事前準備が大切な理由!全体像を把握してやり直しは避けよう!修正とは大違いです。

自己啓発
この記事は約4分で読めます。

  • 今日も同じ失敗をしてしまったな〜
  • あの時、こうしておけば良かった。
  • 一生懸命準備したつもりだったのに・・・
仕事や勉強でしっかりと準備したつもりではいたのに、いざテストを受けてみたら結果は散々だった。
仕事でも同じ失敗を繰り返してしまった。

このような経験は誰でにでもあるのではないでしょうか。
事前準備の大切さは誰でも知ってはいるものの、それでも失敗してしまったり思うような成果が出せなかったということもありますね。

事前準備で大切なことは

  • しっかりと目的を持ってゴールをイメージすること。
  • やり直しは避ける。
この2つを考えるだけでも大きく進歩しますよ。

どれだけ事前準備を行っても成功やゴールがイメージできていなければ、何に対して準備を行ったのかがわかりませんね。
自分のイメージしたゴールへ向かうための事前準備のやり方や方法を紹介します。

事前準備が大切な理由!全体像を把握してやり直しは避けよう!修正とは大違いです。

物事は、事前準備の段階で全てが決まると言っても過言ではありません。
では、完璧な事前準備をする為には何が必要なのでしょうか。

結論から言うと、ゴールをイメージしてやり直しは最も避けるべきことですね。

どんなに事前準備を行っても予想もしないことが起きたりするものです。

この予想もしないことが本当に全く予測不可能だったのかを考えることも大切です。
少しでも予測できる事態であったのであれば最悪のやり直しということはありません。

事前準備を行う理由は、すべてが上手く行くとは限らなくても修正で済むようにするだけで大きく前進します。

やり直しを避けるコツは

  1. ゴールを明確にすること。
  2. 全体像を把握すること。

この2つは最も大切なことではないでしょうか。
このゴールは誰でも同じ認識だということも大切ですね。

ゴールを明確にする。

最終地点

ゴールは明確であるほど伝わりやすくなります。

例えば、

  • 北海道方面へ向かって言ってください。
  • 北海道の札幌に電車で向かってください。時間は明日の午前11時までです。

少し極端かもしれませんが、この2つだと伝わり方も大きく違いますね。

ただ後者の方が誰にでも行き先と時間、交通手段まで明確になると思います。
もし電車では間に合わないと思った時には飛行機で近くの空港もで行って電車で行くという方法の許可も取ることが出来るかもしれません。

ゴールを明確にすると、全体像も浮かび上がってきます。

全体像をイメージして言い訳の排除をする。

イチロー氏も
  • 言い訳をすべて排除できるほど準備に取り組めているか。
  • 完璧に準備できたという心構えになっているか。

これが準備ができているかどうかのポイントと話をされています。

言い訳が出てしまうということは、どこかで手を抜いてしまったり誰かの責任にしまい自分自身にしっかりと矢印を向けることができないと起きてしまいます。

今までの準備の仕方だと不十分だったかも……という人でも準備でおさえるべき具体的なポイントも紹介するので参考にして見てください。

仕事の準備のコツ

仕事における準備のコツは、

  1. 明確なゴールをイメージする。
  2. 全体の流れを考えながら課題を見つける。
  3. 想像力を働かせて解決策を考える。

この3ステップが重要になります。

ゴールを明確にするのは、明確なほど全体の流れを理解しやすくなりますね。

そして次の段階では全体を考えながら問題点や課題を見つけましょう。
これは、細かい問題点でも多ければ多いほど不測の事態に対応しやすくなりますよ。

最後は、想像力を働かせて解決策を考えることです。
たくさんの課題や問題点が出ても、一つの解決策で数個の問題点を解決できるといyことはたくさんあります。想像力を膨らませて、色々な視点から問題解決をして行きましょう。

まとめ

事前準備において、ここまでやれば絶対に大丈夫と言う事はありません。不測の事態と言うのは、どの世界でも必ず起きます。それでも絶対に起きてはならないことはやり直しの一言です。

やり直しはすべてが無になってしまいます。

やり直しを避けるためには、

  1. ゴールを明確にすること。
  2. 全体像を把握すること。

この2つが第一ステップです。

ゴールは明確になっていればなっているほどチーム内でもイメージが共有しやすくなります。

そしてゴールのイメージが共有できたら、

  • 全体像をイメージしながら問題点や課題を見つける。
  • 想像力を膨らませて問題点や課題を解決する。

この方法で最悪のやり直し自体は避けましょう。
ゴールと全体像が共有できている状態であれば、最悪のやり直しは避けれるとは思いませんか?

あとは多くの課題を解決できる解決策を用意するだけで前には進んで行きますね。
最終的に成功した時にはチームのお陰、失敗した時には自分に否があると考えれば、必ず成長し続けることはできますよ。

タイトルとURLをコピーしました