WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

行動力が大切と知りながら、それでも行動出来ない人は参考!

働き方改革!

行動力が大切と知りながら、それでも行動出来ない人は参考!

行動することが大切だと言う事は誰でも知っていると思います。
PDCAサイクルから行動力を爆発的に上げる方法など、色々な形で行動出来る様に説明をしているビジネス本も多くあります。

それでも行動出来ない人と言うのは、必ずいるのです。
むしろ、行動した事によって逆に行動出来なくなってしまうと言うパターンもあります。

行動は、自分が考えた計画に沿って行う事は大切です。
基本的な考えはPDCAサイクルですね。
PDCA自体は、繰り返し行う事で仕組み化をされ非常に有効な方法です。

しかし、頭が良い人ほど罠にもハマってしまいます。

その罠とは、精度高く考えすぎるために、結局始めの一歩を踏み出せないと言う事です。これは爆発的に行動力を上げる方法の所でも共通しております。

始めの一歩を踏み出せない理由

始めの一歩を踏み出せない理由と言うのは、一つには考え過ぎてしまう事です。
これは仕事が出来る人に特徴として表れます。
PDCAサイクルのPLANの計画段階で

  • 思考能力が高いため、計画段階で細かく作り過ぎてしまう。
  • トラブル事案も想定し過ぎる。
  • 時間を掛け過ぎる。

この様な事自体は本来悪い事ではないのですが、結局は計画を立てるという行動がで頭を使い過ぎて疲れてしまうと言うのが特徴です。

精度の高い計画というのは絶対に必要ですが、始めから必要なのかと問われれば、
1回で成功するという事はまずありません。
必ず次のC:チェックやA:改善を行う事となります。

Pのプランの前に取り敢えずやって見ると言う動作を追加して見ましょう。
計画通りに行うための行動とは少し違います。

様子見のDOの事です。

野球でも、バッターボックスに立たなければ始まりません。
始めは1球2球と様子を見てから次を予想しますね。
これと同じで、まずはバッターボックスに立つと言う事を始めましょう。

PDCAは大切ですが、その前のDOを付け加えて見ましょう。

PDCAの前にDOを付けるメリット

PDCAの前に、実際に行って見るDOを付けるメリットは、

実際に行う訳ですから、どこをどの様な形でPDCAで仕組みを作ったら良いのかが解りやすいと言う事です。

実際にPDCAでとして継続した改善を行う訳ですから、始めはこんなもんかと気軽に構える事も大切です。そして、仕組みとして力を入れる所をしっかりと精度を高めれば、クオリティーも上昇して行きます。
初めからクオリティーを高めようとしても、作った仕組みで全く使わない所を拘ったり、時間のロスに繋がる原因にも成りかねないので注意しましょう。

 

まとめ

行動について大切な事は、最初の一歩を確実に踏み出す事です。

気持ちを楽にして、まずは一歩進んだ後に次の方法を考えるようにしただけでも気持ちを楽になりますし、短い時間でクオリティーを追求するためにも有効です。

PDCAの前段階でDOを入れて見ましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました