WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

転職で気をつける事

blog

転職で気をつける事。

転職は、誰でも一度位は考えた事があるのではないでしょうか。
では、転職を行った方々は、どんなきっかけで転職を決意したのでしょう。
当然かもしれませんが、一番の理由は会社に不満があるからですね。具体的には「先輩や上司と仲が悪い」「気の合う人がいない」といった人間関係や、「嫌な仕事(部署)をまわされた」「契約内容と実際の仕事の内容が違う」「自分が本当にやりたい仕事ではなかった」という仕事内容によるものや、他にも「休みが取りにくい」「休日出勤や残業が多い」「給料に不満」といった理由もあげられるようです。

転職で一番大切な事は、必ずステージアップをする事です。

転職を行って、結果的に前の会社の方が良かった。待遇も下がってしまったと言う事は最も避けたい事です。では、転職をする時に最も注意する点を紹介します。

注意する点

  1. 転職は在籍中に行う事。
  2. 職場の人には、転職活動の事は言わない事
  3. 自分の市場価値を高く評価し過ぎない事

この3つは特に注意しましょう!

転職で気を付けるべきポイントも合わせてお読み下さい

1.転職は在籍中に行う

転職で一番苦しくなるのは金銭的な面ですね。金銭的に苦しくなると安易に転職先を決めがちとなります。人材紹介センターに登録していても、現在就業中の方とそうでない方では紹介の仕方も変わって来ます。失業保険や貯金を切り崩す事にもなるとは思いますが、中には家族に迷惑を掛けたり支えてもらったりする事で負担になってしまう事もありますので、転職は在籍中から進める様にしましょう。転職先が決まってから在籍している会社へは伝えれば済む事ですよ。

2.職場の人には、就職活動の事は言わない

転職の事は、職場の人には言わない様にしましょう。これは、転職を進めるのにも進めにくくなります。また、実際に転職活動をしながら、やっぱり今の職場の方がいいなと継続しようとした場合、居づらくなってしまいますね。

転職活動は、自分のステージが確実に上がる事を前提に考える事が必要です。

新しく転職した場合、どの様な職位でも一から信用を得る為の行動が必要となって来ます。現在の勤務先では数年でも勤務したのであれば、信用と言うアドバンテージはある状態です。これは非常に大きな違いです。

転職が自分に取って、デメリットであると感じたのであれば、現在の職場に残ると言う選択肢を残す事は非常に大切な事ですよ。

3.自分の市場価値を高く評価し過ぎない事

転職では、すべて基本的な事から築き上げなければならないと言う事を認識して下さい。
今の会社で大きな成果を出した経験があったとしても、それは現在就業中の会社の力(ブランド力)があったから結果が出たと言う事です。全ては自分の功績だけではないと言う事を理解しましょう。勿論、頑張って力を付けてきたからチャンスを貰って結果に繋げる事が出来たのだと思いますが、その前に会社自体が大きな信用を得られていたからこそ、自分の成果として結果に残せたのだとよく理解しましょう。

例えば、携帯電話を販売するにも、大手キャリアであれば新しい機種を発売したら、少なからず売れると思いますが、全く新規参入の携帯会社が機種を発売しても全く売れないと思います。

売れる理由は、大手キャリアと言うブランド力があるからですね。決して沢山売る事が出来ても、それは自分の実力と言うよりは、キャリアのブランド力が大きく影響しております。

自分の力を過大評価し過ぎない様にしましょう。

まとめ

注意する点に加え、更に大切な事は、お互いを高めあう同世代の仲間がいるかを意識して下さい。同世代と言うのがポイントです。会社を選ぶ時に、人間関係で不満を持っている方は、良く風通しの良い会社で年代関係なく意見を出し合えます。と言う会社に魅力を感じるものです。しかし、この様な会社は落とし穴も大きいので注意が必要です。

その落とし穴とは、時間軸のズレですね。

単縦な事で、20代と40代では定年までの年数を考えても残った年数が全く違うと言う事です。

例えば、同世代であれば時間軸は同じですが、
65歳で定年とした場合、20歳なら残り45年です。40歳なら、残り25年となります。
倍とは言いませんが、20歳が1日24時間なら、40歳なら1日43時間位必要ですね。
しかし、1日が24時間と言うのは誰も代わりはありません。これが時間軸の違いです。同世代同士なら同じ時間軸で切磋琢磨する事ができると思いますが、世代が離れて色々な時間軸が複合すると、思わぬ弊害をもたらすものです。最終的には、自分は頑張っているのに、周りの頑張りがたりないと不満を抱いたりします。ここには注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました