WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

こんな会社は注意!

働き方改革!

こんな会社は注意!

働き方改革は進んでいる印象を受けますが、中にはまだ昔ながらの流れを根強く持った会社は存在します。入社した後で気付いたり、我慢した結果、成長出来る時に成長出来なくなってしまうと自分の人生で大きなハンデとなってしまう事も多々見え受けられますね。こんな会社は特に注意して下さい。

・福利厚生を大きく唄う会社
・女性が少ない会社
・職位が少ない会社

この3つの内、一つでも該当したら、入社は考えた方のが良いです。

福利厚生を唄う会社

福利厚生を全面に出す会社は、制度として近々に整備されたのでしょう。と言う事はつまり、中で働いている方々は、新しく出来た制度である為に自信やプライドを持っているかもしれません。しかし、現在の世の中では珍しい事でない事ばかりです。福利厚生の内容で、それって他の会社もやってるし当たり前ではないのかな?と思ったら、気をつけて下さいね。ポイントとしては他の会社もやっているかどうかと言う事です。他がやっている事をメリットの様な形で言われても困りますよね。ここが大きな判断基準です。

女性が少ない会社

女性が少ない会社は、成長産業とは遠い状態にあります。女性は力も強い訳ではありませんし、環境的に厳しい状況の場合、すぐに辞めてしまうと言う事は多々あります。物流の業務で考えると、昔は物流と聞くと力仕事のイメージがあるかもしれませんが、現在はネット販売も活性化され、小物の配達が多く取り扱われております。その分、ドライバー含め人員はかなり不足しております。この様に、物流の世界では女性の活躍する場も多々あり、成長産業に入っている印象ですね。実際に伸びている分野でもあります。女性が少ない会社は、昔ながらの男性社会を継承している可能性は否定できない為、パワハラまがいの事が横行しておりますね。

職位が少ない

職位と言うのが、課長、部長などの職位ですね。この職位が少ない会社で働くと、なかなか承認されない為、意識としてモチベーションが維持されにくい傾向があります。昇進・昇給は誰にでも分かりやすい認められた証ですね。この職位が少ない会社は、その他大勢の扱いが多い訳ですから、やりがいとしても少ないものです。結果的には離職も多いと思いますよ

まとめ

今回は、こんな会社は注意しましょう。と言う事でテーマを設けましたが、働き方改革が進む上で多種多様な働き方、一番最初は男女雇用均等から始まり進んで来ましたが、この結果に今だに付いて来る事が出来て居ない会社は本当に注意して下さい。間違いなく、経営陣の考えも古いです。この様な会社で働き出したら、必ず不幸になります。これから就活を始めようと思われている方もポイントは抑えて下さい。

タイトルとURLをコピーしました