ハラスメントとは

働き方改革!

ハランスメントとは

最近良く耳にしますよね。パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、モラハラとか、アルハラとかもありますね。訴えられたら終わりと思いながらも、正しい知識を身に付けて、自分自身も含め守っていけれる様になりましょう。

ハラスメントにならない指導とは、

結論から言うと、

合理的に考え言動と行動を起こす事。
指示命令は具体的に行う事。

この2点です。

合理的に考え言動と行動を起こす事

何度も叱られたり、報告書を出させたりする事で苦痛と感じる方も多く見えられるかもしれません。気を付けて頂きたいのは、言い方であったり、そこに「合理性」があるかどうかです。例えば、「最近の若い者は・・・」と言う言動は、ハラスメントです。ここの合理性があると感じますか?「レベルの問題だね」とか「レベルが低い」と言う表現もハラスメントにかなり近いですね。合理性とは、失敗したのであれば、失敗する事で起こりうる損害であったり危険度をしっかりと説明し、相手の方が納得するまで話をする事です。レベルが低いのであれば、その理由を確実に伝える事が大切ですね。

指示命令は具体的に行う事。

合理性を得る為には、この指示系統の「なぜ行うのか」また、「その質問は、なぜ必要なのか:を説明する事です。良く経営者であったり、管理者の方は、自分は良いんだと思っている方が見えられるかもしれませんが、これが大きな間違いです。上席の者ほど気を付けなければ、必ず部下は真似をします。部下の不出来は、上司の鏡ですよ。まずは自分から襟を正して下さい。

まとめ

ハラスメントの被害は、年々増加しております。また、被害金額も増えてきております。それだけ、社会においての重要度も大きくなっております。誰もが加害者となる場合もあれば、被害者となる場合もあります。正しい知識を身に付け、自身が加害者とならない様にするだけで、必ず減少して行きます。お酒の責任でもありません、すべては自己責任ですよ

 

タイトルとURLをコピーしました