますね。乗り換えでも同じです。

モバイルWi-Fiサービスの停止やパンク状態から、現在では固定の光回線へ契約を変更する方も非常に増えておりますが、その中でも、このサービスであればお勧めできるかなと言うのを紹介します。今は、光回線の方が無難ですが、それでも直ぐに使えると言うのは大きなメリットです。

選ぶ時は、しっかりと見極めて選びましょう

モバイルWi-Fi選びの基準

モバイルWi-Fiサービスを選ぶ時の基準は、

  • 料金
  • データ容量
  • 契約縛り

この3つは一番気になる要素です。
通信速度も重視したいのですが、実際に通信速度は環境に大きく影響されるため、地域によって大きな差が出てしまうというのがモバイルWi-Fiの大きなデメリットの部分でもありますね。

データ容量が大容量、契約年数の縛りなしを選択しましょう。

データ容量に制限があると、好きな動画を連続して見た時に、予想以上に通信速度が遅くなったりストレスが半端ない状態となります。しかし、現在では無制限は殆どありません。
大容量プランを選ぶことが賢明ですね。
また、契約年数縛りは、予想以上に厳しいです。電波は目で見えないため、通信速度が遅かった場合に解約をしたい。別の機器に乗り換えたいと思っても、解約金が発生する事で、結局使い勝手の悪いものを使い続けると言う結果にも繋がります。

モバイルWi-Fiは、メイン回線として活用するには少し問題があるため、家族で利用する戸建てでの設置には不向きです。一人暮らしや移動用に持ち歩く事を前提にしましょう。

大容量のWi-Fiサービス

現在で大容量のサービスを展開している会社は、

  1. クラウドWi-Fi東京
  2. スマホドックWi-Fi
  3. STAR Wi-Fi
  4. SAKURA Wi-Fi
  5. NOZOMI Wi-Fi
  6. HIS モバイル
  7. スマホドックモバイル
  8. KING Wi-Fi
  9. ゼウスWi-Fi(契約縛り有り)
  10. ポケットモバイル・クラウド(契約縛り有り)
  11. めっちゃWi-Fi(契約縛り有り)
  12. THE Wi-Fi(契約縛り有り)

この12社が新規受付も実施しているサービスとなります。
9番から12番は、契約に年数縛りもあるため注意が必要です。

1位 クラウドWi-Fi

月額   :3,380円
データ容量:大容量
契約縛り :無

国内最大級のWi-Fiルータの王者です。通信障害以降、新規も受け付けては止めての繰り返しですが、新しいシステムも導入したそうですね。

2位 スマホドックWi-Fi

月額   :3,480円
データ容量:無制限
契約縛り :無

次世代通信と言われております。価格面では、歴代の価格でも一番ではないでしょうか。最強無制限使い放題Wi-Fiです。

3位 STAR Wi-Fi

月額   :3,480円
データ容量:無制限
契約縛り :無

あまり多くの契約がある訳ではありませんが、その分安定した供給を出来る様にと配慮としても伺えますね。

4位 SAKURA Wi-Fi

月額   :3,680円
データ容量:無制限
契約縛り :無

価格面でも実用的な価格です。ユーザーが少ないため、多くの報告もありませんが安定した供給が出来ている印象です。

5位 NOZOMI Wi-Fi

月額   :4,480円
データ容量:無制限
契約縛り :無

少し料金が高めとなっておりますが、安定した供給となっております。

ちょっとした裏技

ちょっとした裏ワザで、本来は解約時に違約金が発生するシリーズで

  • UQモバイル、UQWIMAX
  • ポケットWi-Fi

がありますが、違約金なしで借りれる方法があります。
DMMさんが色々レンタルを行なっておりますので、こちらで半年契約しにすると意外と費用面でも安くなりますよ。
6ヶ月で更新を忘れると、延滞金が大きく付くため注意が必要です。

まとめ

モバイルWi-Fi自体、6月の時には新規受付を再開していたのが5社、7月時点で12社と少しずつ増えておりますが、下位のサービスでは、口コミでも通信速度の問題も大きく出ております。現在、本当に安心して使えるサービスで考えると上位5社くらいに絞り込んだ方が良さそうですね。

上位5社は

  1. クラウドWi-Fi東京
  2. スマホドックWi-Fi
  3. STAR Wi-Fi
  4. SAKURA Wi-Fi
  5. NOZOMI Wi-Fi

となっております。本当にゲームや動画を楽しみたいと考えているなら、家庭では固定回線を引くことを強くお勧めします。
Wi-Fiの知識が少しある方は、契約の時に2.4GHz帯なのか、5GHz帯なのかを教えて貰えば、少しは緩和になりますよ。現在、多くの回線は2.4GHZ帯を使用しているため、5GHz帯であれば、通信速度も維持されます。
こちらも契約する時には確認して見ましょう。

現在は、家庭での固定回線でも通信速度で問題となっている光回線も多くあります。回線の種類や契約を見直すだけで劇的に環境は変わります。固定回線でもIPV6の回線は、現在では必須条件です。

タイトルとURLをコピーしました