TENSET(テンセット)の購入方法!概要を説明!証券市場との架け渡しに注目!

暗号資産(仮想通貨)
この記事は約5分で読めます。

TENSET(テンセット)の購入方法!概要を説明!証券市場との架け渡しに注目!

現在、テンセットの価格上昇が止まりませんね。
ビットコインが暴落した状態でも、テンセットは価格を上昇させております。

そんな、テンセット(10SET)とは、どのような通貨なのでしょうか?

テンセットが話題を集めている理由は、

  • 3月8日に予約販売。
  • ポーランドで予約販売をしたときには、1日で売り切れ。

TENSET(テンセット)のプレ先行販売は、全世界でイーサリアムでの通貨5,000ETH(イーサ)分しか販売されません。一人での購入も100ETH(イーサ)分しか購入できないことになっていました。

単純に計算しても、50人が100ETH購入すると無くなってしまいます。

TENSET(テンセット)は、コイングラフや朝日新聞でも取り上げられており、現在注目も高まっております。

これだけでも手に入りにくいということがわかりますね。

TENSET(テンセット)が注目されている理由は、

  • イーサリアムと従来の証券取引所を繋ぐことが可能。
  • 発行枚数は固定。
  • 新しいステーキング機能
  • 長く持てば価値が上がる仕組み。

この様なことから注目が高まっております。

TENSET(テンセット)が、どの様なものなのかを詳しく知りましょう。

TENSET(テンセット)の公式サイトは こちら

TENSET(テンセット)の概要

TENSET(テンセット)は、イーサリアムのETFプロジェクトと従来の証券取引所を繋ぐ役割を持っています。
イーサリアムのFTFプロジェクトというのは、イーサリアム内での上場投資信託ですね。

この投資信託プロジェクトに、もし従来の証券取引所で扱っている商品が購入出来る様になったら、今までは$(ドル)などの国内通貨で購入していた株などが、そのまま暗号資産で購入出来る様になります。

暗号資産で従来の証券取引所の商品をそのまま購入出来る様になれば、市場規模が膨らむだけでなく、考え方によっては、全世界から購入や投資をすることも可能になります。

これだけでも、大きなメリットになりますね。

更に、TENSET(テンセット)の仕組みとしては、

  • 発行枚数は21,000万枚
  • TENSET(テンセット)自体が価格上昇をする様になっている。
  • TENSET(テンセット)を持っているだけで自動的に報酬を得られる仕組み

この3つが大きな特徴です。

総発行枚数は21,000万枚ですが、この枚数はプロジェクトが進み発行されてからは枚数が減る仕組みになっております。

枚数が減るというのは、どの様な仕組みかというと、

例えば、

AさんからBさんに、1,000 TENSET(テンセット)を渡したとします。
この時に、手数料で2%は引かれてしまいます。

Aさんから1,000 TENSET(テンセット)引かれ、
Bさんは、2%引いた分の980 TENSET(テンセット)
を受け取ることができます。

そして、手数料になる200 TENSET(テンセット)の行き先ですが、

10 TENSET(テンセット)はバーンされて無くなってしまいます。
消滅するということですね。

そして、

残りの10 TENSET(テンセット)は、保有している全員に分配される仕組みになっています。

取引を行うと、

  • 1%は消滅する。
  • 1%は皆んなで分配。

この様な仕組みになっているため、早い段階で持っていれば、それだけ分配により利回りとしての受け取りが多く出来る様になります。そして、暗号資産のステーキングの様な資産ロックもないため、自由な時に出し入れすることも可能なのですよ。

消滅は、210万枚まで減る設計になっているので、最終的には100倍の価値になる理論値になりますね。
TENSET(テンセット)の需要が高まり、取引が行われれば行われるほど、価値は上がっていく仕組みになっています。

購入方法と今後

暗号資産TENSET(テンセット)は、ユニスワップで購入することが出来ます。

ユニスワップは、分散型取引所DEXのことですね。

ユニスワップの解説はこちらです。

日本の取引所とは少し違うため、馴染みがないかもしれませんが、ウォレット経由でユニスワップから簡単に購入することが出来ます。

ウォレットは、暗号資産を貯めてく財布の様なものですが、ブラウザとの連携で分散型取引所のDEXやDeFiなどの分散型金融を直接扱うことも出来ます。

海外取引所で有名なバイナンスでは直接購入などは出来ないので、ここは注意が必要です。

ウォレットは、

  • TRUST Wallet(トラストウォレット)
  • Safepalスマートウォレット

この2つが有名です。

登録自体は意外と簡単で、数分で作ることも可能です。
これから暗号資産をやってみたい。今までの様に通過を買うだけでなくて運用もして見たいという方は、登録の仕方も貼っておきますので
試しに登録をしてみましょう。

TRUST Wallet(トラストウォレット)の作り方と運用方法!

Safepalスマートウォレットの登録方法!SFP購入も可能です。

気になる今後ですが、現在の価格上昇は希少性と期待値での上昇となります。
今年中には、機能などの説明や運用まで始まるとの話です。

内容次第では、大きな期待値を持っておりますね。

まとめ

暗号資産TENSET(テンセット)が話題を集めている理由は、

  • 3月8日に予約販売。
  • ポーランドで予約販売をしたときには、1日で売り切れ。

これだけでも十分に希少性があります。

TENSET(テンセット)の特徴は、

  • イーサリアムと従来の証券取引所を繋ぐことが可能。
  • 発行枚数は21,000枚。取引で1%は消滅。
  • 新しいステーキング機能で長く持てば価値があがる。

この様な仕組みになっております。

イーサリアムでのETF(投資信託)プロジェクトと従来の証券所を繋ぐ役割をしているため、今後の市場規模拡大には大いに期待が持てます。

また、取引が多くなれば多くなるほど、発行されているTENSET(テンセット)が減っているために価値自体が上がりやすくなっています。

更に、長期保有を行えば勝手に分配される仕組みにもなっているため、安易に売るということも少なくなりますね。

販売日を楽しみにしましょう。

イーサリアムを詳しく知りたいかたは こちら

タイトルとURLをコピーしました