WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

保険の選び方!保険は飽くまで保険です。適切は保険料を知る!

仕事・情報

保険の選び方!保険は飽くまで保険です。適切は保険料を知る!

生活をする上での保険料は大切だと感じます。
しかし、中には高過ぎる保険料を払い続けている方も多く見えられます。

保険は飽くまで保険です。
適切は保険料と保険に対する考え方を学びましょう。

この記事を読むと

  • 保険に対する考え方が身に付きます。
  • 最低限入った方のが良い保険の種類も解ります。

民間の生保会社の保険に入らなくても、通常の社会保険などでも補償自体は大きく受ける事が出来ます。
自分の今ある立場を考えて保険料金には注意しましょう。

保険に対する考え方。

生命保険など、保険は本来は何かあった時のために困らない事と人生自体が終わって生活出来なくなる事を避けるために入ります。

医療保険などがそうですね。
医療保険は、入院した時などの入院費用に使う事が出来ます。
この医療保険は、特に若い時には入って置くことは進めたい保険の一つです。
がん保険も同様に感じますが、ガンの発症率は現在高くなっておりますが、これは高齢者も含んでの統計データです。若い時に必要かと言えば、必ずしも必要だとは思いません。
こちらに関しては、自分自身で判断して入る事を進めます。

ここで医療保険含め、保険についてもう一度考えましょう。
医療保険自体は入院や病気になった時に入る保険です。
保険料自体は3,000円位/月 で十分に対応可能です。
先にも申しましたが、保険はあくまで保険です。100万程の蓄えがある状態であれば、医療保険に入る必要はありません。若い時など、蓄えが無い時には加入した方が良いと思いますが、年齢が40歳位で蓄えが出来た時には、もう一度加入の有無は考えた方が良いと思います。

加入した方のが良い保険

加入した方のが良い保険は、

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 小額の医療保険

こちらであれば考えて見ましょう。
特に、車を所有する場合は対物と対人無制限は必須です。車両保険に関しては、はっきり言うと必要ありません。
保険について安く済ませたいと考えている方は、新車の購入というのも論外です。

意外と、世界の資産家は車を新車で購入する人も少ないのですよ。
車は一度乗ってしまえば中古車です。
新車で半年乗れば中古で価格も大きく下がります。
世界の金融リテラシーの高い方は、この様な中古車を購入します。
新車から中古車になる価格変動の大きな部分は誰かに負担してもらい、リスクを少しにしてから購入すると言うのが一番賢い購入の仕方です。この様な買い方もしていれば、あまり車両保険も必要ありませんね。

資産は有効に活用しましょう。

火災保険に関しても、あまり高額なものは必要ありません。
住宅を購入した時には火災保険の加入は義務化されますが、共済保険で入っても全く問題ありません。
月学でも数千円です。
この様な形で、保険自体は最低限のもので安く済むようにしましょう。

医療保険に加入していなくても、社会保険に加入している方であれば傷病手当の給付は受けれます。
民間の保険でなくても、補償は受けれるものですよ。

まとめ

民間の保険で入るべきものは、

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 小額の医療保険

この位です。
自動車保険では車両保険は極力避け、対人は無制限に入りましょう。
火災保険は共済保険で価格を抑えましょう。
医療保険は、若い時には5,000円以内であれば入る。あとは、貯蓄によって判断ですね。

保険料を払うために働くと言うことがない様に、保険自体は小額で済む様にする事が大切です。
現在、10,000円を超えて居る方は、明らかに払いすぎです。
一度専門の方に相談する事も良いと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました