楽天Payの使い方!登録方法と特徴を解説!

経済圏・情報・節約術
この記事は約5分で読めます。

楽天Payの使い方!登録方法と特徴を解説!

楽天Payは、楽天が運営するスマホ決済ですね。
キャッシュレス決済も進み、現在ではキャリア4社での大型経済圏が競い合っています。

そのキャリア決済では、楽天PayとPayPayが一つ抜きに出ておりますね。

楽天Payは、楽天グループが運営するサービスを利用することで楽天ポイントを貯めて割引も受けられます。

楽天Payのダウンロードはこちらから行えます。

楽天ペイ - 街もネットも簡単お支払い!期間限定ポイント使える!
スマホ決済ならおすすめしたいキャッシュレス決済2年連続No.1の楽天ペイアプリ。楽天ペイはアプリや楽天IDで簡単にお支払いができるサービスです。街でのお買い物はスマホひとつで、ネットショッピングは楽天IDで、簡単にお支払いができます。もちろん楽天ポイントの利用もでき、毎日のお買い物がもっと便利でお得になります。

 

PayPayは、yahooとソフトバンクが統合したことで、yahooのサービスとソフトバンクの両方がサービス対象となります

こうして見ると、PayPayの方がよいと思われがちですが未だ提携先は、楽天の方が多くなっております。

 

PayPayの方が広告に力を入れているため、勢いはありますね。

数にすると、提携先は楽天の方が倍くらい多いそうですよ。

ただ、ソフトバンクが業務提携を行っているため、これからはPayPayの巻き返しに期待です。
どちらが良いのかというと、一概には言えませんね。

使っているキャリアによっても大きくサービスが異なってくるため、
自分に合った方を使うというのが、一番良い方法だと思います。

楽天Payは、各端末のApp StoreやGoogle Storeからダウンロードすることが出来ます。

まだ使ったことが無い方は、是非この機会にダウンロードをして見ましょう。

楽天Payの公式ページはこちら

楽天Payの登録方法

楽天Payの登録方法は、

  1. 楽天Payアプリをダウンロード
  2. アプリから、楽天にログイン
  3. 利用規約への同意
  4. スマホの番号を登録してSMS認証をする。
  5. 支払元を設定する。

このような手順で行うことが出来ます。時間にすると、10分位でしょうか。

あらかじめ用意しておいた方のが良いのは、

  • 楽天会員ID
  • クレジットカード

この2つを用意しましょう。
楽天会員IDは、楽天市場で使用する楽天会員のIDですね。
クレジットカードは、楽天カードを持っていれば、ポイントも貯まりやすくなるため楽天カードで登録しましょう。

手順は、ダウンロード後にアプリをタップすると、楽天会員IDの入力へ進みます。
入力後は、利用規約への同意でSMSに認証が送られて来ます。

認証してアプリが開くと、支払方法の設定になります。
時間はあまり掛かりませんので是非行って見ましょう。

注意点としては、2番目のログイン時に位置情報の許可が選択されます。

楽天Payでは、アプリ使用時に位置情報がONになっていないと使えません。
Appの使用中は許可の項目を選択しましょう。

近所で楽天Payが使える場所も教えてくれますよ。

あとは、支払方法は少し迷うかもしれませんので解説します。

支払方法の設定。

支払い方法は、

  1. 楽天カードなどのクレジット払い
  2. 楽天キャッシュ
  3. クレジットと楽天キャッシュの両方
  4. 楽天銀行口座払い

この方法から選ぶことになります。

と入っても、選択画面がある訳ではありません。

クレジットカードの登録は問題ないと思います。
楽天銀行口座払いも口座を登録するだけですね。

楽天キャッシュのみ、少し知識が必要です。
簡単に説明すると、楽天キャッシュは、チャージ払いです。
楽天銀行や楽天カードから金額を決めてチャージして使うことになります。

何と、楽天ウォレットで仮想通貨からチャージすることも可能なんです。
次世代を取り入れてますね。

楽天Payのメリットは、後払い方式を選択できることです。
その他のスマホ決済は、先にお金をチャージにして使うため、前払いになります。
ここが大きな違いでメリットでもありますね。

ただ、デメリットとしては、コンビニでの楽天キャッシュへのチャージが出来ない点です。

3つの支払い方法でお得なのはチャージ払い

楽天Payでの支払方法は

  1. ポイント払い
  2. クレジット払い
  3. チャージ払い

この3つが支払い方法になりますが、最もお得なのはチャージ払いになります。
ただし、条件がありますよ。

チャージ払いは、楽天キャッシュへ事前にチャージにして楽天Payで支払を行う方法です。
この楽天キャッシュへのチャージを楽天カードで行うと、チャージ時に0.5%のポイントが加算されます。
ポイントを最も効果的に貯めることができる方法ですね。

楽天Payのデメリット

楽天Payにもデメリットはあります。

  • 現金との併用支払ができない。
  • コンビニチャージが出来ない。
  • 利用金額に上限がある。
  • 通信状況に左右される。

このようなデメリットです。

現金との併用は、1,500円の買い物をした時に、1,000円は楽天Payで500円は現金ということは出来ません。
コンビニチャージは、先にも説明しましたね。
利用限度額は、コンビニでは一度にいくらまでと決められております。
決済できなかったという方は、この上限金額が影響しているかもしれませんよ。
通信状況は、楽天Payに限らずスマホ決済を行う以上はどれも同じですね。

レジで通信状況が悪くてイラつく場面もあるかもしれませんが、冷静に対応しましょう。

まとめ

楽天Payは、現在PayPayと並び大きな2大経済圏となっております。

登録と使用方法は簡単で、

登録には楽天会員IDとクレジットカードを用意しておくと10分ほどで完了します。

楽天Payの登録方法は、

  1. 楽天Payアプリをダウンロード
  2. アプリから、楽天にログイン
  3. 利用規約への同意
  4. スマホの番号を登録してSMS認証をする。
  5. 支払元を設定する。

この順序で行うことが出来ます。

支払方法の設定は、楽天カードを登録しておくと、楽天キャッシュでのチャージに楽天カードを使えば、0.5%分のポイントを多く獲得することも出来ますよ。

楽天Payでの支払方法は

  1. ポイント払い
  2. クレジット払い
  3. チャージ払い

この3種類です。
お得にポイントが獲得できるチャージ払いが効果的ですが、楽天経済圏ではクレジット払いも良いと思います。
キャッシュレスが進んでいる現在では、是非入れておきたいアプリの一つですね。

楽天Payを使って、ポイントを有効活用する方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました