WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

コミュニケーションを良好にするテクニック

自己啓発

コミュニケーションを良好にするテクニック

コミュニケーションは非常に大切な事ですね。
人は一人で生きて行く事はできません。しかし、人に寄ってはコミュ症で悩んでいる方や人付き合いが苦手な方と言うのも多く見えられます。何気なく言った言葉で相手の方を傷つけてしまったり、時には相手にされなくなってしまうと言う事もあるのではないでしょうか。
コミュニケーションが得意な方、自然と人が集まる方へは特徴があります。決して意識していると言う訳でな無いと思いますが、人が集まる方の特徴は、知らずに行動や言動で身につけているある特徴が影響しております。知らないと言う方も。これからの事を身につけていけば必ずコミュニケーション能力が自然と身について行きます。
コミュニケーションの極意を知りましょう。

ポイントは、男女の区別を知る事。

男性と女性では、心の作りが違います。
古来から、男性は狩りで獲物を取り、女性は家で家庭を守っておりました。
男性はアクティブに今でも世界を飛び回っている方も少なくありません。
女性は、例え世界を飛び回っていたとしても、やはり最終的には家庭の事を振り返ってしまいますね。ここで、男性と女性での心の違いが大きく出てきます。

男性と女性との違いで抑えて置きたいポイントは、

①褒め方
②相談への解決方法

この2つは大きな違いがあります。

①褒め方

男性と女性での褒め方のポイントは

男性:能力
女性:行動

がポイントです。

具体的に説明します。

男性は「職責・学歴・地位・乗っている車・身につけているもの等」、これらを褒められると嬉しくて仕方がありません。

一方、女性は、確かに能力を褒められて嬉しく無い方は少ないと思いますが、
「よく気がつくね」「気配りがいいね」などの長期的に見た行動やコツコツ頑張っているプロセスの部分にスポットを当てられると嬉しく思います。この違いは大きいですね。

②相談への解決の方法

この相談への解決の方法でも、男性と女性は大きく違います。

男性:論理的
女性:共感

男性は、相談された時や相談した時には、論理的な解決の方法を求めます。何をどの様、どうしてと言った形ですね。
一方、女性は共感です。その気持ちは「よく解るよ」と言われた方のが落ち着きます。共感できない方、共感して頂けない方へは、本心すら話をしようとしません。この違いも大きいですね。

その他にも、男性女性問わず共通する項目としては、

・ピグマリオン効果
・ミラーリング効果
・両側掲示
・スキンシップ
・二者択一の問いかけ

などがあります。

ピグマリオン効果

ピグマリオン効果は、以前ブログにて紹介しておりますので、参考欄を貼り付けておりますが、簡単に言うと褒める事で、より自分の意図する様に動いてもらう事です。

例えば、

「いつも洗濯物の取り込みを手伝ってくれて有難う」と言われると、旦那様は次回も手伝ってあげてしまいたくなりますね。トイレで「いつも綺麗に使って頂き、ありがとうございます」と書いてあるのもピグマリオン効果です。汚せなくなってしまいますね。

ミラーリング効果

これは、相手と同じ行動を取る事で共感や親近感を持って頂く時に有効です。
相手が嬉しそうにしている時には一緒に喜ぶ、相手が悲しそうにしている時には共に悲しむと一緒の気持ちにもなれますね。これが共感への最短の近道です。

両側掲示

これは良いところばかり説明しても、騙されているのではないか?嘘をついているのではないか?と半信半疑になってしまう事を避けるために、メリットだけではなくて、デメリットの部分も伝え信用を得ると言う方法です。何にでも必ずデメリットと言うのは存在します。得意な事や不得意な事もあります。不得意な事を伝えて、それをやらせようとも思いませんよね。
デメリットの部分を伝える事で、より信頼を勝ち取りましょう。

スキンシップ

このスキンシップは、特に同性で効果が高くなります。異性の場合だと、必要以上に距離が近くなると逆に離れてしまいますが、同性の場合は、スキンシップの一貫としては非常に有効的です。
体の一部分が触れ合っただけで安心感にもなります。手を方に置いたり、握手もこの一つですね。

二者択一の選択

これは、ヒトラーが用いた心理学でも有名です。
ヒトラーの場合は、ユダヤ人に占領されるのか、ユダヤ人を全滅させるのかと言う極論での二者選択となりましたが、二つの答えを用意し、一つは自分に完全に不利な事。一つは損をしない程度であれば、必ず損をしない程度の方を選ぶと言う事です。

 

タイトルとURLをコピーしました