WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

IoTの技術は最初に進化!案外この技術もIoTなのかと感心!

自己啓発

IoTの技術は最初に進化!案外この技術もIoTなのかと感心!

IoT(Internet of Things)とは、情報伝達機能をモノに組み込み、インターネットをつなぐことで、モノからデータを取得したりモノ自体を遠隔操作する仕組みのことを総称して呼びます。
現在では、時計や冷蔵庫、電気などで技術が進んでいる様に感じますが、実は既にIoT自体の普及は進んでおります。

IoT普及の背景は、スマートフォンの普及となる2010年位からが最も伸び始めた時期となりますね。技術自体は、1988年には既にアメリカで概念は発表されているそうです、しかし、普及には大きな時間は掛かりました。デバイスの問題は大きかったようですね。

IoTの仕組み

IoTは、さまざまなモノに通信機能を搭載して、インターネットに接続する事で、他のモノと連携させるための技術です。通信機能は、さまざまなモノに搭載する事が可能です。アップル社のApple Watchは、時計に通信機能を持たせる事で様々な機能を搭載する事に成功しておりますね。IoTを説明するときに、モノと表現されるものは、デバイスのことです。PCやスマートフォンはもちろんデバイスと呼ばれるものですが、冷蔵庫・エアコン・洗濯機・時計・ドアなどもデバイスになります。

(少し面白いIoT技術の商品は こちら)

IoTでは、モノをインターネットに接続するために、以下の装置が用いられます。

デバイス

センサーと通信機能が組み込まれ、データを収集する装置です。どのようなデータを収集するかによって、使用する機器も異なります。
<データを収集する機器の例>
センサー:温度、湿度、加速度、照度、振動、磁気などのデータを取得する機器です。
ビーコン:一定間隔で電波を発し、主に位置情報を把握するために使用する機器です。

ゲートウェイ

 デバイスから収集されるデータを束ねて、ネットワークに接続する通信装置です。

アプリケーション

データを見える化するためのソフトウェアです。デバイスからゲートウェイを通して送られてくるデータを分析するなどの処理をして、利用者が使いやすいものにするのがアプリケーションの役目です。

ネットワーク

 通信設備や電波をさします。ソフトバンクなどの通信会社が回線設備を提供しています。ネットワークを経由してインターネットに接続できるようになります。

IoTとAIは共に進化する。

IoTとAIは、これから共に進化して行きますね。
例えば、冷蔵庫内にある食材を判断して「今日の作れる食事メニュー」が表示される日も近いのではないでしょうか。また、車では車両同士が繋がり、安全面でも効果を発揮して来ます。
停車中の車のセンサーが、隠れている子供をキャッチして走行中の車に教えると言う技術も進んで来ておりますね。これも車同士を繋げたIoT技術の一部です。
これからの変化は速いですよ。

タイトルとURLをコピーしました