新生活応援します!リモートワーク・学習でも参考になります!

新生活は始めが肝心です!
最初に手間を惜しむと結局は居心地が悪くなったり買い替えたりと後悔いも繋がります。
順番通りに行えば、問題はありませんよ
インターネット回線や電力会社のプラン変更もこちらから簡単に行えます!

今ならキャンペーン中!

遂に見つけた!2020年 転職サイトランキング5選

働き方改革!

遂に見つけた!2020年 転職サイトランキング5選

現在、多くの転職サイトはありますが、沢山ある事で正直迷ってしまいますね。
どの転職サイトが良いのだろう?自分にあった就職先はあるのかな?

中には、

「自分がやりたい事自体が不透明な場合で、現在の職場環境が悪すぎる為に転職したい」と言う方も多く見えられます。

むしろ、現在の転職事情ではこちらの方が多いですよ。

これは、人間関係とか職場環境の問題が大きいからですね。

転職サイトと転職エージェントって何が違うの? メリット・デメリットを比較

転職する際によく利用されるサービスとして、転職サイトと転職エージェントがあります。
こちらは良くにておりますが、違いがあります。それぞれを理解しましょう!

転職サイトと転職エージェントの違いは、ざっくり言えば仲介者の有無です。掲載されている求人情報から自分が希望するものを探し、応募するのが転職サイト。

一方で、転職のサポートをしてくれる担当者から求人情報を紹介してもらい、応募するのが転職エージェントですね。

メリットとデメリットについて

転職サイトを使うメリットは、自由度が広がると言うことです。沢山の求人を扱っている為、求人情報を色々な角度や条件から比較い易い事がメリットですね。
また、面接などの時間的な自由度も高いと言うのが本音です。自分の好きな時間に行えることも利便性は向上しますよ。
転職エージェントのメリットは、転職エージェントに給料形態や福利厚生など、企業情報を詳しく聞く事が出来ます。面接での対策や年収交渉などをサポートして貰えると言うのも良い所ですね。
一方で転職エージェントでは、担当者から相性のいい求人のみを提案してもらえるため、手間がかからないのが最大のメリットと思われがちですが、場合によっては希望に合わないものを紹介されることもあるの注意は必要です。

複数ある転職サイトの中から「求人の数」「求人の質」「使いやすさ」「サービスの充実度」という観点で、人気転職サイト5つに絞りました。

評価基準

評価基準のポイントは4つですね。

【評価基準】

①求人の数
求人数は多いか? 幅広い業界の求人を扱っているか? など

②求人の質特定の業界に強みを持っているか? 他サイトにはない求人を扱っているか?
ハイクラス求人の有無など

③使いやすさ
求人検索はしやすいか?
サイト上の求人情報は充実していて見やすいかなど

④サービスの充実度
キャリアタイプ診断、年収診断、Q&A、ノウハウ集があるかなど

現在、就職での就活サイト、就職サイトでは求人だけでなく付加価値を提供する事ができないと、なかなか転職自体が旨く行きません。例え支援先が決まっても直ぐに辞めてしまうと言う状況もあれば、なかなか転職先が決まらないと言う事も多くあります。この付加価値は非常に大きなポイントで、付加価値を提供しながら、転職者の求めるものをしっかりと理解して支援を広げているのです。

【1位】doda:トップクラスの求人数! 初心者にもおすすめ!あらゆる点で優れていております。

転職サイトはdoda

大手や中小企業は勿論ですが、外資やベンチャー企業まで幅広い求人情報がそろっている転職サイトですね。特に関東圏の求人に強い印象があります。現在は、ベンチャー企業での求人は欠かせないですね。求人の数や質、使いやすさなど、総合的に使いやすいので、若年層が利用するのにおすすめです。

転職サイトでありながら、求人を紹介してもらえる“転職エージェント的な機能”も合わせ持っています

自分で求人情報を探しつつ、キャリアアドバイザーの意見ももらえるという観点で利用の価値大。効率よく転職活動をおこなえます。自分の適正年収を診断できる「年収査定」、自分に向いている働き方がわかる「キャリアタイプ診断」など、周辺サービスの充実度もピカイチ。転職初心者に超おすすめです。

【2位】リクナビネクスト:業界を絞りきれてない人に◎ 人事が一度は相談する定番サイト

 

年齢・性別問わず利用しやすいのがリクナビネクストです。とにかく幅広い業界・職種を網羅しているので、志望業界を絞りきれてない転職初心者向けにおすすめです。
一方でハイクラス向けの求人には強くないので、役職のある求人を希望するなら、希望のハイクラス専用の転職エージェントなどに登録することをおすすめします。

 

リクナビネクストは採用人数の少ない企業も一度は相談するような定番サイトなので、中小企業の求人も充実してます。また、転職初心者なら「転職Q&A」などが読める「転職成功ノウハウ」のページをチェックしておくと便利ですよ。
一通り読めば、転職に関する基礎知識が身につきますよ。

 

【3位】マイナビ転職:独占案件が約8割で「掘り出し物求人」が見つかるサイト

 

こちらは、専用の求人が非常に豊富で、マイナビ転職にしか掲載されていない「独占案件」の割合が全体の84%と多く、「掘り出しモノ求人」も見つかるので、登録しておいて損はないと思います。

 

機能は比較的使いやすくサービスも充実していて、おすすめしたい転職サイトのひとつですね。

特に、業界ごとのキャリアについての動画を視聴できる「マイナビTV Career」が興味を引きます。また、無料で履歴書の添削と面接対策もしてもらえる「転職MYコーチ」も便利ですよ。一時の書類選考で落ちてしまうと言う事も避ける確率が下がりますね。

 

 

【4位】キャリトレ:ハイクラス向け求人が多く、キャリアアップに最適。AIによる求人紹介の機能も

 

 

キャリトレは、株式会社ビズリーチが運営する20代向け転職サイトです。「挑戦する20代の転職サイト」と銘打っているだけあって、キャリアアップにつながるハイクラス向け求人が多い印象ですね。
AIが自分に合った求人をレコメンドしてくれるシステムがあるので、今すぐ転職する、という状態でなくても利用できると思います。20代なら間違いなく使っておいたほうがいいでよ。

 

 

【5位】エン転職:求人数はイマイチだが、取材で引き出した詳細な募集要項は企業研究にもおすすめ!

 

エン転職の一番の特徴は、募集要項が充実していることですね。
おそらく企業に直接取材をしているので、具体的な仕事内容や、取材者から見た仕事の厳しさ、向いていない人など、他サイトにはない視点の情報を得られます。
こういった情報は面接前の情報収集などに有効なので、目を通しておくといいです。ただ、求人数が少ないため、dodaやリクナビネクストなどと合わせて利用するのがおすすめです。

このサイトだけに掲載されている求人が約80%を占めています。

また、エン転職は特徴的な求人検索ができます。「働きがいで見つける」コーナーでは、「快適な暮らし」「キレイになりたい女性」「メイドと楽しい時間を過ごしたい方」といったキーワードを選ぶことで、直感的な仕事探しも可能ですよ。これは嬉しいサービスですね。

 

理想の転職を実現する為の「転職のポイント」

【転職のポイント①】
転職サイトと転職エージェントは併用がおすすめ!

転職サイトと転職エージェントは併用したほうが、転職が成功する可能性が高まる様です。

転職サイトは、言ってしまえば履歴書のみで選考を進めるようなものです。経歴がしっかりとしており、自分に自信がある方は問題ありませんが、全ての方がその様な条件やスキルアップで転職を行う訳ではありませんよね。そうでない場合は自動で落とされてしまうケースもあります。

一方で転職エージェントなら担当者が自分の強みなどを汲み取って、志望企業の人事に推薦してくれるので、経歴に自信がない人でもチャンスが広がりますよ。

おすすめの併用方法としては、転職サイトで求人を探し、気になった求人を転職エージェントに持っていくことです。

転職エージェントに推薦してもらうことで、経歴だけで落とされてしまうことを防ぐのに加え、志望している求人への転職可能性や、現時点で足りないスキルなどのアドバイスをもらえるのもポイントです。

転職エージェントってどうやって選べばいいの?

使う転職エージェントを決めるのに、今回のサイトからも多くの転職エージェントを運営している会社も多く存在します。そこから登録を行って見るのも役立つはずですよ。

【転職のポイント②】
転職時期は気にする必要はありません! 逃げの転職姿勢だけは避けよう!

「転職する時期」によって有利or不利ってあるのでしょうか?

転職時期を気にする必要はありません。一般的には、賞与をもらって辞める社員が多いため「9月や2月頃は求人数が増えます。その時期を狙って転職すべき」とされていますよ。誰も夏休み期間中とか、お正月に働きたいとは考えませんよね。企業も営業しておりませんし、少し時期がズレるものです。しかし、募集が多い時期は応募者も増えるので、競争率はあまり変わりません。

「今の仕事をやめたい」という、逃げの姿勢での転職は避けたほうがいいです。

 

もちろんいわゆる“ブラック企業”であるならやめたほうがいいですが、そうでないならまずは現職で成果を出すことを目指した方が、結果も出やすい事と経験を身に付けておく事で今後の転職には有利に働きますよ。


転職は「手段」であって「目的」ではありません。「今の会社をやめること」が目的になってしまうと、次の会社選びでも失敗してしまう可能性も出て来ます。

仕事がうまくいっているときにこそいいオファーが来るので、会社をやめることを目的とした逃げの姿勢での転職では無く、実績を残して良いオファーが届く様な転職をおすすめしますね。

【転職のポイント③】
転職がうまくいかなくなる原因を潰しておこう

転職活動でなかなか内定が出ないときの対処法を教えてください!

転職がうまくいかない人は、「転職を自分目線でしか考えていない」ケースが大半です。自分に将来設計であったり自分の都合、確かに長く働く上では大切な事ですが、志望する企業がどのような人材を欲しいと思っているのかも考える必要はありますね。就職や転職は結婚と同じなんです。相手の事も理解してあげなければ、その内に別れが来てしまいます。自分は相手の事も考えて応えられているのかを考慮しましょう。

選考は、いわば「自分」という商品を企業に宣伝する場所です。いくら「いい商品だ」と叫んでも、ニーズが合わなければ売れません。
相手のニーズも汲み取り、そのニーズに合わせて自分の実績や成果を伝える事が大きなポイントです。

企業が何を求めていて、自分には何ができるのかを整理するといいと思いますよ。

求人票や採用ページをよく読み込んで、「どんな人を求めているのか」を想像し、その仕事を自分ができるかどうかを考えるといいですね。
その仕事を自分ができると思ったのであれば、その根拠を自分の過去経験と照らし合わせながら、面接で説明しましょう。採用側が求めていることを把握することが大切ですね。

【転職のポイント④】
3つのポイントを言語化しよう
転職活動では、次の3つのポイントを言語化するのが大切です。
 
1つ目は「転職理由」
頑張ったけれど成果が上がらなかったり、上司との折り合いが悪かったりと、現職をネガティブな理由で転職することになったとしても、それをしっかりと振り返り、転職する意味づけをすることが大事です。
2つ目は「自分の武器」
できることをしっかりと洗い出しておいて、それを説明できるようにしましょう。
3つ目は「企業へ貢献できること」
2つ目の「武器」を、志望する企業でどう活かせるかを言語化しましょう。単に「武器」を持っているだけだと、そもそも求められていないか、その魅力が伝わらない恐れがあります。
 
しっかりと企業研究をして、その企業にどう貢献ができるのかを説明できるようにしてください。
【転職のポイント⑤】
職務経歴書は定期的に更新しておこう

転職予定がなくとも、定期的に職務経歴書を更新しておくことをおすすめします。職務経歴書を書くことで、自分がこれまでやってきたことの棚卸しができます。

自分に足りない力は何か、それを得るためには何をすればいいかなどを考えるきっかけにもなるので、現職でのモチベーションにもつながります。

また、スカウトが届くタイプの転職サイト(ビズリーチやキャリトレなど)に登録して、常に職務経歴書を更新しておけば、自分に届くスカウトや求人が変化するので、自分が次に行けるキャリアなども見えるようになってきます。チャンスは逃さない様にする事も大切ですね。

【転職の攻略法⑥】年収アップには「軸ずらし転職」がおすすめ

「軸ずらし」と言うのは、同じ業界で転職を行うのであれば職種は変更する事。
職種を同じにするのであれば、業界を違う業界に変えると言う事です。

短期的な年収アップだけに目を向けないようにしましょう。

若手の頃は、たとえ年収が低めでも裁量権が大きい企業を選ぶなど、「自分の成長に対する投資」を優先したほうがいいケースもあります。

焦らずに長期的なキャリアを見据えたほうが、成功が見込めると思います。

 

僕は、業界または職種をずらして転職する「軸ずらし転職」をおすすめしています

年収の大枠は業界×職種で決まります。そのため、年収水準が高い業界または業種に移ることで、年収アップが期待できるんです。

僕の場合は営業職は固定で、業界をずらすことを繰り返してきました。

 
タイトルとURLをコピーしました