新生活応援します!

新しく新天地で仕事!期待に膨らむ春の季節!
引っ越しから新生活スタートまでのガイドライン!

始めてのかたでも安心です。

不動産投資を始める前に、REITから始めて見よう!

仕事・情報

不動産投資を始める前に、REITから始めて見よう!

投資を考えている方も、実際に投資を行っている方でも不動産投資は高額な費用も発生するために、一番遠い存在になっている方も多く見えられます。

所得の原則

  • 給料所得
  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 配当及び利回り所得

この4つの段階からいつか考えなければならない所得や投資です。

働いて給料を得る、更に事業を起こし投資を行う。
これは自然な流れですが、株式や資産運用自体は身近な存在になって来ましたが、不動産投資は専門的な要素も大きく、実際に行うにはちょっとと考えてしまいます。

その様な場合には、REITから始めてみるのも良いかもしれませんよ。

REITとはどんなもの?

REITは、不動産を専門に扱っている投資会社と考えれば簡単に理解することが出来ます。日本ではJ-REITと呼びます。

日本意外にもアメリカなどの海外でもあります。

仕組みとしては、REITが個人投資家から少しづつお金を集めて、実際に不動産への投資を行い、その利益を個人投資家などに分配すると言う仕組みです。

株式の不動産版ですね。

REITのメリット

REITのメリットは、

  • 少額から不動産投資を行うことが可能
  • 高利回りの分配金に期待。
  • 専門家に頼むことができる。
  • 売却はいつでも可能。

この様なメリットがあります。

少額から不動産投資が行うことが出来ると言うことはREITの最大のメリットです。
しかも、本来の不動産投資では購入出来ない様な高額な物件でも、たくさんの投資家が集まることで出資をしあい投資を行うことも可能ということになります。

高利回りの分配金には、REITの仕組みが大きく影響しております。
REITは、資産を集めて投資を行う会社です。
そのお金を集めて得た利益で運営を行っておりますが、利益の90%以上を投資家に分配すると法人税が掛からないと言う仕組みになっています。

言い換えると、利益を沢山出しても全く法人税がかからない仕組みになっているので、その分利益を追求して投資家へ回してくれますね。

平均すると4%を超えているとのことなので、貯金と比べてもかなりお得です。
東証の配当は2%ほどなのですよ。
2倍以上お得ということですね。

専門家が行ってくれると言うのも大きなメリットです。

REITは、東京証券取引所で株式の様に購入することが可能です。
通常の不動産投資の場合、土地を購入しても購入相手がいなければ売却することは出来ませんが、REITは株式と同じ特徴を持つので売却が直ぐにできます。

REITのデメリット

REITのデメリットは、通常の不動産投資と同じデメリットを持っております。
更に、株式と同じデメリットもあります。

天災や災害によるデメリット、さらには金利が増えると銀行に払うお金が増えてしまうので、その分分配金が減ることになると言うデメリットもありますね。
投資家だけでなく、銀行からも借り入れを行っていることが要因ですね。

REITが不動産投資の初級として勉強になる理由。

REITは、大きく分けて6つのセクターに分かれております。

  • 住宅
  • オフィス
  • ホテル
  • 商業施設
  • 物流
  • ヘルスケア

この6つです。

住宅REITは、安定もしており家賃などの賃料から支払われます。住宅自体は景気に左右されにくいと言う特徴もあります。

オフィスREITは、企業のオフィスに投資されることになりますね。景気が悪くなると買い手も付きませんね。

ホテルREITは宿泊施設の投資するREITです。これからのオリンピックには良い投資ですね。

商業施設REITはショッピングセンターに投資をするREITです。
現在、Amazonなのど通販が増えているため、少し調子も悪いようです。

物流REITは、Amazonなどの倉庫保管をするためにREITです。
こちらは、これからも需要としては期待が持てますね。

ヘルスケアREITは、高齢者向けの住宅などに投資をする部門になります。

この様な形で、本来であれば投資が難しく多額の費用を要する様な不動産投資でも少額で出資することが出来るという点がREITの大きなメリットです。

ここから専門的な知識を身に付けて、実際に自分で不動産投資を行うというのも良いと思いますよ。

利益の出るセクターは需要も高いということですから、知識として身に付けてから不動産投資を行えば、少なからず大きな損失からは回避できますね。

まとめ

不動産投資は高額な費用が必要になります。
また、少なからず専門的な知識も必要ですね。

現在、不動産投資やこれから行って見ようと考えている方は、REITから行って見るのも良いと思います。

REITは、日本ではJ-REITと呼ばれ、投資家から資金を集めて不動産を購入し利益を分配するという仕組みで成り立っております。

J-REITは、

  • 住宅REIT(住居に投資:景気変動に強い)
  • オフィスREIT(会社の事務所に投資:景気変動に弱い)
  • ホテルREIT(ホテルに投資:オリンピックなどのイベントに強い)
  • 商業施設REIT(ショッピングセンターに投資:通販に弱い)
  • 物流REIT(倉庫などに投資:通販の普及で倉庫が必要)
  • ヘルスケアREIT(高齢者向け住居などに投資:今後期待が大きい)

と6つのセクターに分かれています。

REITは、東京証券取引所で扱うことができます。
ここから知識を身に付けて、実際に不動産投資を行うのも良いと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました