WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

続・科学的な適職!こんな職場は要注意です!転職しましょう!

仕事・情報

続・科学的な適職!こんな職場は要注意です!転職しましょう!

転職をしたいと悩んでいても、いざ転職活動をすると迷ってしまったり決心が揺らいだりと言う事は良くある事です。

  • 現在、転職をしたいと考えている方。
  • 就職活動をしている方。
  • 学生でこれから新卒として働く方。

この記事を読むと、転職や就職を目指す人で

  1. この様な職場は転職や職場に選んだら終わりです。
  2. この様な職場であれば、直ぐに転職しましょう。

と言った、絶対に選んではいけない職場が解ります。
ポイントは8項目です。

  1. ワークライフバランス崩壊
  2. 雇用が不安定
  3. 労働時間が長い
  4. シフトワーク
  5. 仕事の裁量権がない
  6. 周囲からのサポートがない
  7. 組織内に不平等
  8. 通勤時間が長い

どれだけ当てはまるのかを知る事がが大切です。
新卒で面接に行く時には、どの様な反応だと隠しているのかと言う事も解らないと思いますが、

  • 回答が直ぐに出てこない。
  • 「う〜ん」と難しそうな反応をする。

この様な時には当てはまっていて隠そうとしている雰囲気があるので注意しましょう。

ワークバランスが崩壊

ワークバランスとは、

  • 休日や時間外で仕事の事を考えてしまう。
  • 休日でも平気で連絡をして来る。

この様な形で仕事とプライベートの境界線が無い状態をさします。
好きな仕事であったり、本当に自分が成績を残して出世したと選んで行なっていると言っても、カラダは正直です。次第に疲労は溜まって行きます。

ネガティブな要素は、例えポジティブな要素があったとしても精神的には答えます。
一般的には、悪いことが一つあればポジティブな要素はその5倍必要とさえ言われております。

境界線がしっかりとした職場を選びましょう。

雇用が不安定

理由は簡単ですね。
次に仕事があるのか解らない。忙しい時と時間がある時の格差が大きすぎる場合も大きなストレスとなります。更には同僚が理不尽な理由で解雇になれば、精神的なストレスは図りしれません。
この様な職場は直ぐに転職しましょう。

労働時間が長い

労働時間は、週40時間と労働基準法でも定められております。
週41時間を超えた労働は、それだけでもストレスとなります。現在、週80時間超える残業が過労死の判断基準ともなっております。

  • 週41時間を超えた労働から、脳卒中が起きる可能性が10%アップ。
  • 週55時間を超えると脳卒中55%、心疾患が13%、糖尿病30%のリスクアップ。

となります。カラダに取って良い事など何もありません。

シフトワーク

不特定なタイムングで深夜に勤務しなければならない様なシフトワークを、週3以上行うと体内時計が壊れます。更に、脳の機能まで低下します。
これは、睡眠の質も下がるため良い事は何もありません。
極力避けたい職場です。

仕事の裁量権がない。

自由な働き方というのは、実際には自由がない事の方が多い。
これは、フリーランスとして働くと始めは自由に働けて良いと感じるものの、継続して仕事をもらうためには、スキルの向上は必須であると言う事です。
スキルが高ければ、その分仕事も貰えます。
スキルが低ければ、継続して仕事を貰えるかと言う事や不安から自由度は最終的に下がってしまいます。自由を手にしたと思った時には、最終的には裁量権も下がる可能性があると言う事は理解して置きましょう。

周囲のサポートがない

この周囲のサポートと言うのは非常に大切です。
Googleでも最終的な結論として、最高のチームの必要なのは心理的安全と説いております。

これは何を意味するのかと言うと、このチームであれば失敗をしても、恥ずかしいミスをしても、仲間からバカにされることはない。適切に助けてくれると思える感覚です。

判断的には難しいため、

  • 出世競争が激しすぎないか。
  • フィードバックのシステムはあるか。管理者任せではないか。
  • 出産育児など、健康維持に関するサポートシステムはあるか。
  • 社内での交流イベントはあるか。

この様な事から判断すると良いですね。

組織内に不平等等

組織内に不平等な賃金や勤務スケジュールがある場合は、ストレスになるだけです。
この様な職場は止めた方が賢明です。
良くある事ですが、現場と事務職での勤務の差も当てはまります。
年間休日に差がある場合も控えましょう。
特に管理者側に差がある場合、現場の苦労が解らなくなります。
当然ですね。自分達は年間休みが多い。現場側は年間休みが少ない。
その分、給料が良いと言っても管理者側よりも多くなる事はありません。
この様な場合は全く改善されないため、働くだけ時間の無駄です。

通勤時間が長い

通勤時間が長いと言うことは、それだけ睡眠時間が短くなると言う事です。
これは、当たり前の事ですが、通勤時間に1時間30分かかる場合で、1時間前の出発だと遅刻確定で1時間悩む事となります。長くなれば長くなるほど、悩む時間も長くなります。

日本人の平均通勤往復時間は1時間17分、これを超えるとストレスで太る原因にもなるため、始めから解っているのであれば止めて置きましょう。

まとめ

前回は、科学的な適職の選び方を紹介しましたが、今回は選んではいけない職場、
現在転職を考えていたり迷っている方に当てはまっているかのポイントを紹介しました。

  1. ワークライフバランス崩壊
  2. 雇用が不安定
  3. 労働時間が長い
  4. シフトワーク
  5. 仕事の裁量権がない
  6. 周囲からのサポートがない。
  7. 組織内に不平等
  8. 通勤時間が長い。

この8項目に当てはまっている職場は体調も崩してしまいます。
直ぐにでも転職を行いましょう。また、絶対に選ばない様に注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました