新生活応援します!リモートワーク・学習でも参考になります!

新生活は始めが肝心です!
最初に手間を惜しむと結局は居心地が悪くなったり買い替えたりと後悔いも繋がります。
順番通りに行えば、問題はありませんよ
インターネット回線や電力会社のプラン変更もこちらから簡単に行えます!

今ならキャンペーン中!

“テレワーク”という言葉をご存知ですか?

働き方改革!

テレワークと言う言葉をご存知ですか?

テレワークとは、ITツールを活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。
オフィスだけではなく、自宅やカフェ、レンタルオフィスなどでも会社にいるのと同じような環境で働くことを示します。
在宅ワークという言葉の方が一般的ですが、在宅ワークもテレワークに含まれるとお考えください。

テレワークというと、大企業や都会のIT企業が導入をしているイメージがしますが、
「社員数30名」「営業会社」「地方」の中小企業が、テレワークを取り入れることで生産性向上を実現している事例もあります。

中小企業のテレワーク導入による成功事例

テレワークで得たメリット

  1. 急な欠勤がなくなる。
  2. 仕事とプライベートの両立が出来る。質が上がる。
  3. 生産性が上がり、残業が減る。
  4. 採用効果が上がる。

以上の4点が大きなメリットとなります。

1.急な欠勤がなくなる。

特に、子育てを行う女性社員は、子供が体調不良の時は会社を休まざるをえない状況ですよね。子供がインフルエンザにかかれば5日間は出勤できません。

休む側は、「急な欠勤で会社や仲間に迷惑をかけるのが心苦しい」「休んだ分収入が減ってしまう」と感じると思うし、一方、休まれる側は「一人当たりの仕事量や負担が増え、残業が発生する」と感じるものです。お互い口には出しませんが、休む方も・休まれる方も双方に負担がありまます。少ない人数で運営している中小企業では、業務へ与える影響は大きく負担も大きいのが実情です。

この状況のままだと、子育て中の女性社員は退職するしかありません。そこでテレワークを実践した企業様も見えられます。よくテレワークは”持ち帰り仕事”と混同をされますが、持ち帰り仕事はUSBなどにデータを入れて、自宅のパソコンで作業をすることが一般的です。セキュリティーでも不安ですよね。

2.仕事とプライベートの両立が出来る。質が上がる。

テレワークを行うと、仕事とプライベートの両立が出来る様になります。出退勤時間が無くなり、尚且つ仕事の合間の休憩時間に家事を行うことができ、生活にゆとりが生まれます。出退勤の時間は、少ない方でも往復で30分はあるのではないでしょうか。その30分で家事が出来るだけでも大きなメリットですよね。

3.生産性が上がり、残業が減る。

テレワークを実施すると、電話に出たり、来客対応ができないため、集中して仕事に取り組むことができます。また、「在宅でもしっかりと仕事をしていることを同僚に示さなければいけない」という意識も集中力アップにも繋がります。また、外回りをする営業マンへのテレワークの導入は大きく生産性を向上させる要因になります。今までは営業先が自宅の近くであっても、事務処理をするために会社に戻っていましたが、最後に訪問をした営業先が自宅に近ければ、自宅に戻って事務処理をする事で移動時間を大幅に削減したり、燃料費や移動費のコスト削減に繋がったり、残業時間を削減することにも成功しております。

4.テレワークは採用力向上にも効果的

テレワークの効果は生産性向上だけではなく、採用力向上にも効果的です。テレワークを導入したことで、新卒採用の面接実施数は前年と比較して2倍になったり、特に若い層から柔軟な働き方を評価されたことが面接実施数倍増に繋がります。中途採用でも求人票に「在宅勤務可」と一文を加えることで応募者数が増加する傾向が出ております。働きたいけれども一般的な”出社”をする働き方では、育児や介護などの事情で働けないという方からの応募が多く集まります。こういった応募者の中には優秀な人財も多く、優秀な人財の採用・雇用に繋がります。テレワークによって採用できる人財の幅が広がったことがポイントですね。

テレワークで準備するもの

テレワークを行うにあたって下記のような環境を整え、自宅でもオフィスと同じような環境で働ける仕組みを構築する事が必要です。

・Web会議システムを活用して同僚とのコミュニケーションをいつでも取ることができる。
・セキュリティを担保した上で会社のファイルサーバにアクセスできる。
・パソコンに作業ログ管理システムを導入して、作業時間や内容を見える化

特に大切な事は、Web会議システムの導入と管理ログのシステムですね。

この二つはソフトを導入するだけで実現は可能ですよ。テレワークを行わなくても、導入するだけでも効率化には繋がります。ここから初めて見るのも一つの手ですね。
テレワークと持ち帰り仕事の違いは、会社にいるのと同じように同僚とコミュニケーションを取ることができる点、セキュリティや労務管理の問題をクリアできる点にあります。

まとめ

直ぐに変更する事は難しいかもしれません。しかし、ビジョンを持ってシステムを導入して行けば、必ず前進して行きます。中小企業こそテレワークを活用して、生産性向上、採用力アップしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました