新生活応援します!リモートワーク・学習でも参考になります!

新生活は始めが肝心です!
最初に手間を惜しむと結局は居心地が悪くなったり買い替えたりと後悔いも繋がります。
順番通りに行えば、問題はありませんよ
インターネット回線や電力会社のプラン変更もこちらから簡単に行えます!

今ならキャンペーン中!

キャリア戦略の考え方

自己啓発

キャリア戦略の考え方

キャリアと言う言葉を聞くと、凄く頭が良いとか学歴が高いと言うイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。キャリアと言う言葉自体は、どの会社でも存在します。会社内で昇進したり、今後の成長する過程をイメージする時にはキャリア計画と言う言葉もしばしば使われます。起業をして独立する時にもキャリアアップと言いますね。

まず大切に考えるべきポイントとしては、

自分が何を目指したいのか
将来どの様なポジションに付きたいのか

と言う具体的な計画やイメージを持つ事です。市場価値を高めたり、今後どの市場価値を奪いに行くのかと言う事も大切な要素ですね。市場価値のイメージと言うのは、年収であったり一人当たりの売上や利益であったりと、指標となる数値は沢山あります。
ここで間違いなく言える事は、市場価値が高い分野ではライバルが多いと言う事ですね。しかも、学歴や賢さなど優秀な人材は市場価値の高い分野に集まって行きます。ここで同じ様な戦い方や競争をしても、チャンスに恵まれない事も良くある事です。高い市場価値の所で勝負を挑むには、

自分はどの分野で市場価値を高めて勝負をするのか
細分化して、どの箇所で市場価値を高めてチャンスを掴みに行くのか

と言うチャンスを掴む事を明確にして行く事が最優先ですね。まずは一つでも市場価値を高め評価される事、次にハロー効果で他の分野でもチャンスを勝ち取る事と、少しづつ幅を広げながら拡大して行きましょう。

ハロー効果

ハロー効果とは、特にポジティブハローで例えると解り易いと思います。非常に単純な事で、良い面や良い実績を作ると、他の部分まで良く見えてしまう現象です。

例えば、東京大学卒業と履歴書に書いてあると、当然ですが頭が良い印象を受けますし仕事も出来るイメージが付いてしまいます。仕事はまだやっていない訳ですが、勝手にイメージをしてしまうこの現象がハロー効果ですね。市場価値が高い業界には、学歴も優秀な方が集まっております。この優秀な方は、ハロー効果により、チャンスも早めに訪れます。同じ様に行っていては、他の方はなかなかチャンスは訪れません。では、どうしたら良いのかと言えば、細分化する事です。

参考:市場価値を上げて年収を上げる方法はこちら

市場価値ピラミッドの細分化

市場価値ピラミッドと言うのは、上に行けば行く程、市場価値は高まります。では、この市場価値ピラミッドでライバルが優秀な人材が集まっている業界では、同じ様なチャンスを与えられるにも時間が掛かってしまいます。では、キャリアアップの戦略としては、この市場価値を色々な分野で細分化する事ですね。

    

一つの大きな分野に捉われるのでは無く、自分の得意とする分野でも構いません。力を集中させる事で短期的に結果を出し、ハロー効果を上手く活用して実績を残しチャンスを得ると言うのが、最も有効な対抗策になりますよ。

流動的になる事

流動的になる事と言うのは、時代の流れに対応して目指すべきものを変える事です。

例えば、昔は移動手段の一つが自転車だったかもしれません。バイクや原付が重宝された時代もありました。車が普及した事により、誰もが自動車免許も取得したと思います。今現在はどうでしょうか?自動車免許は確かに持っていても損はありませんが、都心ではあまり役に立ちません。今後を考えると、更に活躍の場は低くなってくると思いますね。
業界で言うと、昔は広告は印刷されて配られる広告でした。現在はWEB配信に切り替わっております。どんなに盛り上がっている業界でも、いづれは必ず衰退して行きます。成熟産業へ入ると新規事業を行わない限り逆転はありません。では、初めから現在のトレンドから先取りをして新規事業に目を向ける事が出来れば、自分の市場価値か会社の成長と共に上昇します。高学歴の方や今キャリアとして活躍している方へ対しても対抗する事は可能ですね。これれは、歴史としても、以前は証券会社や銀行に高学歴の方が集まりましたが、今現在IT系のベンチャーで働いていた方の方が、圧倒的にキャリアアップしております。これと同じですね。

目指すべき業種や部署

これから目指すべき業種や、現在会社で働いている方が目指す部署は

  • テクノロジー関連の仕事や部署
  • これまでと別のやり方で問題を解決している会社

ここが大きなポイントです。

テクノロジー関連の会社は、現在世界を動かしているのはテクノリジー関連ですね。今後も、この流れは続いて行きます。また、これまでとは別のやり方で問題を解決すると言うのは、テクノロジーを導入しながら問題を解決、効率化を図っている会社です。この部署に入る事が出来れば、自分自身の可能性も広がって来ます。

まとめ

気を付けるべき点としては、今現在評価されていたり、人が賛同する意見が多い会社や部署は避けた方のが賢明です。間違いなくライバルが多くなってしまいます。競争に打ち勝つには、自分で先駆者となる事が一番です。人がやらない事や、やっていない事で実績を残すとそれだけ独自の価値が高まります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました