WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

挫折はチャンスです!色々な事に挑戦してインバウンドを高めよう

自己啓発

挫折はチャンスです!色々な事に挑戦してインバウンドを高めよう

厳しい時代も続いておりますが、この様な時に現実から目を背けても何も良い事はありません。厳しい時代だからこそ、自分自身を見つめ直す事は大切です。

サッカー選手の中村 俊輔氏は、横浜マリノスのジュニアユース時代に一番最初の壁に当たったそうです。当時は、近隣では目立っていたものの、プロの下部組織に入ると周りは凄く実力の高い人ばかりで戸惑ったとうですね。

その中で、自分は足も遅い。そのためにはどうしたら良いのだろうと自分の弱点を補うために

  • フェイントを増やす
  • タイミングをずらす
  • パスで貢献する

とこの3つを掛けたそうです。結果としては、ユースへの昇格にも成らなかったのですが、その分の桐光学園時代の活躍は中村氏を知っている方はご存知ですね。

厳しい時や挫折と言う事は誰にでもあります。その逆境にしっかりと向き合った方は、後の結果でも大きく変わってします。

そのためにも必要な事は、自分自身を知る事です。
自分を知る事で、インバウンドに繋げる事ができます。

インバウンドは、効果を得るためには最も大切な事の一つですよ。

インバウンドとアウトバウンドの違い

自分自身を知る事ができると、インバウンドが強くなります。

インバウンドとは、顧客や相手が自発的に自分や企業に接触して来る事です。
対比にアウトバウンドがあります。

アウトバウンドは、自分や企業が能動的に顧客や相手に接触していく事ですね。

得意な事、不得意な事を知る事が出来れば、誰でも得意な事は自信をもったり発信したりする事も可能です。少し前だと肩書きや資格と言うのも一つのインバウンドの要素ですね。

現在ではインターネット社会であるため、相手から自分へ訪れてもらう事も可能です。Twitterやブログ、YouTubeなどもインバウンドの世界では無くてはならない存在ともなっております。このSNSやブログも含めて自分の強みとして蓄積されてきたものがインバウンドマーケティングです。これは自分自身をアピールする上では非常に大切な事です。

インバウンド」の具体例は、

・顧客の企業への来訪
・顧客からの電話やメールなどの企業に対する問い合わせ
・ユーザーが企業が運営するウェブサイトへの訪問すること
・ユーザーが企業が運営するSNSアカウントへコメント、シェアなどをすること

などがあります。

一方、広告やイベント、DMもそうですが一方的に情報を届ける方法がアウトバウンドですが、このアウトバウンドだけではチャンスにもなかなか巡り会えません。

アウトバウンド」の具体例は、

・企業がテレビCMを打つ
・企業がグーグルの広告の出稿する
・企業がチラシを投函する
・企業がポスターを貼る
・企業が顧客開拓のための営業する

などがあります。

インバウンドとアウトバウンドの大きな違いは、インバウンドは相手が興味を持っているために相手から来ていると言う事です。アウトバウンドは企業や自分から発信しているだけなので、相手が求めているのかどうかは分かりません。
一方的な押し売り状態になっていれば、不快感を与えてしまうだけですね。

この違いと言うのは非常に大きいのですよ。

自分の強みや経歴、得意なものを理解し公表すると言う事は、インバウンドに繋がります。相手が求めて来た場合は活かして貰えるチャンスも多くなります。
自分の強みを活かすためにも、自分自身の事を良く知って、次にインバウンド強くして行きましょう。

まとめ

挫折をした時と言うのは、色々なチャンスが訪れます。
ストレスや悩みの多い現在の世界では、挫折して復活した方法であったり、対応方法も発信する事でインバウンドにも繋がります。

インターネット広告も多い時代でアウトバウンドを嫌う傾向も増えておりますね。
相手から求めて来て貰える様に、インバウンドに目を向けましょう。

タイトルとURLをコピーしました