ピグマリオン効果とゴーレム効果

自己啓発

ピグマリオン効果とゴーレム効果

ピグマリオン効果とゴーレム効果は、一度は聞いた事があるなと思う方も多いのではないでしょうか。でも、実際に使っている方は少ないのが印象ですね。聞いた事がないと言う方は、簡単に実践できる方法まで説明します。違いを理解する事も大切ですね。

ピグマリオン効果

これは、相手に対して「期待を込めた言い方」をすると、言われた方は「期待に応えよう。」「役割通りになろう!」とする行動から、実際に期待した通りの姿に近いて行くと言うを効果ですね。

質問となりますが、

「君は勉強ができる子だ」と言われて育った子供と、
「何も言われなかった子供」では、どちらが成績が上がると思いますか?

1860年代に行われた実験結果では、「勉強ができる子」と言われた子供の方が、実際に成績は上がりました。

これは、どの様な状況かと言うと、

「あなたは勉強ができる人だから頑張ってね」と声をかける

子供は、先生が出来ると言ってくれたから頑張ろう!

先生は期待込めて頑張ってと声をかけます。生徒は、期待に応えよう!と努力して勉強をします。この人は期待されると期待に応えようとピグマリオン効果で努力をします。
この期待に応えようとする行動をピグマリオン効果と呼びます。

職場でも同様な事が出来ますね。

「あなたは面倒見が良いから、後輩育成に向いているね」

と声を掛けると、言われた部下や同僚は後輩育成が上手くなり易くなります。

これもピグマリオン効果の一つですね。

ゴーレム効果

ピグマリオン効果は期待を込める事で、期待に応えようとプラスに働くのに対して、ゴーレム効果は全く逆ですね。

こんな上司はいませんか?

あなたは落ちこぼれだ!

これを毎日言われるとどうなるのかと言うと、落ちこぼれ易くなります。

ピグマリオン効果とゴーレム効果は、
人は役割を与えると役割通りに成長して行くと言う事です。

ピグマリオン効果の発揮方法

ピグマリオン効果自体は、日常でも良く使われております。
トイレとかで「いつも綺麗に使ってくれて有難うございます」と言う書いてあるのもピグマリオン効果の一つですね。通常、この案内を見ると「汚せない」「使用後に綺麗に使えているかな?」と思ったり見直したりするものです。このピグマリオン効果は、使う事ができて効果を発揮しますね。また、使い方としては

①付き合いが浅い人
②付き合いが深い人

この2つで使い方を分ける事が重要となります。

①付き合いが浅い人

付き合いが浅い人に、いきなり「あなたは良い人ですね」と言っても、本当かよ!と逆効果になったり不信感を与えてしまう事の方が多くあります。この様な時には、ビジョンの様に、先を思い描いた事や、なってほしい姿を伝える事が効果的です。これは、好きな人へ気持ちを伝える時にも効果的ではないでしょうか。いきなり好きと伝える事もよりも、「今まで落ち着く人が好きだったんだけど、何か一緒にいると落ち着くんだよね」と伝えるだけでも、関心は持って頂けますね。相手へ要望を伝える時も、自然と伝える事は大切です。

②付き合いが深い人

付き合いが深い人には、何でも言い合える様になってくると思いますが、ここでは、絶対にやってはいけない事があります。それは、一度言った事を引っ込めてしまう事です。

例えば

あなたって知識が豊富で文化人ですね。

と言ったり際に、本人から、そんな事ないですよ!と言われたとします。あっそうなんだ、違うんだと意見を曲げてしまえば、適当に言ってるなと感じさせてしまうだけです。時には、意思を曲げずに押し通す事も必要ですよ。ここは注意して下さい。

まとめ

夫婦間でもピグマリオン効果を使う事で、相手の方に協力して貰える様にもなったりします。自然と行える様になる事が大切ですね。例えば、何もしてくれない旦那様に対して、「ゴミ捨て位やってよ」と言っても、なかなかやってくれません。ただ、今日は多いから一つ持ってよ。と言うだけでも結果は違って来ますね。洗濯物でも使えますよ。洗濯物を干す時に「ちょっと、そこを持ってよ」と少しづつ手伝ってもらうだけで、その後、やっぱり背が高い人が居るといいね。二人でやると早いね。と言うだけでも手伝ってくれる様になったりするものです。お互いに協力し合えれば、更に絆は深まって行きますね。

タイトルとURLをコピーしました