WEBの仕組みを知る!副業の基本はここです

現在、ブログなどで活躍していた人がYou Tube動画に大きく流れておりますね。これは、言い換えればブログでチャンスが訪れると言う事です。今までの競合が流れればその分チャンスが訪れます。
まずは、オンラインでのWEBを知り、正しい知識を身に付けよう!
子供でも解る位に簡単です!

副業を始めるのも今がチャンスです!

新しいスキンケア!海外で人気です。トレチノインとハイドロキノン

スキンケア・健康

新しいスキンケア!海外で人気です。トレチノインとハイドロキノン

海外で人気のスキンケアはハイドロキノンとトレチノインですね。

ハイドロキノンはお肌の漂白剤です。
トレチノインは、ビタミンA誘導体と呼ばれ全く違う美容成分となります。

トレチノイン自体は、少し刺激がありますが、その刺激がターンオーバーの促進を行うというのが特徴です。

肌全体のケアーに期待があるのと、ニキビ痕や黒ずみも効果が高いと言われております。海外でも人気の美容成分ですが、日本ではまだあまり人気が出ておりません。

海外では5年使ったら10歳若返ったとの声も良く出ておりますよ。

刺激も強くて大丈夫なの?と言う声も良く聞きます。

この記事を読むと、

  • シミで悩んでいる人
  • トレチノインについて知りたい人
  •  レチノールについて知りたい人

は知識を深める事が出来ます。海外では人気のスキンケアとなるため効果には大きな期待が持てますが、使用方法には十分注意しましょう!

自己責任にはなりますが、正しく効果を得られればシミやニキビ痕が薄くなったと
言う声も良く聞きますので、是非読んで見て下さい。

シミで悩んでいる人

アラサーを過ぎてシミで悩んでいる人は多く見えられます。
ハイドロキノンは、シミの漂白剤となります。患部へ直接塗る事で対処しますが、
詳しくは関連記事を記載して置きますので、そちらを読んで見て下さい。

トレチノインについて

トレチノインは、ビタミンA誘導体です。
トレチノインは、昔から皮膚科ではシワ・シミ・ニキビ・毛穴の治療に用いられております。トレチノイン自体は、通常医薬品となります。処方については医師の相談が必要となりますので、購入自体は可能ですが注意して利用する事をお薦めします。

トレチノインとレチノールの違いは?

トレチノインを調べていると、レチノールという言葉が良く出てきます。

レチノールは何なのでしょうか?

簡単に言うと、
レチノールは、ビタミンAで、トレチノインにレチナールやレチノイドと言った他の物質が混ざったものがレチノールとなります。要するに、トレチノインに他の物質で薄めたものですね。

こちらは、医薬部外品となります。
厚生労働省でも、シワ改善効果があると認められておりますよ。

トレチノインの使用方法

トレチノインの使用方法は、夜だけ使用して下さい。
刺激が強い薬品となりますので、日中に使用すると紫外線に対するバリヤが有効に機能しなくなります。日中に使う事は少し危険ですね。
日焼け止めも同時に使う事もおすすめの使用方法です。

トレチノインには、3段階の成分量があります。
0.025、0.05、0.1の3段階ですね。

敏感肌の場合は、0.025から使ってみるのが良いと思いますよ。
普通の肌の場合は0.05 からで十分ですね。

初心者には、0.05のトレチノインに4%のハイドロキノンと言う組み合わせが一番お薦めと海外では推奨されております。5%のハイドロキノンだと、少し刺激が強いのではないかとの事ですね。

トレチノインで全体のターンオーバーを促進しながら、シミで気になる場所にはハイドロキノンを直接塗りケアすると言うのが一般的な使いからです。
試して良ければ、5%のハイドロキノンに変更するのも良いかもしれません。

若い人は、ニキビ跡などで気になる人以外は、トレチノインを使用する必要はありませんよ。普通に保湿などに力を入れる方が良いですね。

アラサーやアラフォーの人は、使って効果を試して見ると実感すると思います。

トレチノインクリーム(RetacnylTretinoinCream)0.025%

トレチノインクリーム(RetacnylTretinoinCream)0.05%

アラサーからの悩み

アラサーからは、圧倒的に肌の悩みは増えます。
アラフォーになると更に増します。若い時にケアをしておく事は、非常に大切な事です。
更にアラフィフになると白髪の問題や老眼と苦労は耐えません。

若い時に実施しておいた方が良い事は、

  1. ヒゲ脱毛
  2. スキンケア

この2つは実施しておいて損はありません。
男性の方はでヒゲ脱毛は、シェーバーで肌荒れを起こす原因を防ぐ事が出来ます。
年齢を重ねると尚更です。若い時にやっておいて絶対に損はありません。

ヒゲ脱毛であれば、それほど高くないため是非行いたいものです。

ヒゲを剃る場合、衛生面を考えて替刃を半年置きに交換しても

年間 3,000円 ✕ 2= 6,000円
10年で 60,000円
20年で 120,000円

この様に考えても、脱毛した方のが生涯では安価です。

まとめ

現在、トレチノインとハイドロキノンについては人気も急上昇となっておりますので、一度使用して見るのも良いかもしれませんね。

効果を得られれば、かなり有効なスキンケアグッズとなります。

トレチノインは、シミ・シワ・ニキビ痕などターンオーバーを促進する事で肌を活性化させます。
ハイドロキノンはシミの漂白剤ですね。

トレチノインには、3種類あります。
敏感肌の方は、0.025から使用して見ましょう。

タイトルとURLをコピーしました