WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

誰もが秀才になれる方法

blog

誰もが秀才になれる方法

「天才を殺す凡人」と言う本をご存知でしょうか。
この本では、誰でも秀才になれると謳われております。この著書の中での天才・秀才・凡人には特徴があります。良くイメージし易いのは、縦軸にてピラミッドで書くと、底辺の土台部が凡人、中階層が秀才、トップが天才とイメージし易いと思いますが、この著書では

創造性:天才
再現性:秀才
共感性:凡人

と謳われております。ピラミッド型で考えると、天才と秀才、凡人は別れておりますね。
しかし、後述しますが、一人の人間の中に、天才の部分、秀才の部分、凡人の部分に別れていると言うのが考え方の一部となります。

天才は創造的であるかどうかで物事を判断します。事業プランが物凄く利益を生むと分かっていてもアイデアも革新的でなければ興味を示しませんし納得もしません。

秀才は、理にかなっているかどうかで判断します。事業プランでも革新的にある前に、本当に利益が生まれるのか?拡大できるのかと言う事を考えます。同時に現実的に物事を進めるのがうまい傾向にあります。

凡人は相手の考えに共感できるかで判断します。革新的であったり利益が生まれるかと言うよりは、自分がどの様に感じるのか。相手へも共感を生む対話であったりマーケティングに長けております。

どんな人にも「天才・秀才・凡人」の部分があり共存しております。あとは、その得意な分野を伸ばしたりトレーニングする事で、誰もが秀才に近く事はできると説いております。

3者の関連性

天才・秀才・凡人には関連性があります。秀才は天才を嫌います。秀才は理にかなっているかどうかを重要に考えますから、アイデア重視での天才は邪魔な存在となります。

有名な話では、アップルの創始者スティーブ・ジョブスは自分で作った会社を追われる事となります。これも秀才は天才を嫌う為、特に企業が利益を優先した時には邪魔な存在になるのでしょう。最終的にはジョブスがアップルを買取する事で戻って来ますが、この様な事は日常会社では良くある話ですね。

天才はイノベーションには強いのですが、多数決や納得感と言う面には非常に弱さを持っております。会社は一度成功を収めると勝ちパターンを求める様になります。結果としては論理を求めて秀才中心になる会社が多いのがこの為です。

秀才の能力を伸ばす

秀才の能力は、最も後天的に身につけ易い能力です。トレーニングを行う事で論理的な思考をする事ができる様になります。秀才が持つ再現性は、物事を構造的に捉える能力を身につける事です。

どの様に身につけるのかと言うと、文章に落とし込むと言う事です。特にブログや提案書を書いたりする事です。その際は、感想文にならない様に具体的な提案や主張が書ける様にしていきましょう。この様にする事で、情報を構造的に整理する力が養ってきます。可能であれば、身近な方にフィードバックを行ってもらえれば、できているつもりと言うのがなくなりますね。すべてに言える事ですが、フィードバックはとても大切です。

タイトルとURLをコピーしました