新生活応援します!リモートワーク・学習でも参考になります!

新生活は始めが肝心です!
最初に手間を惜しむと結局は居心地が悪くなったり買い替えたりと後悔いも繋がります。
順番通りに行えば、問題はありませんよ
インターネット回線や電力会社のプラン変更もこちらから簡単に行えます!

今ならキャンペーン中!

脂肪燃焼には代謝を知る事が必要!意外と知らない代謝の仕組み!

スキンケア・健康

脂肪燃焼には代謝を知る事が必要!意外と知らない代謝の仕組み!

ダイエットで炭水化物を抜いたり、食べる量を減らしたのに、なかなか効果が出ないと感じている人や、結局その後にリバウンドで太ってしまうと言う方も多く見えられます。
最近では、筋力をつけて基礎代謝を上げる方法が有効だと筋トレを行なっている方も見えられますが、筋力を付ける事にも労力と大きな時間がかかります。そもそも代謝とはどう言うものなのでしょうか。
代謝を知る事で、脂肪が燃焼される仕組み知る事が出来ます。この脂肪が燃焼される仕組みを知る事が出来れば、効果的にトレーニングを行う事も可能ですよ。
大切な事は、脂肪燃焼のメカニズム、理由と原因及び過程を知る事です。
脂肪燃焼のメカニズムを知る事で結果も出易くなりますよ。

脂肪燃焼のメカニズム

脂肪燃焼のメカニズムを知るには、体の中の代謝を知る事が必要です。
代謝は、体の中で行われる化学反応に似た働きですね。

代謝は大きく分けて3種類あります。

①体内でしか使えない高いエネルギーの働き。(運動によるエネルギー)
②体そのものを構築する働き。(細胞を作る)
③体内で不必要なものを分解して体外へ放出する働き。(脂肪燃焼)

この3つが代謝として体の中で行われる働きですね。

ダイエットで効果の出ていない方は、
③体内で不必要なものを分解して体外へ放出する働きに問題があるのかもしれません。
この③番が不要なもの、つまり中性脂肪を脂肪燃焼させるメカニズムで大切な事なんです。

中性脂肪は、寝ていても「グリセロール」と「脂肪酸」に分解されます。中性脂肪が分解される条件としては、空腹時など、糖質を摂取していない状態の事です。炭水化物を摂取すると、このエネルギーから先に消費されるため、中性脂肪の分解は行われません。中性脂肪を分解するためには、糖質を制限する事が必要だと言うのは、この理由なのですよ。

では、中性脂肪が分解されたらどうなるのでしょうか。
血液中を周り、体内へ運ばれる事となります。この時に、運動でエネルギーを消費すると、中性脂肪で分解された脂肪酸が燃焼されます。燃焼されないと、そのまま戻って、もう一度中性脂肪として蓄えられる事となります。糖質制限だけでは、なかなか体重が落ちない。脂肪が減らないと言うのは、この様な理由だからですね。このもう一度中性脂肪に戻ってしまうと言う事がない様に、適度な運動や活動、活性化エネルギーが必要と言う事ですね。活性化エネルギーは、何も運動だけではありません。寒さや暑さを凌ぐため細胞が頑張っているのも活性化エネルギーとして消費されます。けれども、そのために凍える生活は送りたくはありませんね。

炭水化物を取らなくても、タンパク質や脂質にもエネルギーは含まれております。取り過ぎは、最終的には中性脂肪として蓄えられてしまうため注意が必要です。

脂肪燃焼のポイントまとめ

脂肪燃焼のメカニズムが分かれば、あとは実践するだけですね。
ポイントは3つです。

①炭水化物(糖質)は控える。
②タンパク質と脂質は適正量に抑える。
③分解された中性脂肪を活性化エネルギーで燃焼させる。

この3つがポイントです。今まで効果が出ないと感じている方は、この3つの内、どれかが行われていなかったり機能していないと言うのが特徴です。

また、代謝を長く続けると言う事も、その分中性脂肪の分解が長く行われるため効果的ですね。

タイトルとURLをコピーしました