人材戦略が大切な理由

働き方改革!

人材戦略が大切な理由

ひと昔前は、事業意欲が高い企業と経営者の方々は、「出店」こそが業績アップの命題であると考えておりましたが、最近では少し変化しています。
具体的には、人材難から拡張路線を進んでも、人材が集まらない為、出店や新規産業加入が出来ないと言う事です。昔は出店さえすれば人材は集まりましたが、今は出店しても人が集まりません。近隣に会社が出来る、ショッピングモールが出来ると聞けば、いつから人員募集が始まるのだろうかと応募媒体をチェックされる方も見えられましたが、現在は採用してから出店しないと採算が合わない計画になってしまうというケースが少なくありません。この状況を把握しているのは、成長意欲の高い経営者ほど敏感で、「出店・業績アップ」には「人材採用・定着・教育」が欠かせない問題となっております。つまり、人口減少時代を前提にした業績アップ手法においては、「マーケティング戦略」「ビジネスモデル発想」以上に「人材戦略」こそが重要視される時代になっております。

業績アップと人材開発の相関関係

労働集約型のビジネスにおいては、「営業マンの数」と業績は比例関係にあることが多いです。
 ※労働集約型とは、サービス業や漁業・農業に代表される様に、直接「人」が行う事です。

現在、業種は多種多様化しており、ステージごとにさまざまな課題を抱えております。

企業経営の最初のステージにおいては、それほど多くの人員がいるわけではないため、見込み客を集めるという「集客」が課題となります。少ない人数でも、集客に特化して集める事ですね。ここでは、流れに乗せる事が大切です。徐々に、企業の人員が増加するにつれ、能力開発といった面で「営業力向上」や「仕組み化」が必要になってきます。ここで、会社や店舗単体での生産性が求められますね。更に、拠点あたりのビジネスモデルが完成を迎えると、出店数や増床などの店舗の課題へとシフトしていきます。こうなると、既存スタッフの質が大きく影響して来ます。

大量採用・大量離職

今までは、乱暴な言い方をすれば「出店数・集客数」さえ担保しておけば、人は集まるし、業績アップは比較的簡単でした。ただ、成長意欲の高い会社ほど「大量採用・大量離職」を厭わない会社も多く、業績アップ率が鈍化しています。

「人は辞めても採ればいい」という時代は完全に終わりました。

採用コストもどんどん高騰している時代です。「見込み客が集まる」よりも「社員が集まる会社」という観点でビジネスモデル作りをするほうが、持続的成長は実現しやすい時代になっています。年間目標数値の中で、「社員の定着率」「期初と期末の人員数」をしっかり把握する。また月単位で分析する事が、今最も重要な事です。

まとめ

人材難は、これからも間違いなく加速して行きます。「人材採用・定着・教育」にフォーカスした戦略を組み立てていただきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました