超科学的に転職を行う

人生のチャンスを掴み取ろう!

転職エージェントDODAはこちら▶▶▶

カルダノ(ADA)の未来!今後も技術開発が楽しみです。

仮想通貨

カルダノ(ADA)の未来!今後も技術開発が楽しみです。

カルダノ(ADA)は、イーサリアムの創設にも関わったチャールズ・ホスキンソンが開発に携わりました。

イーサリアムは、分散型金融では既に知名度も高く、DeFiなどで人気も上昇しておりますが、
それでも送金速度の問題点など、多くの問題も抱えております。

カルダノは

  • 独自トークン:ADA(エイダ)
  • 発行枚数上限:450億枚
  • プルーフ・オブ・ステーク(PoS)採用

の第三世代プラットフォームとなります。

世代に関しては、

  • 第一世代:ビットコイン
  • 第二世代:イーサリアム
  • 第三世代:IPFS

の世代ですね。

カルダノは、3つの組織

  • 規制などの整備
  • 技術開発
  • ビジネスの活動や広報

から成り立ち、プロジェクトを進めております。
言語は、正確性と機能性を重視してHaskellを使用していますよ。

カルダノのプロジェクト

カルダノは、大学や企業、エチオピアなどの国家にも貢献をしております。

  • 東京工業大学とは共同技術講座を開設。
  • スマホ会社とも提携。
  • エチオピア政府機関と農業開発技術で提携。

この様な技術提携を得て、プロジェクトを進めております。
更に、デビットカードシステムもリリースしております。

既に、モバイル決済も進んでいるのですよ。
このモバイル決済では、カルダノのADAも使えるんですね。

カルダノの持つ未来

カルダノの目指すものは、財布を持つことが出来ない世界各国の30億人のためにウォレットを作る事です。
国や身分のよって銀行口座を持てないひとに安全に利用できるウォレットを作ることを目的にプロジェクトを進めております。

タイトルとURLをコピーしました