超科学的に転職を行う

人生のチャンスを掴み取ろう!

転職エージェントDODAはこちら▶▶▶

バルクオムと「Zigen」を使い比べて見た

スキンケア・健康
この記事は約12分で読めます。

バルクオムと「Zigen」を使い比べて見た

男性でコスメを使用している方や、これからコスメを初めて見ようと考えている方が一度は通る道かもしれません。特に男性は、どれを使ったら良いのか?何を使ったら良いのだろう?と考えてしまう方も少なくありませんね。

実は、女性の83%は男性のスキンケアについて良く見ています。


モテない男性の特徴は

 

圧倒的に第1位は、清潔感のないひとです。

そして、

第2位は怠け者です。
第3位は、貧しすぎるひとですね。

こちらは、

2018年のリサーチ会社でも90%以上の男女が清潔感は重要と回答しております。
しかも、80%の女性は「顔肌のきれいさ」が大切だと回答もしていますよ。

これだけも、男性スキンケアの大切が伝わって来ますね。

 

男性のスキンケアでも知名度や人気も高いのはバルクオムですね。

バルクオムは一度は使って見たり、使おうかと考えた方も多いのではないでしょうか。

 

バルクオムは使用している著名人の方も多く、安定していると言う印象です。
是非、一度は使ってみたい男性スキンケアの王道ですね。

販売数トップと言うのも裏付けにはなりますね。スキンケアは継続する事が最も大切です。バルクホムを使用していると、時にもっと安いもので良いものはないかな?と思う時があります。
そこで、

 

少し価格面では安くなっている「Zigen」と使い比べて見ましたので参考にして下さい。 

「BULK HOMME(バルクオム)

バルクオムは「幹細胞エキス配合」の次世代のスキンケア商品ですね。
使用感としては


【バルクオムの4つの特徴】

  • しっかりと保湿されている感じがする。保湿力が高い。
  • つけた直後でもベタつきがなく、サラサラ感がある。つけ心地が良い。
  • 1ヶ月使い続けると肌がモチモチ!
  • 化粧水と乳液を分けて塗るのに手間がかかる。

バルクオムは、

特に、化粧水はサラサラ感が強いため、最初は大丈夫かなと思っておりましたが、使い続けると効果を実感できるレベルになってきます。幹細胞エキスが配合されていると言う事は、肌のターンオーバーを助ける働きにも期待できるため、肌の整肌効果にも期待が持てますよ。

実は、合わせてオススメしたのが、頭皮のケアーもバルクオムで出来てしまうと言う事です。
むしろ、こちらの方が人気も集まっておりますね。

何と言っても香りが違います。

ヘアケアもバルクオムを使用している方は、はっきり言って通です。ここまでやっている方は尊敬しますね。枕や次の日の香りもオシャレです。

「Zigen」オールインワン

Zigenで一番嬉しいのは、オールインワンジェルと言う事です。
オールインワンと言う事は、簡単に言うと「化粧水」と「乳液」が一緒になっていると言う事です。洗顔後のスキンケアは、化粧水と乳液が必要です。保湿効果もバッチリですよ。

オールインワンフェイスジェルの「Zigen」は、「化粧水」と「乳液」どちらの役割も兼ねそなえているため、これ一本で簡単にスキンケアをする事が可能ですね。 


「Zigen」の使用感と特徴は、

  • 保湿力は結構高いが、持続が難しそう。
  • つけた後はベタつく。
  • スキンケアが楽

どうしても、バルクオムとの比較になってしまうため若干辛口の様に感じますが、一番の要素としては「オールインワン」であるため、スキンケアで大切な継続と言うところに強みがあります。
これ1本で全てを済ます事ができるので、コスパも良いですね。

 

まとめ

比較した結果としては、どちらも良い商品ですが、

ベタつき感に大きな差がありますね。

バルクオムはサラサラですが、「Zigen」はベタつき感が出ます。
結論としは、

  • 手間とお金をかけて、しっかりスキンケアしたい方はバルクオム
  • 手間とお金をかけずにスキンケアしたい方は、オールインワンジェルのZigen

と言うのが印象です。最初にどちらを使うのかと言うのも大切です。バルクオムから使用した方は、恐らくバルクオムに戻ると思います。
「Zigen」から使用した方は、その後にバルクオムを使用しても、逆にサラサラ過ぎると感じてしまうかもしれませんね。ご自身の肌や好みで使い分けて下さい。

タイトルとURLをコピーしました