売上を上げる5つの法則

自己啓発

売上を上げる5つの法則

売上を上げる為には、どうしたら良いのでしょうか。良い商品を作る。人気のある商品を販売する。確かに一時的には売上は上がるかもしれませんが、確固たる理念の基に導き出されなければ、一時的には上昇しても直ぐに戻ってしまいます。売上を上げるには

①新規様対策
②常連様対策
③商品数の増加
④利用数の増加
⑤単価の上昇

この5つだけを考えて下さい。すべての業種に当てはまります。
非常に大切な事です。これに該当ない事はやらなくて良い位です。
これから、一つずつ説明して行きます。

売上とは何か

売上とは、「客数(①+②-Z)×客単価(③×④×⑤)」 で表されます。
今回、流出客をZで示しました。これは、流出するには相当の理由がある訳で、例えば「対応が悪い」とか「商品数が少ないので飽きた」とか、単純に「高い」とか様々な要素が含まれます。流出には複数の要因が絡む為「Z」と記しておりますが、流出客は最小限に留めてほしいものです。穴の空いたバケツでは、どんなに水を入れても、こぼれて行ってしまうだけですからね。
本題に戻りますが、お客様の数が増えれば、必然的に売上は上昇します。お客様の数が同じでも1個1,000円の物よりも、1個1,100円の物を同じ個数販売した方のが売上は伸びます。この売上の本質をまず理解して下さい。
では、客数=お客様の数について考えましょう。

客数=新規様(①)+常連様(②)-流出客(Z)

これが客数の定義です。お店でも構いません。1日の営業をイメージして下さい。
どんなお店でも、1日に1名から2名は新規のお客様が見えられるのではないでしょうか?そこから、常日頃からご来店ご利用頂けているお客様、こちらが常連様ですね。こちらをプラスすると総客数と思いがちですが、中には他のお店に流れて行ってしまうお客様、たまたまご来店頂けなかったお客様も見えられますよね。これが流出客です。それを表した式が「客数=新規様+常連様-流出客」となります。では、売上を上げる為には、つまり

「売上=客数(新規様+常連様-流出客)×客単価」

な訳ですから、新規のお客様を増やし、流出客を減らす事が出来れば売上は上昇致します。
では、次に客単価について考えて見ます。

「客単価=利用数(④)×1回辺りの利用金額(③×⑤)」

これが客単価を考える上で重要な事となります。ここで考えてほしいのが、利用回数です。来店頻度が上昇したならば、利用回数は上昇します。皆さんも、ポイントと言う言葉を良く耳にしませんか?火曜日は「ポイント2倍」と聞くと、つい来店してしまうかもしれません。これは利用頻度の上昇に繋がっていますよね。バリューセットと言う言葉も良く耳ししませんか?私も、ポテトとコーラーはセットで付けてしまいます。気分次第で「ナゲット」と、つい言ってしまいます。完全に法則に嵌められてますね(笑)。しかし。これが一番大切な事なのですよ。

まとめ

私は、クライアント様へは、すべて「新規様対策」へ照準を絞り行動を起こしなさい。と告げております。良く業績が著しくなく、不審となってくると常連様に助けを求めたりする姿を見受けられますが、これでは本当の意味での改善や常連様への対策にもなりません。新規のお客様に対しアプローチを行い、且つ常連様へも提供できるものを行えば、流出客も最小限に留まります。常連様なら知っているとか、解ってくれていると言う発想は大きな間違いです。新規様に優しいお店や新人に易しく働き易い企業は、必ず常連様や長く働いている従業員へも良いお店、良い会社です。新鮮な目で新しいお客様に目を向けて見て下さい。あなたの魅力は膨らみますよ

タイトルとURLをコピーしました