自分の市場価値を調べる方法

自己啓発

自分の市場価値を調べる方法

転職を行う事もそうですが、現在働いている会社でも正当に評価されているのだろうか。
自分の年収は妥当なのだろうかと感じた事はありませんか?
簡単に、現在の自分の市場価値を知る方法をお教え致します。
現在の市場価値を考えると年収が一番イメージし易いと思います。

市場価値=年収

市場価値=年収と考えれば、正当に評価されているのかも、自分の市場価値としても明確な数値や金額で解りやすいと思います。
では、実際に自分の年収=市場価値を知る方法は、どの様にしたら良いのでしょうか。
非常に簡単な事です。

転職エージェントに登録するだけです。

無料登録も出来ますので、是非これは世の中の見識を高める為にも行って見るのは良いですよ。転職エージェントに登録したからと言って、転職しなければならないと言う事はありません。
気軽に登録して見て下さい。

厳選優良企業をご紹介! キャリアパーク就職エージェント  

転職エージェントの仕組み

転職エージョントは、人材を紹介して紹介料を頂く事を生業としております。
登録を行う際に、現在の職種やキャリア、資格から年収を登録しなければなりませんが、個人情報はしっかりと管理されている為、全く問題はありません。
登録後、担当者から連絡が来ます。この時に、概ね紹介側の方は相場よりも安いのか高いのかを判断して良く知っております。少し手間かもしれませんが、紹介文やアピール文はしっかりと記入した方のが、相手方も積極的にアプローチをして来ます。対応や登録の仕方で、相手方も転職するのかどうかも判断して来ますから、ここは真剣に回答をしてあげましょう。実際に、私自身も転職エージェントを利用して転職を行った事がありますが、初めての場合は、特に親切に感じます。就職自体は自分で探して、自分で面接を受けてと必死に自分で行いましたが、転職エージェントは高額は紹介料を手にする訳ですから、それは必死ですね。
私の会社は管理職で年収500万ほどですが、管理職の紹介を転職サイトから受けて採用した場合は、紹介料の費用として150万円転職エージェントへ支払っております。要するに紹介料は30%近い金額ですね。紹介後、1ケ月で退職した場合は全額の150万返金、2ヶ月以内が60%の返金、2ヶ月を超えると全く返金がない状況となります。私の会社では、最低限の返金を求める為に、特約制度を設けさせて頂いてはおりますが、それでも3ヶ月以降は全く返金もない状態です。良くある話ですが、3ヶ月後に

「〇〇様、現在のお仕事は旨くいっていますか?何かあれば即座に行って下さい。私共の会社でも紹介させて頂いた以上、責任を持ってお話させて頂きます。」と連絡があるケースは少なくありません。
むしろ、必ずあります。かと言って、何かする訳ではありませんが、必ず最後に「〇〇様なら、他にも紹介できる会社は沢山あります。遠慮なく申して下さいね」と優しい言葉を掛けて来ますが、これは1名で何社も紹介した方のは利益が多く入るからです。特にこの言葉には惑わされない様にして下さい。気が付くと、転職を繰り返し、良い会社に巡り合えなくなってしまいます。面接も。転職エージェントとの顔合わせ程度であれば、喫茶店とか簡単な形ですね。ここで色々な情報交換も出来ますので、今後の役にも立つと思います。

転職エージェントは旨く活用する事

先にも申し上げましたが、転職エージェントは上手く活用する事です。転職においてはプロですから、色々な情報も持っております。しかも、実際の自分の市場価値を知る為には非常に有効です。
大企業でお勤めであれば、実際に転職しようとした際に、給料が下がると言う事も十分予想ができます。これは、大企業のほど、年功序列の制度が残っている為、能力に反して予想以上に年収が高い方は多大に見えられます。また、周りの士気も考えて簡単に給料を下げると言う事も難しく、役職定年と言いながらも他の手当で補っている会社も少なくありません。これは、色々な法律で守られている事が理由ですが、この様な場合でも、しがみつくのでは無く、危機感を持って今後の事を考え行動する方のが、老後を考えた場合はベターであると感じますね。特に50歳を過ぎてから自主退社を求められるのは残酷です。また、生涯面倒を見ると言われていても、生涯同じ賃金とは言ってくれません。必ず都合の良い形で雇用される形となりますので、自分の身は自分で守れる様にして行きましょう。

まとめ

転職エージェントは、その道では「プロ」です。活用する事で、今後の自分自身の道しるべともなります。
早い段階で一度自分自身の市場価値を鑑定して見ましょう。思いのほか、今後の事が良く見えてきますよ。

タイトルとURLをコピーしました