WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

ブログ運営で大切な事!マーケティングとブランディング!

仕事・情報

ブログ運営で大切な事!マーケティングとブランディング!

ブログ運営で大切な事はマーケティングとブランディングです。
ブログ運営に限らずですが、すべてのビジネスでこの2つが重要になります。
副業で何か自分で行うと考えた時には、

    • マーケティング
    • ブランディング


この2つは必ず理解して下さい。
難しく考えるよりは、シンプルに考える事が大切です。

マーケティングとは、自分からアプローチをする事です。
ブランディングとは、相手からアプローチを掛けられる事と同じです。

自分から好きです!と告白する。相手に振り向いて貰うために色々な好みを調べたり、好きなものを用意したりと手を尽くして振り向いて貰おうとするのがマーケティングと同じ意味合いです。

ブランディングは相手から告白されるために、鍛錬を惜しまない事で作り上げられます。相手のかたがあなたに対して持たれているイメージがブランディングです。

では、マーケティングにはどの様なものがあるのでしょうか。

マーケティングを細分化する。

マーケティングを細分化すると

  • 事業計画
  • 商品企画
  • 市場調査
  • 価格設定
  • 営業
  • 広告
  • PR
  • ブランディング
  • 投資管理
  • 改善
  • 顧客管理
  • 分析

この12の項目に分類されます。
ビジネスで考えると、売上を因数分解しているのと同じですね。

マーケティングを知り活用出来る様になると、どの様な分野でも活用出来る様になります。

よく見て考えるとPDCAサイクルと同じですね。表を作成して考えて見ましょう。

マーケティングをPDCAサイクルに落とし込む

マーケティングを因数分解で細分化された要素を表にして見ましょう。
これは、ほんの一例です。

P(計画)
事業計画・商品企画
市場調査・価格設定

DO(行動)
営業・広告
PR・ブランディング
A(改善)
すべて実際の計画値との差を確認
C(確認)
投資管理・顧客管理
分析

この様に考えただけでもイメージとしては湧きやすいですね。

ブログだと、

  • 事業計画は大筋のブログのコンセプトになりますね。
  • 商品開発はブログの内容になります。
  • 市場調査は、ブログのカテゴリーのアクセス数などが該当します。
  • 価格設定は、PV数でもイメージはしやすいです。
    クリック率や自分が求めるものを考えましょう。
  • 営業は、実際の記事内容ですね。
  • 広告は不特定多数への発信になります。WEB広告などが該当します。
  • PRは口コミが主です。SNSや友達のシェアが該当しそうですね。
  • ブランディングは、相手から求めてアクセスしてくれる事です。
    SEOの一部も該当しますね。
  • 投資管理は、実際の費用に見合ったアクセスがあったかを考えます。
  • 顧客管理は、自分のサイトに訪れた人がどの様な方かですね。
    Googleアナリティクスで年齢なども解りますよ。
  • 分析は、当初の予定から全ての検証です。
  • 最後に改善する行動ですね。

ざっくりと書きましたが、WEBの世界でもこの様な形でWEBマーケティングが必要になって来ます。
YouTubeの動画でも、実は同じ動画のマーケティングは必要なのですよ。

マーケティングが出来るとどんな事が出来るのか

マーケティングが出来ると、始めに目指す数字が明確になります。

例えば、キーワードで考えた場合、
キーワードのボリュームで検索される回数や多さを知ることが出来ます。
検索数が多ければ、それだけニーズが多いという事ですね。
競合が多いとも考えられますが、その波に乗る事が出来れば一気にアクセスを集める事も可能です。

 

検索数が多いのには、悩みや不安に思っている原因も多いということです。

この原因の部分、

なぜ不安に思っているのか?

という事を知ると、更に大きなチャンスに繋がります。
実際には難しい事ですが、全く検索されない様なキーワードで検索順位の1番を取っても、検索される事自体ありません。

少しでも可能性のある分野で努力を重ねた方のが最終的な効果は高いですね。
マーケティングでも大切な事は、ユーザーの事を考えて目標設定を行う事です。

  • 相手がどんな気持ちでこの商品を探しているのだろう。
  • 相手の検索意図は何なのだろう。
  • 何の欲求を満たしたいために、この商品を求めているのだろう。

と考える事が大切です。
これが出来る様になると成果にも結びついて行きますよ。

ブランディングとマーケティングの違いを説明

ブランディングは、マーケティングと違い相手の方から求めて来ます。
これは大きな違いですね。
芸能人のファンと同じです。

ファンは、その人の容姿であっったり、歌声であったりと好きな所もそれぞれ違います。相手の方がイメージをしたものがブランディングとして確立されて行きます。
何より、ファンになって頂いた時の多いなメリットは、

値引きをしなくても良い!

という事です。
高級ブランド品が値引きを行わないのも、そのブランド自体が高いと周りも知っている事とそれだけの価値があると周りが思っているからですね。

マーケティングとブランディングの違いは、こちらの記事で詳しく説明しております。是非参考にして下さい。

まとめ

今回は、マーケティングとブランディングでした。
マーケティングは商品を販売する時には必ず行わなければならないものです。
そして、最終的にはブランディングに繋げる事が大切です。

マーケティングは、

  • 事業計画
  • 商品企画
  • 市場調査
  • 価格設定
  • 営業
  • 広告
  • PR
  • ブランディング
  • 投資管理
  • 改善
  • 顧客管理
  • 分析

この12の項目に分類されます。
WEBの世界ではWEBマーケティング、動画の世界でもYouTubeマーケティングと市場は変わってもやること自体は変わりありません。
どの様な業界でも通用するマーケティングの考え方となりますので、活用出来る様いなれば無敵です。

タイトルとURLをコピーしました