WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

転職するなら異業種がお勧めな理由

自己啓発

転職するなら異業種がお勧めな理由

転職する時に、業種はどの様な形で選んでおりますか?
今までの経験を活かして、同業での活躍を夢見る方、思い切って異業種へ飛び込む方と様々だと思いますが、私個人としては、異業種での活躍を求める事をお勧め致します。同業で働く場合は、色んな所で以前と比較してしまうので、注意しましょう。

転職で気を付けるポイントも参考にして下さい。

同業で働く場合の注意点

同業で働く場合は、前職よりも待遇が良い事が絶対条件ですね。悪くなってでも転職する必要はありません。良く、これから伸びる会社だからと転職する方も見えられますが、同業での転職の場合、最初に発生している差はいつまでも縮まる事はまずありません。元の会社で同期が居るのであれば、転職先で会社が成長するのを待つ前に、間違いなく2年後は大きな差が開いております。ヘッドハンティングや引き抜きと言った、今まで以上の待遇で迎え入れられない限り、お勧めは出来ません。これは、転職活動をしていると良く言われる言葉ですが、今までが破格の年収だったので現在の相場では、この位です。と提示されます。結果、仕方なく転職する方も少なくありませんが、これは時間の無駄です。同じ年収を払ってでも来てほしいと懇願する会社でなければ、今の時代は勧めれないですね。また、それだけの熱意がない会社ははっきり言うと成長は難しいです。ここは抑えておいて下さい。

異業種で働く場合の注意点

私自身は、異業種での転職を強く勧めます。特に、起業や独立する気持ちが強いのであれば、猶更です。会社員として働いた場合、異業種からの転職者は煙たがれる場合も、正直に申し上げると可能性としては否定できません。特に年収が高かった人に対しては、異業種へ転職をし、給料も下がり、どこでモチベーションを維持するのかが解らないとまで言って来ます。しかし、異業種で転職する者は、そこを覚悟した上で将来のビジョンを明確に持っている方も多く見えられる為、面接官であれば、それを見抜くのが能力です。転職する側も、この気持ちを強く持って転職を行えば。必ず結果は付いて来ます。私の周りでも、結果的に異業種に転職した者の方が、最初は冷たい目で見られていても最終的には成功を収めております。成功とは、転職した時の年収を抜き、尚且つ、自分で仕事をする。起業へ結び付けている方が殆どですね。

年齢は関係ありません。

良く、自分は若くないのでと言われる方も見えられますが、異業種への転職に、年齢は関係ありません。家族を持たれている方も見えられるかもしれませんが、大切な事は自分の人生を最高のものにしたいと考えた場合、その異業種への転職は苦痛だけで終わりなのかを考えて見て下さい。決して、悪い結果にはならないと思いますよ、悪い結果になるのは、自分の考え方や行動が伴わなかっただけです。決して、家族が悪い訳でもありません。悪いのは自分自身です。自分自身が、年収が下がりプライドが許さないとか、家族に小言を言われるとか、一生懸命仕事をしなかった結果だけです。大切なものを守りたいと思い、時間が無いと思えば、その分何倍も努力をして、会社に勉強させて貰えば、必ず結果は付いて来ます。

◎転職で気を付けるべきポイントはこちら

まとめ

転職もそうですが、社会に出て働くと言う事は、社会で勉強をすると言う事です。会社は勉強をしながら賃金を頂けます。勿論、成功報酬を収める事も必要ですが、その6割以上は勉強の機会です。折角、給料を頂いて勉強させて頂けるのに、同業で勉強する必要はありますか?今まで勉強させて頂いた事を、只教えるだけで働く事に価値がありますか?それで、一気に前職を超える事は難しいのではないでしょうか。当然、前の会社の方が、より成長をして行きますよね。異業種で勉強をさせて貰えるのであれば、これ程良い機会はありません。必死で勉強と仕事を行えば、2年程で今までの年収分は上がるでしょう。また、その2年後は抜いて行くと予想できます。一番は、その場限りで安易な形で同業に転職を行う事だけは辞めましょう。人生で一番勿体ない生き方ですよ。

タイトルとURLをコピーしました