WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

売る知識!世の中の全てはこのスキルから成り立っております!

自己啓発

売る知識!世の中の全てはこのスキルから成り立っております!

現在の世の中は、ものが多く溢れ、どんなものでも簡単に手に入る時代になりました。知識も同じです。一昔前は、学校に行ったりスクールに通ったりと知識の修得に場所も選びましたが、現在ではオンラインで殆どのことが学べる環境となっております。沢山ある知識やスキルの中で、今後は絶対に身に付けておいた方が良い知識が一つあります。方法さえ知ってしまえば、決して難しいものではありません。

絶対に身に付けてほしいスキルは、売り知識です。
セールススキルとも言います。

これは、色々な場面で役に立つスキルなので、例題ごとに理解しましょう!

セールススキルですが、
気が付いている人は、すでに一歩先を行っているかもしれません。

例えば、

学校で目立つ。あるいは好きな人に告白するという事でも構いません。
これは、自分という商品をしっかりとセールスする能力が必要です。

会社に入るときも同じです。
面接などでしっかりと自分をアピールする事が出来なければ面接で良い印象を与える事も出来ませんね。

会社の人事担当も同じです。
自分の会社をしっかりと売り込む事が出来なければ、人材を集める事も難しいと思います。

入社して会社に入ってからも、自分をしっかりとセールスする事が出来なければ成果を残すことも難しいばかりか、例え成果を残しても評価される事はないでしょう。

ここまでで、セールススキルが、全ての項目に当てはまっていると知る事が出来たと思います。

では、セールススキルは、どの様に身に付けていったら良いのでしょか。

まずはセールススキルの性質を知る事から始めましょう。

セールススキルを知る

セールススキルを知るために、現在の世の中の流れとして

  • 買い手よりも売り手が多い時代
  • 人が購入する(決める)までの3つの行動を徹底的に知る
  • 一番大切な事はセールススキルを身に付けると理解する。

ここから始めましょう。

大前提になるのが、現在は技術も発達しているため、機能においてはあまり大きな差は無いと言う事です。また同じ商品であっても、ネットで比較をしながら、より安いものを購入しますね。一昔前はお店まで行って購入していたため、2・3軒回って決まるのが通常の行動でしたが、現在はスマホで一発です。
あとは1クリックで購入出来てしまいます。

完全に比較の時代に入っております。

また、機能でも大きな差がないため、しっかりと良さを理解して提案する事が出来なければ聞いてさえくれません。

例えば、マッサージ店に行きます。
良く「特に疲れている所はありますか?」と聞かれます。

この様な時に、今日はどうされましたら?とは聞きませんね。
これでは提案をする事も出来ません。

特に疲れている所が肩なのであれば、首や腰、更には腕のコリが肩に影響しているなどの提案をしっかりしてこそ、自分という商品をしっかりと売り込む事が可能となります。

この様な形で、提案の仕方を差別化出来る様に身に付けましょう。
絶対に行ってはいけない事は価格を下げると言う事です。
しっかりと付加価値を付けて、売り込み方を変える様にしましょう。

売り方に付加価値を付けて変える方法は、

  1. 商品となるものを顧客視点で何が欲しいのかを観察する。
  2. その顧客は、なぜほしいのかを理解する。
  3. 提案方法を決定する。
  4. 提案する。

この4つの事を行えば、売り方を変える事自体が可能です。
同じ商品でも、顧客の欲しているものに対してアプローチが出来ないと難しいですね。

今も昔も、商品を購入する行動は同じなんです。
その3つの行動を理解する事ができれば、効果的な提案の差別化も可能ですね。

3つの行動が購入を決める。

購入を決める3つの行動は、

  • 何かに不満を感じた時
  • より満足できると感じた時
  • 他社と比較して独自の強みを理解した時

この様な時に行動に移します。
それには、

  1. なぜその商品やサービスを選ぶべきなのか
  2. その商品やサービスを利用する事によってもたらす変化

この2つを明確に伝えましょう。

まとめ

現在は多くのものが溢れ、比較の時代に入っております。
同じものでも、スマホで比較を行えば直ぐに購入する事が出来ます。

では、その中であなたの商品を選んでもらうためには

  1. なぜその商品やサービスを選ぶべきなのか
  2. その商品やサービスを利用する事によってもたらす変化

を確実に伝えて、改善を提案することが最も大切な事です。
昔も今も、商品を購入する時は改善を買います。

提案の差別化を行い、しっかりと他社との比較や強みを伝えましょう。

タイトルとURLをコピーしました